NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ホリスティックヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

カテゴリ: Beauty

vitamin-d-for-hair-and-reverse-aging

昨年ご紹介したなかで反響が多かった記事の一つがVitaminDでした。

丈夫な骨や筋肉を作るのに必要だということは広く知られていますが、老化防止、精神面、自己免疫、腸の状態まで体のあらゆる健康に必要だということで、ここ数年アメリカでその重要性が最注目されています。

過去記事: 老化・鬱防止にも・再注目されるビタミンDの重要性

私自身、ここ数ヶ月1日5000IUのビタミンD3を摂取しているのですが、大きな変化があったんです。

ビタミンDで抜け毛が減る!?その効果

明らかな変化としては、抜け毛が減ったこと。髪を洗った時の抜け毛が大幅に減りました。恐らく以前の1/3くらい。洗面所や部屋に落ちている抜け毛も減りました。

しばらくは摂取を続けようと思っていますが、春夏で太陽の陽を浴びるようになったら1000から2000IUにして様子を見ようと思っています。

エイジングをスローダウンさせるだけでなく、リバースすることも可能だというLife Spanの著書であるハーバード大学医学部教授のDavid A. Sinclair氏もビタミンDの重要性を説明しています。


ヨーロッパでサロンを経営されている読者の方はこんなコメントを下さいました。

先日サロンのお客様で(彼女はハイルプラクティカーです)私にビタミンDの重要性をいらっしゃる度訴えていた方がいて終いには先日半強制的にラボに直接血液検査に連れて行かれました😅結果私の体内のビタミンDは極端に低かった様でやはりタブレットの摂取を勧められていたのでとてもタイムリーな記事でした。女性は50も近くなるとホルモン量も下がり同時に骨も脆くなる傾向にありますよね。私も早速彼女に相談してタブレットでD3補給しようと思います
他にも以下のようなメールも頂いています。

先日、アメリカのお友達から、下記のことを聞いて、里美さんの意見も伺いたくメールをしてみました。
お友達からはアメリカではこういうことも発表され、必要ないサプリメントを取っている方が沢山いるとの事........
私としては、マクロビオティックを10数年してきたのもあり、サプリメントは必要な人もいるし、短期で取るにはよいと思っています。
ニューヨークでは実際この記事などみなさんご存知なのか、もしくは日本のように、メディアには余りでない記事なのか分からず、里美さんに連絡を入れてみました!
返信は大丈夫ですので、またブログを楽しみにしています😊
いつも、有益な情報を発信して下さり、とても感謝しています❣️

「栄養補助サプリメントは健康にまったく寄与しない」という衝撃的な医学研究が米国で発表される。それどころか、カルシウムとビタミンDの同時服用は「脳卒中になるリスクを高める」ことが判明
投稿日:2019年7月10日
2019年7月9日の米国の健康メディア「ヘルス.com」の記事より
カルシウムもビタミンDも過剰に摂取すると特に心臓などに害があるか否か?ということは以前から医師の間でも賛否両論あり、どれくらい摂取すべきなのか?ということは最近よく議論にあがっています。

リサーチも誰がどのような目的で行っているのか?どのような視点で、例えば、心臓なのか、ストロークなのか、免疫障害なのか?によって、切り取る部分や解釈が変わってくるので、一つのリサーチだけで良い悪いを決めることができず、消費者も判断が難しいですね。

栄養に関しては食事から摂取するのが一番であり、足りない栄養素をサプリメントで摂取するべきであって、既に足りてるものを摂取しても意味がないのは当然だと思います。

そんな背景もあり以前ブログで紹介したようなカスタマイズのサプリの需要が高まっているのでしょう。

過去記事:カスタマイズサプリ人気が加速する理由

短期間での効果だけでなく、長年摂取した場合の体への影響も考慮する必要があります。

私は良いと聞いたら試さずにはいられないので、今年も最新のリサーチと自らの人体実験と合わせてご紹介したいと思っています。

気になるテーマがあればお気軽にメッセージ下さい。

Instagram@satomishiraishi_nydetox でも簡単なデトックスレシピやデトックス中におすすめのクリーンコスメをご紹介していますのでチェックしてみて下さい。

