NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ホリスティックヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

カテゴリ: Beauty

ziip-nano-current-beauty-device

エイジングが進むにつれて、体の筋肉を運動によって鍛える必要があるように、若々しい肌と表情をキープするには、顔の筋肉も鍛える必要があります。

肌は、体の中、特に腸の状態と直結しているので、食事や生活習慣を改善することが、美肌への一番の近道であることは言うまでもありませんが、それにしても、どれだけ食事に気を使っても、年齢を重ねると気になってくるのが、肌のたるみです。

初のナノカレント美顔器ZIIP BEAUTY

個人的にも、顔全体のたるみやほうれい線が気になってきたので、何か良い方法はないか...と色々とリサーチしてみつけたのが、ZIIP BEAUTY

ZIIP BEAUTYはこれまではサロンでしか受けられなかったナノカレントを使った初の自宅用美顔器です

専用のアプリを使って、ナノカレントに加えてマイクロカレントを使用した、リフトアップ、美肌、シミ、ニキビ、目の周りなど2分から12分間の7つのメニューを使用できます。



これまで、アメリカでリフトアップのための美顔器というと真っ先に名前が上がっていたのがNu Faceで、こちらはマイクロカレントを使用しています。

スクリーンショット 2019-03-14 16.22.17

私も、ZIIPとNu Face、どちらにするか悩んだのですが、Youtubeで両者を比較すると、ZIIPのほうがリフトアップ効果が優れていたのと、ナノカレントとマイクロカレントを両方使用できるのでZIIPにしました。

このZIIPはキム・カーダシアンも愛用していて、自身のSNSで2016年と2018年に二度紹介しています。

スクリーンショット 2019-03-13 12.27.08


アナ・ウィンターが『世界でも最も影響力のあるメイクアップアーティス』と呼ぶパット・マグラスは、ZIIPを『顔のためのピラティスクラス』と評しているほど。

ZIIPのお値段は500ドル(約55,000円)で、使用する際には専用のジェル(アンチエイジング用130ドルと保湿用50ドル)を使う必要があります。

決して安くはないですが、一回1万円から2万円でフェイシャルを受けると思えば、自宅で継続的に使用すれば納得できる値段だと思います。

私は誕生日のプレゼントとして購入しました。

1月の下旬から1ヶ月半ほど、すすめられている使用回数である週に3回使用していますが、特に翌日は肌がふっくら、かつリフトアップします。

ナノカレントとマイクロカレント

ZIIPによると、ナノカレントによるトリートメントは累積できるため、使えば使うほど効果がでるとのこと。このため、週に3回のトリートメントを3〜4週間続けるとリフトアップなどの効果を実感できるこそう。

一方でマイクロカレントの効果はより即効性があり、その効果は48~72時間続きます。


このためZIIPでは、ナノカレントを使用したトリートメントで持続的な効果を積み重ねながら、マイクロカレントを使用して即効性の効果を実感できます。

ある年齢をすぎると、美容に最も大切なのは、日々の積み重ね。

正直、お風呂のあとに週3回のトリートメントをするのは面倒だと思うこともありますが、新しい習慣としてしばらく続けてみます。

これでほうれい線が目立たなくなったらまたご報告しますね。

*******************
★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。ブログの更新もお知らせしていますので、ご登録はこちらのページからお願いします。

NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。


ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

BE WELL NYCではNY発のウェルネスビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。NYでのビジネスアテンドも行っておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。


what-to-eat-to-build-muscle-and-get-the-most-out-of-your-workout

メリハリのある若々しい体のために欠かせないのが筋肉です。

残念ながら筋肉は年齢と共に衰えるので、運動と食事により維持する努力が必要になります。

筋肉を保つには、特にウェイトトレーニングや、ビラティス、バーなどが有効です。

そして、この時最も大切なのが、運動の前後に摂取する栄養素です。

メリハリのある体を作るために必要な栄養素

多くのプロアスリートをクライアントに持つJosh Axe医師によると、特に運動前の食事がカギで、運動する45分くらい前に、果物の単糖と体内で吸収されやすいアミノ酸を摂取することが大切です

