28
@blakelively

現在第二子妊娠中の女優ブレイク・ライブリー。

妊娠中も体重を増やしすぎることなく、その妊婦ファッションにも注目が集まっているブレイクですが、第一子出産後は、約2ヶ月で体型を戻して映画の撮影に臨んだことでも注目を集めました

もともと細いながらも、筋肉がつきにくい体質と言われていますが、過去にPeople紙の『Sexiest man alive』に輝いたこともある肉体の持ち主である夫ライアン・レイノルズのトレーナーであったハリウッドのカリスマトレーナーをつけて、撮影に間に合わせたそう。

そのトレーナー、ドン・サラディーノ(Don Saladino)氏がブレイクのトレーニングルーティンをシェアしていました。



それによると、ブレイクは週に5〜6日のトレーニングをこなしていたそうで、メニューはざっとこんな感じ。

1日目:ワームアップ、ジャンプ+ウェイト、上半身のトレーニング、有酸素運動20~30分

2日目:ワームアップ、ジャンプ+ウェイト、下半身のトレーニング、有酸素運動30~30分

3日目:プールデイ・水の中でのトレーニング、30分の水泳

4日目:外での運動・ワームアップ、腕立て伏せ、プランク、有酸素運動+スプリント
(ニューヨーカーがみなやっているプランクとは?こちらから

5日目:アクティブリカバリーデー・ウォーキング、ハイキング、ジョギングなど楽しめる形で30~40分
Well and Goodより

 サダディーノ氏曰く、最も重要な鍵は

The intensity・強度

以前ご紹介したワークアウトのトレンド『HIIT』でもわかるように、最近は、ニューヨークでもハイインパクトでメリハリをつけたトレーニングが主流です。

私自身長年運動を続けてきて実感しているのが、本気で体を変えたいと思ったら、なんとなくの有酸素運動やヨガでは足りないということ。

体の状態に合わせて、適度な負荷がかかるメニューを組むことは、特に産後や、加齢で代謝が落ちた体には必要不可欠だと感じています。

また、『HIIT』のブームに合わせて、最近耳にする機会が増えたのが『アクティブリカバリー』というワード。

毎日運動する人も少なくないニューヨークですが、体を回復させるために休養日を設けることは必要不可欠です。そんな時でも全く何もしないのではなく、負担がかからない程度に軽く体を動かすのがこの『アクティブリカバリー』です

40分のジョギングでリカバリー?.... と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、強度の高いトレーニングに比べると、何も考えずに無理のない快適なペースでできる有酸素運動は、体にも心にも良い気分転換になります

ハリウッドセレブのように毎日トレーナーをつけて運動することはできなくても、自分でメニューを工夫することはできます。

私自身、30代前半までは水泳とヨガ一辺倒でしたが、最近は、過去記事の『女性のための有酸素運動と筋トレのバランス』や『セルライトに効く唯一の方法』などでご紹介したように、色々と試行錯誤中です。

キツめのトレーニングをこなして、少しでも体が変わっていくのを実感すると、精神的な自信にも繋がりますしね。

またなにか良いトレーニング方法があったらご紹介しますね。



頑張って運動した後はご褒美も必要☆ Instagram毎日更新しています。良かったらフォローお願いします。



noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・トレンドリサーチやコンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。