NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ホリスティックヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

カテゴリ: Beauty

secrets-jennifer-aniston-ageless-look
harpersbazaar

先日50歳になったジェニファー・アニストンですが、ハーパスバザーに相変わらずのスタイルで登場していました。

この方は、肌も髪も30代の頃からあまり変わらないですが、体型が若々しいので、全体の雰囲気も若いんですよね。

ジェニファー・アニストンの運動と食事

日曜日以外は毎日運動することで知られるジェニファーですが、ここ1、2年はボクシングにはまっているそうで、週に数回トレーナーとボクシングをしているそうです。

ボクシングといえば、同じく50歳のスーパーモデル、ヘレナ・クリステンセンも10年以上続けていることで知られていますが、全身運動であることに加えて、脳も使うのですごく良いみたいです。

私の友人も最近はまって、週に3回くらい専用のジムに通っていると言っていました。

ジェニファーが食事にも気を使っていることは有名ですが、週に6日は野菜・果物・タンパク質中心のローカーボダイエットで、週に1日は好きなものをなんでも、主にパスタやメキシカンを食べるそう。

彼女の肌が若々しいのは、食事と運動の習慣によるのはもちろんですが、レーザーやマイクロカレントなどの美容トリートメントを愛用していることも広く知られています。

個人的にも、40歳頃までは生活習慣だけでキープできていても、40代も中ば頃から、少しずつ美容技術を取り入れていくことで、変化を緩やかにしていくことも選択肢としてありだと思います。

ジェニファー・アニストンが愛用する美容技術

ジェニファーはアンチボトックス・アンチフィラーとして有名ですが、代わりに愛用しているのが、マイクロカレント、ウルセラ、サマークールといった肌の引き締め効果のあるトリートメント。

このようにレーザーや超音波のトリートメントと理想的な生活習慣を組み合わせるのは、ニューヨークの女性たちの間でも主流になっています。

私の周囲でも、30代後半から40代半ば頃から、ウルセラを始めたという話をチラホラ聞きます。料金は数千ドル(数十万円)で、効果が続くのは半年から1年だそう。

まだ今のこところ、そこまで払ってたるみをなんとかしようとは思っていないのですが、数年後には気持ちが変わっているかもしれません。


*******************

BE WELL NYCではNY発のウェルネスビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。NYでのビジネスアテンドも行っておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。


NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。


ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。

kim-kardashians-2019-met-gala-corset

毎年恒例のメトロポリタン美術館で行われるガーラに出席したセレブリティの中でも、最も話題になったのがキム・カーダシアン。

今年のテーマはキャンプだそうで、キムのドレスは『ウェット&ドリッピング』のイメージだそう。

2019年メットガーラ・キム・カーダシアンのコルセットドレス

ドレスはさておき、話題になったのは彼女のウェスト。

その極端なバランスに『あばら骨を抜いたのでは?』という噂に流れていましたが、特注のコルセットをつけていた様子がVogueのビデオで紹介されていました。



加えて、トレーナーとの早朝のハードなワークアウト、食事制限、ファイシャル数回、日焼けスプレー、韓国製のスクラブ...とありとあらゆる美容手段を駆使して、ガーラにのぞんだそうです。

そして、数ヶ月に渡って準備してきたガーラが終了した翌朝8時半には、好物のドーナッツがデリバリーされたとのこと。

個人的には、女性が自由を得た現代社会で、立っているのもやっと、座って食事もできない....ほどのコルセットに身を包んでまでドレスを着る自由もまたあると思いますが、そこまでするなんてバカバカしい...というのが正直な感想。

とはいえ、感覚もファッションセンスも理解できないキム・カーダシアンですが、彼女のお墨付きがついた商品は試してみたくなる....というのも認めたくはない事実の一つだったりします。

*******************

BE WELL NYCではNY発のウェルネスビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。NYでのビジネスアテンドも行っておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。


NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。


ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。


french-girl-beauty-at-any-age

いくつになっても素肌がキレイな人は、それだけで美しくみえます。

日本人は、欧米人に比べて、元の肌質に加えて、20代の頃から紫外線をカットすることに敏感な人が多いので、歳をとっても肌のダメージが少ない人が多いです。

それでも、年齢よりも肌が老けて見えることがあるのは、ファンデーションやコンシーラーによってシワがより目立つケース。

日本の女性は肌に関して完璧を求めすぎる方が多いのかもしれません。

シミやシワの一つ一つに敏感になって、全てを隠そうとすると厚塗りになってしまいます。

肌が健康で潤った状態であれば、年齢相応のシワがあっても、隠そうとしない方が若々しく見えます。

毎日きちんと肌の汚れを落としつつ油を取り除きすぎず、保湿をしっかりしていれば、自身にとってベストな肌の状態はキープできます。

フランス流エイジレスな肌とは

これが上手なのがフランス人で、母娘3代でフレンチヴォーグのビューティエディターをつとめた『Ageless Beauty the French Way』の著書であるClemence von Muefflingによると、フランス人は『パーフェクトスキン』ではなく、『グレートスキン』を目指すそうです。