********************
NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。

ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

BE WELL NYCではNY発の以下のサービスもご提供しておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。

・商品輸入・輸出交渉サポート
化粧品・サプリメント・食品・雑貨などの輸出入に関する取引先の選定から交渉・お手続きまでトータルでサポートいたします。
 
・ビジネス視察・アテンド
ウェルネス・ホリスティックヘルス・フードビジネス・美容・ヘルステック関連まで、クライアント様のニーズに合わせて、視察先をアレンジいたします。

・トレンドリサーチ
ウェルネス・ヘルス・ビューティに関する最新のトレンドと今後の傾向をレポートいたします。

・通訳・翻訳
NYの翻訳事務所で10年間ビジネス契約書・特許書類の翻訳に携わった経験を生かし、商談の通訳や商品に関する翻訳まで広くご提供しております。


★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。

easy-tips-for-effortless-french-girl-hair
女性の印象を大きく左右する髪。

髪に艶とボリュームがあれば、きっちりブローをしなくても美しく見えて、かつ『エフォートレス』頑張りすぎない自然な印象になりますよね。

フランス出身で、多くのスーパーモデルや女優を顧客に持ち、世界的に展開するヘアサロンと商品で、最も有名なヘアスタイリストの一人であるフレデリック・フェッカイ(Frederic Fekkai)が、手軽に取り入れられる美しい髪のためにティップを紹介していました。

フレンチ流エフォートレスな美髪を自宅で実現する方法


1. シャンプーは適量を頭皮にだけ使用する

髪は頭皮から流れるシャンプーをお湯ですすぐだけで汚れが落ちるので、直接髪にシャンプーをつけてゴシゴシ洗わない。

2. リンス・トリートメントは毛先のみ

頭皮から近い髪は自然な油があるのでリンスやトリートメントは不要。毛先5センチくらいにつけるだけで十分。さらにショートヘアの人はリンスなしでもOKだそう。

3. 冷水でキューティクルを閉じる

最後に冷水シャワーを2分間浴びる。これでキューティクルが閉じて艶のある髪になる。

ミランダ・カーも冷水シャワーで美髪をキープしてます。
過去記事:ミランダ・カーの手軽に艶髪になる習慣

4. タオルでこすらない

キューティクルを剥がさないよう、やさしく水気を吸い取る。

5. ドライヤーで根元から乾かす

最初に根元を乾かして立ち上げるのが大切。毛先から乾かしていると根元が潰れてしまいボリュームが出ない。

6. その後上から下へと乾かす

どんな髪質でも乾かす時は必ず上から下。これにより髪がパサつかずにまとまる。

さらにフレデリック・フェッカイは、普段の食生活や睡眠などのライフスタイルが髪質に大きな影響を与えるとも言っていました。

新年のデトックス・エリミネーションダイエットは髪にも効果大ですので、合わせて試してみてくださいね。


********************
髪以上に印象を左右するのが肌。アメリカでも大人気のしわ・しみの改善、コラーゲンの生成を即するLEDマスクがおすすめです。日本からも購入できて1年間の保証付。今なら15%オフで購入できます。
LED美顔器ならAduroLEDマスク


NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。

ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

NY発の以下のサービスもご提供しておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。


・商品輸入・輸出交渉サポート
化粧品・サプリメント・食品・雑貨などの輸出入に関する取引先の選定から交渉・お手続きまでトータルでサポートいたします。
 
・ビジネス視察・アテンド
ウェルネス・ホリスティックヘルス・フードビジネス・美容・ヘルステック関連まで、クライアント様のニーズに合わせて、視察先をアレンジいたします。

・トレンドリサーチ
ウェルネス・ヘルス・ビューティに関する最新のトレンドと今後の傾向をレポートいたします。

・通訳・翻訳
NYの翻訳事務所で10年間ビジネス契約書・特許書類の翻訳に携わった経験を生かし、商談の通訳や商品に関する翻訳まで広くご提供しております。

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。

FullSizeRender
アメリカの人気皮膚科医たちが口を揃えて、『エイジング肌に最も効果があるプロダクト』と評するレチノール(レチノイド)。

NYで注目の植物性レチノール

日本でも特にエイジング向けの商品に広く使用されていますが、レチノイドとはビタミンA誘導体のことで、コレーゲンの生成や細胞のターンオーバーを即し、シワの改善、毛穴の引き締め、シミの改善にも効果があるとされています。