炭水化物は体内の細胞の大切なエネルギー減です。ミトコンドリアが筋肉を修復して新たに作るために必要なリソースです。炭水化物と糖をカットして、体がケトモードに入っている場合は、体内の脂肪を分解して使います。

タンパク質は筋肉を作るために欠かせません。卵、肉、魚などに含まれるアミノ酸により筋肉を作っていきます。

さらに、筋肉のついた引き締まった体のためには、運動後30分〜1時間以内にタンパク質を摂取します。

また、30代以降は運動後の回復に時間がかかるようになるため、野菜・果物・ハーブ・スパイス・コラーゲンなど抗酸化作用の高い食事を摂取することも大切です。

個人的は、運動の前と後に、バナナ・甘酒・グリーンが入ったスムージーに、プロテインパウダーやコラーゲンパウダーを入れたものを飲みます。

ボーンブロスも最適です。卵やチキンなど食事からタンパク質が取れる場合はそれがベストです。


実は30代前半の頃は、この理論を知らなかったため、空腹で運動し、運動後もまともに食べていなかったので、どれだけ運動しても全く筋肉がつきませんでした。

年齢を重ねてからこれをすると、筋肉が落ちてやつれてしまうので厳禁です。

過去記事の運動と美肌の驚くべき関係でもご紹介したとおり、激しい運動をしなくても、週に2回、30分の運動をするだけで効果があります。

運動前後の食事に気をつけて、その効果を最大限にうけましょう。

*******************
★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。ブログの更新もお知らせしていますので、ご登録はこちらのページからお願いします。

NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。


ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

BE WELL NYCではNY発のウェルネスビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。NYでのビジネスアテンドも行っておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。


exercise-makes-skin-younge

健康と美容のために最も大切なことの一つ

それは運動です。

そう聞いて驚く人は少ないと思いますが、運動することで、若々しく美しい肌にもつながると聞くと興味がわきませんか?

ロンドンとLAにクリニックをかまえ、べネロペ・クルス、ロージー・ハンティントン・ホワイトリー、ケイト・ボスワースらをクライアントに持つナチュロパスドクターである二グマ・タリブ(Nigma Talib)医師は、運動することによる効果を著書『Younger skin stars in the gut』の中で以下のように説明しています。

<二グマ・タリブ医師の提唱する腸と肌の老化の関係はこちらの過去記事から>

ワインで老ける!?肌と腸の関係
シワ・毛穴・ほうれい線!ワインフェイスとその対策

運動が肌の若返りにもたらす効果

運動は、ストレス発散になり、良質な睡眠をもたらし、hGhと呼ばれる成長ホルモンを放出し、ストレスホルモンであるコルチゾール値を下げます。

また、運動は、体内の炎症を下げ、染色体末端粒子であるテロメアを健康な状態に保ちます。ある研究によると、週に199分運動する人のテロメアはそうでない人に比べて、10歳若い状態でした。

さらに、運動は腸の状態を整え、微生物を増やします。

これに加えて、運動が、直接肌の老化にも影響しているんです。

カナダのMcMaster Universutyの研究によると、定期的に運動する人の肌は、同じ年代の運動しない人に比べて全く異なっていることが分かりました。

運動を習慣にする40代の人の肌は、20代から30代のような状態でした。運動しない人と比べて、細胞の再生が早く、真皮はより厚かったのです。

さらに驚くべきことは、運動していなかったグループが運動を始めると、このグループの人たちの肌も若々しい状態に変わっていったのです


運動で肌が若返る理由

研究者たちは、運動をすることでmyokinesと呼ばれる物質が増え、これが細胞を若返らせていると考えているそう。

加えて、運動により血行がよくなり、肌が若々しく輝きます。また、運動により骨が丈夫になります。骨密度により顔が老ける早さが決まるのです。

とはいえ、一日何時間も運動しなくてはならない訳ではありません。逆に、激しい運動よりも適度な運動のほうがエイジングには効果があります。

ある研究では、ウォーキングやガーデニングなど、ゆるやかな運動をしている人のほうが、ランニングやサイクリングなど激しい運動をしている人に比べて、染色体末端粒子であるテロメアが長かったそう。

