NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

カテゴリ: Beauty

37
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

ここ5年ほどアメリカのナチュラルコスメの勢いはとどまること知らず。

10年前には、小さなヘルスフードストアの片隅に置かれ、冴えないパッケージで、効果も薄いというイメージでしたが、今や、NYにはいくつものお洒落なナチュラルコスメのセレクトストアがあり、100%ケミカルフリーの商品やオーガニックコスメもメインストリームとなりました。

NYの人気ストアの過去記事はこちらから読めます。

NYのナチュラルビューティオアシス・Naturopathica

NYセレブ御用達のウェルネススポット・CAP BEAUTY

NYナチュラルコスメの新セレクトショップ・Credo

私も、スキンケア・ヘアケア・メイクとほぼ全てナチュラルコスメを使用しています。

NYのナチュラルコスメの定義

ナチュラルコスメと言っても、その定義は様々。原材料の一部のみナチュラル素材で他はケミカルを使用していても”ナチュラル”とうたっている商品も少なくありません。

個人的なナチュラルコスメの定義は、以前ブログでご紹介した『避けるべき有毒化粧品成分』を使用していないもの。

避けるべき有害化粧品成分20種

そのコスメ大丈夫?有害化粧品成分・続き
 
私も大のお気に入りCAP BEAUTYなどは、上記を含む一切のケミカルを使用していない100%ナチュラルな商品のみを取り扱っているので、同店のセレクションはいつも参考にしています。 

NYの人気ナチュラルコスメの日本での使い心地

今回の日本滞在のために普段NYで愛用しているコスメを持参したのですが、滞在一週間で使用感に違いを感じるようになりました。

特に雨の日は、お気入りのオイルが重たく感じます。NYでは二度塗りするほどなのですが、日本ではリッチすぎる感じ。

ヘアケアもNYではいかに乾燥させないかが最優先でしたが、日本では湿気の方が気になり、オイルを使用する気になりません。

当たり前ですが、環境によって使用すべきコスメも変わりますね。NYでは夏でも平気でオイルを使用しているのですが、やはりアメリカと日本の気候の差は大きいです。

日本で使用するものは、同じオイルでもさらっとした軽めのものが良いですね。今後日本の方におすすめする際の良い勉強になりました。

ナチュラルコスメに関する過去記事はこちらから全て読めます☆



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



★NY発の甘酒Ancientics
ニューヨークにお住いの方は出来たてをピックアップして頂くこともできますので、info@ancientics.comまでご連絡ください。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・コンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。

 

04
Instagram/ @kendalljenner

暖かくなるとようやくお洒落をする気も湧いてきますが、そうなると気になるのがボディライン。

私も冬の間に増えた体重を戻すのに必死です(汗) 

先日1年ぶり、毎日泳いでいた時からの付き合いだった友人に会ったのですが、彼女に

「まだ毎日泳いでるの?」

と聞かれたので

「プールに行くのは週末だけで、平日はバーのクラスを取ったり、トレッドミルでHIITしたりしている」

というと

「やっぱり。前より体が引き締まった」

と言われました。

体が重くなったのは否定できない事実なのですが、確かに全体的に筋肉質になったような気は自分でもします。

その友人も、体に厚みが出たように見えたので、聞いてみると

以前は一緒に毎日のように泳いでいた彼女が、今は週に2度パーソナルトレーナーをつけ
 てウェイトトレーニングをして、他の日はSoul Cycleのスピニングとセントラルパークでランニングをしていると言っていました。

20代から30代前半は、なんとなく体を動かしているだけでも良かったのですが、残念ながら30歳も後半になると、有効な運動をしないと綺麗な筋肉がつかず、体の線を整えることができません。

なんとなく走ったり泳いだりしているだけで体型が保てていた若い頃と違って、特定の筋肉を鍛える必要があります。

そこで、有効なのが、以前にもブログで何度かご紹介したプランクです。

ニューヨークで定番のプランク

過去記事はこちら

ニューヨーカーがもう腕立て伏せをしていないワケ

引き締まったウェストの特効薬。ミランダ・カーも習慣にするプランク

このプランク、モデルのケンダル・ジェンナーも習慣にしているそうで、旅行中や外で運動する気に慣れない時は、プランクを11分するのだそうです。


 