レチノールを使用していると肌がより紫外線に敏感になるため、基本的に夜のみ使用すること。そして日中は必ず日焼け止めを塗ることが大切です。

また、ビタミンCと併用すると肌に刺激を与えることがあるため、同時に使用できません。

加えて、パラベンやジブチルヒドロキシトルエンといった保存料が使用されているレチノイド商品は、肝臓や肺への影響が報告されているため避けた方がよいでしょう(参照文献)。

胎児への影響がある可能性があるため、妊娠中や授乳中は使用できません

市販の商品に使用されているレチノールの多くはラボで合成されたものや、牛、鳥の肝臓、卵、魚など動物から摂取されたものが一般的ですが、最近では、メロン、人参、さつまいもなど果物や野菜、さらにローズヒップなど植物から摂取された植物性のレチノールを使用した商品も次々に登場しています。

ラグジュアリーなクリーンビューティのさきがけであるTata Harperからはローズヒップから抽出されたレチノール配合のフェイスオイルが登場。

新注目成分・バクチオール

オランダビユという植物の種子から抽出された『バクチオール・Bakuchiol』は、レチノールと同様に、細胞のターンオーバーやコラーゲンの生成促進に効果があるとして注目されています。

バクチオールは、レチノールと異なり日中使用することも可能で、刺激も少ないため、敏感肌でも使用することができると言われています。





『クリーンビューティ』ブームで、植物由来のレチノールやバクチオールの需要は高まる一方です。


********************
BE WELL NYCではNY発のビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。以下のサービスもご提供しておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。

・商品輸入・輸出交渉サポート
化粧品・サプリメント・食品・雑貨などの輸出入に関する取引先の選定から交渉・お手続きまでトータルでサポートいたします。
 
・ビジネス視察・アテンド
ウェルネス・ホリスティックヘルス・フードビジネス・美容・ヘルステック関連まで、クライアント様のニーズに合わせて、視察先をアレンジいたします。

・トレンドリサーチ
ウェルネス・ヘルス・ビューティに関する最新のトレンドと今後の傾向をレポートいたします。

・通訳・翻訳
NYの翻訳事務所で10年間ビジネス契約書・特許書類の翻訳に携わった経験を生かし、商談の通訳や商品に関する翻訳まで広くご提供しております。

NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。

ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。


IMG_5930

無数にある『肌に良い』と言われることの中で、最も効果があることを一つ選ぶとしたら何ですか?

という質問に皮膚科医からセレブリティフェイシャリストまで各美容の専門家からの答えが面白かったのでご紹介しますね。

NYとLAの人気ドクターが教える美肌になるための秘訣

今NYやLAでカルト的人気を持つドイツ産の化粧品のファウンダーでもある皮膚科医は『抗炎症』。食事、睡眠、定期的な運動が基本で、スキンケアに関しては、刺激の強い原材料を避け、保湿や肌バリアを強くするケアを心がける。

LAの人気美容外科医は、睡眠、水、日焼け止め、レチノール。その中でも選ぶとしたら、日焼け止めとレチノール。

NYのセレブリティフェイシャリストも日焼け止めとレチノール。

過去記事: NYの皮膚科医が教える・アンチエイジングに最も効果がある成分

ある栄養士は腸の健康。

今や化粧品だけではなく、体の内側からケアをするインサイドアウトを実践する女性も多いですが、どれが最も肌に効いているかはそれぞれ意見が分かれるところでしょう。

私個人的にはやはり食事。

それも何を食べるかよりも、まず肝心なのが何を口にしないかです。


お菓子から出来合いの惣菜を含む加工品、精製された砂糖、過度のアルコールやカフェイン、酸化した油...これらを口にしないだけで肌の調子はまるっきり変わるはず。

それに加えるとしたら、定期的な運動です。

過去記事: 運動と美肌の驚くべき関係

過去記事: 肌が10歳若くなって痴呆ない習慣

これらの体の土台を作った上で、刺激の強いものを避け、年齢や症状に応じた高品質の(必ずしも高いものとは限らない)化粧品を使用することが理想的です。


********************
BE WELL NYCではNY発のビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。以下のサービスもご提供しておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。