上記のMcMaster Universutyの研究では、新たに運動をはじめて肌が若返ったグループは、週に2回30分の運動をしただけ。

これを聞くと、がぜん運動する気になりますよね。

さらに、タリブ医師の言葉で大きく頷いたのが、

肌を若返らせる運動は、あなたが好きで気持ち良いと感じものであるべきです。どんなに効果があると言われる運動でも、いやいやしていたのでは、その効果よりも、より多くのストレスホルモンが作られて逆効果になってしまいます
というもの。


気持ち良いと感じる運動を、無理なく続けることで、ストレス発散になるだけでなく、10歳若々しい肌が手に入るとしたら...

ヨガ、ウォーキング、ハイキング、ガーデニング...なんでも良いので、好きなことをみつけて、楽しみながら続けていきましょう。


*******************
★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。ブログの更新もお知らせしていますので、ご登録はこちらのページからお願いします。

NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。


ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

BE WELL NYCではNY発のウェルネスビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。NYでのビジネスアテンドも行っておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



wine-and-aging-how-to-avoid-it
@ drnigmatalib

腸にダメージを与え肌の老化につながる4つの食材・グルテン・デイリー・ワイン・シュガー。

ワインで老ける!?肌と腸の関係

その中でもショックを受ける女性が多いのが『ワインフェイス』です。

グルテンや砂糖が体に悪いことは知っていても、ワインはポリフェノールらの抗酸化作用があり、体に良いはずでは...!?と思う方も少なくないのでは。

この『ワインフェイス』はアルコール全般を指しますが、二グマ・タリブ(Nigma Talib)医師いわく、彼女の患者でこの症状を持つ人の大多数が飲んでいるのがワインだそう。

ワインフェイスの症状と原因


ワインフェイスの症状

・眉の間のシワや吹き出物

・瞼のたるみ

・目の下のシワと小ジワ

・頬にちりめんジワの入った乾燥した肌

・大きく目立つ毛穴

・赤ら顔

・鼻から口にかけての深いほうれい線

これらの症状が起こる原因

・アルコールは肌の水分を奪い、小ジワやシワを悪化させる

・糖分がコラーゲンを壊し、毛穴の開きやまぶたのたるみの原因となる

・アルコールは糖分が高くたるみの原因となる。特に目の周りの肌が薄くなりたるむ

・腎臓の疲れが目の下のクマとなる

・肝臓を酷使することで目と目の間のシワや吹き出物になる

このワインフェイスを改善するには、当然アルコールを控える必要があるわけですが、永遠に一滴も飲めないわけではありません。

まずは4週間アルコールを完全にカットすることで、腸のバランスを整えます。

その後は以下のような点に気をつけて、80:20のルールで、腸と肌に負担をかけすぎることなく楽しむことが可能です。

パンもデザートも食べる・8:2ルール

ワインを楽しみながら美肌を維持する方法

・休肝日を作る
少なくとも週に4日は休肝日にしましょう。2日続けて飲んではいけません。

・ベターなアルコールを選ぶ
ビールや一部のウィスキーなどグルテンを含むアルコールは避けましょう。ワインはグルテンフリーですが、糖分が高いので糖分が低めのSauvignon Blanc, Pinot Grigio, Merlot, Pinot Noirなどを選びましょう。ベストなのは、ウォッカのソーダ割りです。

・砂糖と混ぜない
ソーダか水割りにして、砂糖の入ったものは避けましょう

・水を飲む

・オーガニックワインを選ぶ

・コラーゲンを摂取する

Yonger Skin Starts in the Gutより

週に4日休肝日と聞くと、えー!?と思うかもしれませんが、逆に週に3回飲めるのですから、慣れてしまえば続けられるはず。

もちろん飲む量も減らす必要がありますが、多少高価でも、例えば、抗酸化作用が多いと言われるイタリアや南フランス産のオーガニックワインを、グラス1杯ゆっくり楽しむ....なんてどうでしょう?

