02
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

週末に大きなお鍋でボーンブロスを作りました。

グラスフェッド(牧草飼育)のビーフの骨とオーガニックチキンの骨つきもも肉を、生姜、ネギ、セロリ、玉ねぎ、ローリエと一緒に8時間ほど煮込みました。この時、リンゴ酢を入れると骨からミネラルが引き出されます。

このボーンブロス、動物性の余分な脂肪を摂取することなく、アミノ酸、ミネラル、コラーゲンが摂取できると、ニューヨークで大流行中です。

先日マンハッタンのウェルネスセンターKIMAのイベントで、ブロスの会社を経営する女性Layaと知り合って色々と話していたのですが、彼女の会社の商品は全てお母様が地元ミシガンで作っているそう。

そもそも、お母様が家族のために作っていたブロスで、全く料理をしないLayaのために冷凍にしてNYまで送っていたそうなのですが、それを母娘でビジネスにしたのが2015年。

今や、ミシガンで24時間煮込んで作られたブロスは全米に配送されているそうです。

料理が大好きな彼女のお母様は、60歳を過ぎて、これまでビジネスはもちろん、友人を集めて料理教室を開く以外、お仕事もされたこともなかったそうですが、今や毎週800パック以上のブロスを売るビジネスウーマン。

ブロスでアメリカの不健康な人たちを救うという使命に燃えているそうです。

そんな話にインスパイアされて、早速私も自宅でブロスを作ってみたのですが、原材料にこだわり、グツグツ煮込んだブロスに愛着が湧いて、すっかりブロスファンになってしまいました。

今週は、夜はブロスにしてデトックス週間にしたいと思います☆

ピンクヒマラヤンソルトや、シーソルト、ターメリックなどを入れると味がしまります。

たくさん作って冷凍しておくと、アレンジしてスープ、麺、パスタなんかにも使えて便利です。早速野菜をたっぷり入れてパスタにしてみましたが美味しかったです。

ちなみに、ブロス会社のLayaもInstitute for Integrative Nutrition(IIN)の出身だそうで

「あら、あなたも?私も卒業生よ」

と言うと

「Everybody (みんなよね)」

と言っていました。

それほどニューヨーカーではIINの卒業生が多いです。
(ニューヨークで大人気・ヘルスコーチの資格が取れるIINに関しては、こちらの過去記事をご覧ください。)

そのIINですが、来週から春コースが始まります。今週の金曜日17日までに申し込むと、さらにお得な割り引きがありますので、ご興味のある方はnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせください。



 ★NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



★NY発の甘酒Ancientics
ニューヨークにお住いの方は出来たてをピックアップして頂くこともできますので、info@ancientics.comまでご連絡ください。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・コンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。