このプランク、今やニューヨークでどのワークアウトのクラスをとってもやらされますが、コアだけでなく全身が鍛えられます。

残念ながらアラフォー以降は、どれだけ体重を減らしても筋肉がついていないと、体型を保てません。

ミランダ・カーや ケンダル・ジェンナーも習慣にするプランクで、コアと筋肉を鍛えたいと思います。

 

NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



★NY発の甘酒Ancientics
ニューヨークにお住いの方は出来たてをピックアップして頂くこともできますので、info@ancientics.comまでご連絡ください。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・コンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。
 


00
Instagram/ @ satomishiraishi_nydetox

健康的な美しさと若々しさを保つためには、運動が必要なことは分かっていても、では、どの運動をどれだけすれば良いのか?

筋トレ、有酸素運動、ストレッチなどを組み合わせて、加齢と共に衰える筋肉を維持して、体型を保つのは簡単ではありません。

私も、様々な組み合わせを試していますが、その中でもHIIT(ハイ・インテンシティ・インターバル・トレーニング)の重要さを再認識する研究結果が発表されました。

ニューヨークタイムズによると、以下のような驚くべき結果が明らかになったそうです。

運動別の筋肉細胞内遺伝子の驚くべき変化

この実験は、72人の研究者、うち半分は64歳以上、残り半分は30歳以下の健康な男女を以下のように分けて行われたそうです。

・ウェイトトレーニングを週に数回

・バイクを4分間きついペースで漕ぎ、3分休む。これを計4回繰り返すというインターバルトレーニングを週に3回

・程度なスピードで30分間のバイク漕ぎを週に数回と残りの日は軽いウェイトトレーニング。

・運動しない

この結果、筋肉量と筋力が増えたのは、ウェイトトレーニングのみを週に数回したグループで、持久力が上がったのがインターバルトレーニングをしたグループ。
これは予想の範囲内として、予想を超えた違いが出たのが筋肉細胞内の変化だったんです。

30歳以下で、インターバル・トレーニングを行った対象者は274の遺伝子のアクティビティレベルを高めた一方で、 ウェイト・トレーニングのみを行ったは対象者は170。自転車こぎとウェイト・トレーニングを軽めに行った対象者は74となった。65歳以上の対象者では、インターバル・トレーニングを行った対象者でアクティビティ・レベルが高まった遺伝子の数は400。 ウェイト・トレーニングの対象者は33、自転車こぎとウェイト・トレーニングを軽めに行った対象者は19となった。
特に、65歳以上の方の変化すごいですよね。

この結果により、加齢による筋肉の衰えは、運動、特に激しい運動により”修正”できる、というのが専門家の見方。

もちろん筋肉内の細胞だけでなく、心臓を鍛えるための有酸素運動や、柔軟性を保つヨガなども大切ですが、運動で細胞内の遺伝子を改善できるというのは励みになります。

HIITの効果に関しては、私も以前に何度かお伝えしましたが、この結果をみて、最近サボっていたHIITを復活させようと心に誓いました。

HIITの過去記事はこちらから読めます。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



★NY発の甘酒Ancientics
ニューヨークにお住いの方は出来たてをピックアップして頂くこともできますので、info@ancientics.comまでご連絡ください。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・コンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。

02
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

週末に大きなお鍋でボーンブロスを作りました。

グラスフェッド(牧草飼育)のビーフの骨とオーガニックチキンの骨つきもも肉を、生姜、ネギ、セロリ、玉ねぎ、ローリエと一緒に8時間ほど煮込みました。この時、リンゴ酢を入れると骨からミネラルが引き出されます。

このボーンブロス、動物性の余分な脂肪を摂取することなく、アミノ酸、ミネラル、コラーゲンが摂取できると、ニューヨークで大流行中です。

先日マンハッタンのウェルネスセンターKIMAのイベントで、ブロスの会社を経営する女性Layaと知り合って色々と話していたのですが、彼女の会社の商品は全てお母様が地元ミシガンで作っているそう。