・商品輸入・輸出交渉サポート
化粧品・サプリメント・食品・雑貨などの輸出入に関する取引先の選定から交渉・お手続きまでトータルでサポートいたします。
 
・ビジネス視察・アテンド
ウェルネス・ホリスティックヘルス・フードビジネス・美容・ヘルステック関連まで、クライアント様のニーズに合わせて、視察先をアレンジいたします。

・トレンドリサーチ
ウェルネス・ヘルス・ビューティに関する最新のトレンドと今後の傾向をレポートいたします。

・通訳・翻訳
NYの翻訳事務所で10年間ビジネス契約書・特許書類の翻訳に携わった経験を生かし、商談の通訳や商品に関する翻訳まで広くご提供しております。

NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。

ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。


スクリーンショット 2019-10-08 11.47.49

アボカドが体に良いことは知られていますが、ヴィクトリア・ベッカムは、肌のためにアボカドを1日4つ食べているそう。

ヴィクトリア・ベッカムの新ダイエット

これまでも、サーモンだけを食べるダイエットや、朝一番でリンゴ酢を飲んだり、お酒の代わりにコーヒー豆をかんだり...と色々と試してきた彼女ですが、『美肌のために十分な脂肪を摂取する』ということで、今は毎日3つから4つのアボカドを食べているとのこと。

飽和脂肪酸に加えて、ビタミンCやEが豊富なアボカドは、美容食として好む女性も多いですよね。

私も毎日1つ、多いときは2つ食べることもありますが、栄養素が高いだけでなく、食べやすいんですよね。

半分に割って塩をふるだけで美味しく食べられるので、時間がないときに小腹を満たすのに便利。家の在庫が少なくなってくると不安になります。

また、飛行機に乗るときも丸ごと持っていって機内食の代わりに食べることも。

とはいえ、2つ以上食べることはないので、4つ食べているとはさすが...とへんに関心していまいました。

とはいえ、どれだけ体に良いとはいえ、同じものを大量に食べ続けるのはベストではありません。アボカドをそれだけ食べていれば、他に足りない食材や栄養素がでてくるでしょうし、どれほど良質な脂肪も多ければ多くとれば良いということはなく、様々な栄養素をバランス良く摂取することが大切なのは、今更言う必要もないですよね。

そんなヴィクトリアですが、先日彼女のYoutubeチャンネルがキャンセルされることが伝えられました。

10万9千人のサブスクライバーがいた彼女のチャンネルですが、収入は1日わずか25ポンド(約3200円)ほどだったとのこと

そんなことあるのかとびっくりしてしまいますが、彼女のファッションブランドも大赤字で、2017年に14億円の赤字を計上して以来、年々その額は大きくなっているようです。

最近化粧品もローンチしましたが、約3割の人員を削減し、今後黒字に転換する意向とのこと。派手にやっていても、利益が出ているとは限らないんですよね。

とはいえ、色々と試して、その大部分が失敗でも、何か一つか二つでも大当たりするものを探す必要があるわけで、今後彼女がどのように展開していくのか興味深いです。

********************
BE WELL NYCではNY発のビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。以下のサービスもご提供しておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。

・商品輸入・輸出交渉サポート
化粧品・サプリメント・食品・雑貨などの輸出入に関する取引先の選定から交渉・お手続きまでトータルでサポートいたします。
 
・ビジネス視察・アテンド
ウェルネス・ホリスティックヘルス・フードビジネス・美容・ヘルステック関連まで、クライアント様のニーズに合わせて、視察先をアレンジいたします。

・トレンドリサーチ
ウェルネス・ヘルス・ビューティに関する最新のトレンドと今後の傾向をレポートいたします。

・通訳・翻訳
NYの翻訳事務所で10年間ビジネス契約書・特許書類の翻訳に携わった経験を生かし、商談の通訳や商品に関する翻訳まで広くご提供しております。

NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。

ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。

↑このページのトップヘ