同ドクターいわく、ほうれい線も、アルコールをやめて肌に潤いがもどるとすぐに薄くなるそうです。そう聞くとモチベーションもあがるってものじゃないですか?


*******************

BE WELL NYCではNY発のウェルネスビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。デトックスやクリーンイーティングのサポートもさせて頂きますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。


NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。


ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。




yonger-skin-starts-in-the-guts-four-foods-to-avoid
@ drnigmatalib

腸内環境が体調や肌の調子に加えて心の状態にも影響を与えていることは、近年認識が広まってきましたよね。

便秘や下痢が続くと、肌が荒れたり、イライラしたり...という経験があるかたも多いと思います。

先日Podcastで腸と肌の関係について面白いトピックがありました。

腸にダメージを与え肌の老化につながる4つの食材

ロンドンとLAにクリニックをかまえる二グマ・タリブ(Nigma Talib)医師は、ダイエットやライフスタイルの改善をメインに、サプリメントやコスメでトータルに一人一人のベストな肌の状態を実現するスタイルで、ベネロペ・クルス、ロージー・ハンティントン・ホワイトリー、ケイト・ボスワースらをクライアントに持つナチュロパスドクターです。

彼女の話で特に興味深かったのが、特に腸にダメージを与え、肌と体のエイジングを早める4つの食材があり、それらを食べると肌に出る独特のエイジングの症状があるというもの。

その4つの食材とは

・グルテン
・デイリー(乳製品)
・ワイン
・シュガー(砂糖)

同医師はこの症状をそれぞれ・グルテンフェイス・デイリーフェイス・ワインフェイス・シュガーフェイスと呼んでおり、患者の顔を見ると、何をカットする必要があるか分かるそうです。

各フェイスの典型的な症状は以下の通りです。



グルテンフェイス

・おでこの吹き出物
・頬やあごのむくみ
・頬の赤みや吹き出物
・あごの吹き出物や黒いシミ



デイリーフェイス

・腫れぼったい目
・目の下の膨らみ
・クマ
・顔全体のにきびや吹き出物
・血色の悪い 頬
・顎の吹き出物



ワインフェイス

・眉の間のシワや吹き出物
・たれ瞼
・目の下のシワと小ジワ
・頬にちりめんジワの入った乾燥した肌
・大きく目立つ毛穴
・赤ら顔
・鼻から口にかけての深いシワ



シュガーフェイス

・おでこの上部のシワ
・目の下のたるみ
・顔全体のニキビ
・ハリのなさ
・薄くなった肌
・グレーがかったり白ぽくなった肌のトーン

タリブ医師いわく、これらの食材を4週間カットすることで腸の状態が改善し、肌が目に見えて若々しくなるそう。

その後は80:20のルールを取り入れることで、ストイックになりすぎることなく、ベストな状態を維持していけます。

過去記事: パンもデザートも食べる・8:2ルール

加えて、腸内環境にとって最も大切なのは、菌の多様性です。

過去記事:子供のアトピーと腸内環境

同ドクターの著書『Yonger skin starts in the gut』には、他にも面白いトピックがたくさんあったので、腸の状態を整えて、若々しく美しい肌を実現する秘訣またご紹介しますね。


*******************
★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。ブログの更新もお知らせしていますので、ご登録はこちらのページからお願いします。

NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。

ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

BE WELL NYCではNY発のウェルネスビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。NYでのビジネスアテンドも行っておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。


★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



↑このページのトップヘ