そもそも、お母様が家族のために作っていたブロスで、全く料理をしないLayaのために冷凍にしてNYまで送っていたそうなのですが、それを母娘でビジネスにしたのが2015年。

今や、ミシガンで24時間煮込んで作られたブロスは全米に配送されているそうです。

料理が大好きな彼女のお母様は、60歳を過ぎて、これまでビジネスはもちろん、友人を集めて料理教室を開く以外、お仕事もされたこともなかったそうですが、今や毎週800パック以上のブロスを売るビジネスウーマン。

ブロスでアメリカの不健康な人たちを救うという使命に燃えているそうです。

そんな話にインスパイアされて、早速私も自宅でブロスを作ってみたのですが、原材料にこだわり、グツグツ煮込んだブロスに愛着が湧いて、すっかりブロスファンになってしまいました。

今週は、夜はブロスにしてデトックス週間にしたいと思います☆

ピンクヒマラヤンソルトや、シーソルト、ターメリックなどを入れると味がしまります。

たくさん作って冷凍しておくと、アレンジしてスープ、麺、パスタなんかにも使えて便利です。早速野菜をたっぷり入れてパスタにしてみましたが美味しかったです。

ちなみに、ブロス会社のLayaもInstitute for Integrative Nutrition(IIN)の出身だそうで

「あら、あなたも?私も卒業生よ」

と言うと

「Everybody (みんなよね)」

と言っていました。

それほどニューヨーカーではIINの卒業生が多いです。
(ニューヨークで大人気・ヘルスコーチの資格が取れるIINに関しては、こちらの過去記事をご覧ください。)

そのIINですが、来週から春コースが始まります。今週の金曜日17日までに申し込むと、さらにお得な割り引きがありますので、ご興味のある方はnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせください。



 ★NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



★NY発の甘酒Ancientics
ニューヨークにお住いの方は出来たてをピックアップして頂くこともできますので、info@ancientics.comまでご連絡ください。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・コンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。

41
Boby Brown/ Beauty from the inside out

ボビー・ブラウンと言えば、世界的に有名なメイクアップアーティストであることは言うまでもありませんが、ヘルス&ビューティーなライフスタイルにこだわりがあることでも知られています。

そんなボビー・ブラウンが今年の4月に出版するのが『Beauty From The Inside Out』です。

Well and Goodによるとこの本の中では、メイクのティップに加えて、美容に良い食べ物、禅の教え、自信の付け方などが紹介されているそうです。

ボビー・ブラウン流・美容に効く食べもの

ストローで水を飲む(”こうすることでただ水をすするよりも水分を取り込めます”)、水分を吸収するために水にヒマラヤソルトをひつ摘み入れる、生成された小麦粉を避ける(”クッキーやケーキを食べると体が疲れるんです”)、ジャンクフードを食べたい時には食べる(”マティーニと一緒に食べるフレンチフライが大好きなんです”)

外食した時はメニューを開かずこれをオーダー
”レストランでは、何ものせないグリルした魚にオリーブオイルを添えて、それから蒸した野菜にレモンと塩をお願いします、とお願いするの

甘いものが食べたくなった時はグループフルーツにシナモン
”グレープフルーツとシナモンは甘くはないですが、家に帰った時、グレープフルーツ半分に良質のシナモンをかけるとそれで充分なんです”
Well and Goodより

甘いものが欲しい時のグレープフルーツとシナモンは確かに良いアイデア。が、個人的にはこれではとても満足できそうにありません😱

とは言え、彼女にとって、甘いものよりもたまに楽しむアルコールやフレンチフライがご褒美ということで、100%ストイックなダイエットをしているわけではない、ということなのでしょうね。

自分の体と心が心地よくいられるバランスを見つけて、ボビー・ブラウンのようなマイルールを持つようにすると良いですね。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


★NY発の甘酒Ancientics
ニューヨークにお住いの方は出来たてをピックアップして頂くこともできますので、info@ancientics.comままでご連絡ください。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・コンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。

 

↑このページのトップヘ