彼女によると、アメリカ人は、フランス人よりも『パーフェクト』=『サステナブルでない』肌を目指す傾向があるそうですが、日本人にも同様のアドバイスがしっくりくる気がします。

何よりも大切なのは、普段の食事、運動、睡眠、ストレス管理などの生活習慣です。

健康的な生活を送っていれば、自然に自身にとってベストな肌の状態になります。

あとはファンデーションをべったり塗らなくても、眉、マスカラ、リップのポイントをきちんとすれば、どの年代でも透明感のある美しさになると思います。


*******************
NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。

ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

BE WELL NYCではNY発のウェルネスビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。NYでのビジネスアテンドも行っておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。


at-50-helen-christensen
@helenachristensen

90年代の元祖スーパーモデルの一人であるヘレナ・クリステンセン。

私も当時大好きでした。

先日インスタグラムで水着姿を披露していたのですが、50歳になっても全く変わらない姿にはびっくり。

50歳になっても驚異のスタイル・ヘレナ・クリステンセン

彼女は12年間ボクシングを続けているそうで、加えて、最近始めたのがポールダンスだそうです。

さらに、もう一つの彼女のワークアウトフィロソフィが『走らないでスプリントをする』というもの。

スプリントとは、短距離を全速力で走るもので、過去5年ほどニューヨークでブームになっているHIITはスプリントと休憩を数回行うものです。

過去記事: 1分で痩せる?新ワークアウトトレンド『HIIT』

過去記事: NYで大ブームのHIIT・そのすごい効果


"走らないでスプリントするのよ。スプリントをするとすぐに代謝が高まるし、筋肉グループと爆発的な方法で繋がることで体をびっくりさせるの"
とのこと。

アンチエイジングに有効な運動

スプリントは、脂肪を燃焼させる最も有効な運動の一つで、筋肉を増やしながら、脂肪を燃やすことができます。さらにり、速筋が鍛えられ、心臓の機能も高まります。

私も一時はHIITを定期的にしていたのですが、妊娠・出産を機におやすみしてました。

HIITは20分もすると、心拍数が上がって汗だくになります。

とはいえ、急激に代謝をあげると、そのあと食べたものが脂肪になりやすかったりもするので、これまで全く運動指定買った人が、急に始めるのは注意が必要です。

加えて、長距離のランニングなどの激しい有酸素運動も、特に一定の年れを超えると、筋肉量が減り、活性酸素が増えて体のサビの原因にもなります。


ですので、エイジングをスローにして、綺麗な体を作るためには、まずは、ピラティス、バー、ヨガなどの筋力を上げる運動と、歩いたり泳いだりといった緩やかな有酸素運動を組みわせからはじめて見るのがおすすめです。


*******************
BE WELL NYCではNY発のウェルネスビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。NYでのビジネスアテンドも行っておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。


NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。


ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。


beauty-routines-and-habits-after-age35
@satomishiraishi_nydetox

ある一定の年齢を過ぎると、もともとの顔の作りやスタイルよりも、肌や目や髪の状態、そして姿勢といった、日々の生活態度から現れる姿のほうが大切になります。

さらに言うと、若い頃のように、周囲にチヤホヤされてなんぼ...といった感覚がなくなりますので、外見の造作よりも、安定した精神や魅力的な人柄の方が何倍も価値があります。

歳を重ねてからの方が、生まれ持った外見にとらわれすぎることがなくなりますし、毎日きちんと生活していれば、好ましい外見も中身もついてくるので、女性にとっては生きやすいと思います。

そのために大切なのは、毎日の生活であり習慣です。

どんなに小さなことでも、毎日続けていれば、数年後には大きな差になります。

私が30代から続けている習慣には

・毎日WSJとNYTimesに目を通す
・幅広いジャンルのPodcastを聴く
・幅広いジャンルの本を読んだり、オーディオブックを聴く
・学校のママ・パパ、ジムで会う人、近所の住民、日本から来られる方など幅広い職業の人たちと交流し話を聞く
・好奇心を持ち続ける
・これと決めたことはコツコツと続ける

といったことがあります。

美容や健康に関しては

・毎朝バーやピラティスなど筋力を鍛える運動をする
・ボーンブロスやスムージーからコラーゲンやプロテインを取る
・甘酒やキムチなどの発酵食品からプロバイオティックスを取る
・加工食品を食べない
・夜はできるだけ炭水化物を取らない(週末は食べることもあります)
・エプソンソルト入りのお風呂につかる
・できるだけ歩く
ナノカレントの美顔器ZIIPでのマッサージや、LEDライトの美顔器を定期的に使う

これから習慣にしたいのは、もう何年も言い続けていますが、メディテーションです。

それから、最近書く量が減っているので、ブログや日記など様々な形で毎日書くこと。

一定の年齢になると、自分の外見を周囲と比べたり、周囲から価値を認めらるために頑張るかわりに、自分のベストな状態で気持ちよく毎日を過ごすことが優先になります。

そうなってからは勉強も美容も本当に楽しくなると思います。


*******************
NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。

ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

BE WELL NYCではNY発のウェルネスビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。NYでのビジネスアテンドも行っておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。

↑このページのトップヘ