NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ホリスティックヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

カテゴリ: Career

coronavirus-women-leaders-and-strength-in-women

女性に対して『男らしい』『男前』って言うことありますよね。

さばさばしている・決断力がある...といった褒め言葉で使われるのだと思いますが、ずっと違和感があったんです。

確かに、周囲をみると、男性的な部分と女性本来の特性をうまく合わせて仕事をしている人も多いし、それが自分らしいと感じる女性もたくさんいる。

でも逆に、必要以上に男性性を出すことを求められて苦しかった女性も(そして男性も)多かったんじゃないかなって思うんです。

社会的にも、家では女性としても仕事(家事・育児)をこなし、外では男性並みに仕事をしてはじめて一人前みたいな空気ありませんでしたか?

私が勝手に感じていただけかもしれません。

でも今回のコロナのロックダウンでその違和感の正体がはっきりしたんです。

外で男性みたいに働くのは私には合っていないし、私が今仕事に使えるエネルギーと時間は、育児と家のことをしたその残りで、逆ではないということ。

ずっと男性のように働いて、家族みんな養えるように経済的に自立して、家では全部手作りのごはんで、子供の勉強をみて...というスーパーウーマンにならなくちゃいけないって思っていたけど、私にはそれは合ってないし、無理にしようとしても空回りするだけでうまくいかない。

そして、ロックダウン中に私が気がついたこのことは、4年前に私のホロスコープをみたPodcastの第一回目のゲストであるサハラ砂漠の明美さんに言われたことだったんです。

明美さんによるとこれからの時代は女性性も優位になっていくのですって。

女性性とは

母性
助け合い
無条件の愛
柔らかく軽やかに引っ張る力
受け取ること
楽しむこと

この投稿をInstagramで見る

【6月24日 星読み】 月は獅子座 午後2時半ごろ 牡牛座の天王星とコンタクト 突然に何かが始まったり 終わったり/決着がついたり がありそう💃 夏至&日蝕後でもやっと したものは浮かび上がって きてたけど 対処しきれない課題に ここで解決できるかも。 そして明日25日は 金星逆行が終了🤗 天体が向きを変える前後は 一番エネルギーが高まる時 さてパートナーシップや 人間関係、経済的なことで 大いなる見直しは 出来ましたか? 頻繁に逆行しない金星の 今回の見直しは キツイ事もあったでしょう 金星逆行中に浮かび上がって きたモヤモヤも 今日は方向性が見いだせ そうです✨ +++++++++++++++++++ 5月13日に双子座21度から 始まった金星逆行 いよいよ明日で終わりで 私もキツかった😂 特に女性たちはキツかった のでは? この2020年に金星逆行が あるって、やっぱり意味が あると思うの。 これからは女性性の時代へ シフトして行きます 女性性って助けあったり 楽しむこと優先だったり 受け取ることだったり 無条件の愛を出したり 私も今回の金星逆行で たくさんの感情を 手放して 自分を労って、受けとめて をやってみました。 すると優しい気持ちに なっている自分がいるの 優しい気持ちで生活している と、いろいろな事が うまく進んでいくのよね✨ もう縦社会は終焉に近づいていて、これからは 助け合って、思いやっての 橫つながりの社会へ 向かっていきます。 金星ってやっぱり大切だなぁ と、とても感じた今回 金星をテーマにした 記事や話し合える場所を 作りたいという アイデアが出てきました。 また出来上がったら お知らせしますね🥰 #今日の星読み #サハラ砂漠で星読み #占星術 #モロッコ🇲🇦 #ノマド生活 #海外生活 #ベルベル生活 #アフリカ #morocco🇲🇦 #sahara #desert #dune #hasdilabiadlovers #voyage #travel #astrologie

akimi(@petit_socco)がシェアした投稿 -


女性の方が男性より優れているという話ではなく、ポストコロナは、性別に関係なく、自分が持った資質を生かして自分らしくあることが強さにつながっていくと思うんです。

性別に関係なく、もともと備わった資質を生かした方が、自分が楽になるのはもちろん世の中にも還元できるのがこれからの時代。

Podcastではサハラ砂漠から明美さんにポストコロナに女性たちが自分らしく生きるヒントをもらったのでぜひ聴いてみてください。

Apple Podcastはこちらから聴けます。

Spotifyは下で聴けるのでぜひチェックしてみてください。


Podcastアプリをダウンロードしてサブスクライブしていただくと更新がアップされます。

毎週火曜にさまざまなゲストの方との対談をアップする予定なのでフォローしていただけると励みになります。

ここからサインアップしていただくとメールレターでも更新をお知らせできます

how-to-be-more-productive-while-working-from-home.

日本でも自宅勤務の方が増えていますが仕事はかどってますか?

先日も日本の友人たちとZoomしましたが、子供も一日中家にいるため、子供が起きるまえや寝たあとに仕事をしていると言っていました。

疲れはたまるでしょうが、実は朝と夜に大切な仕事をするのは人間のリズムと合っているんです。

先日ニューヨークタイムズベストセラー作家であるダニエル・ピンク(Daniel H. Pink)のPodcastで聴いた話が興味深かったのでご紹介しますね。

時間帯による集中力の差と向いている仕事

ダニエル・ピンクによると、人間の集中力と生産性がもっとも高まるのは朝。この時間は重要な決断をしたり、集中力を要する仕事をするのに適しているとのこと。

そして午後は最も生産性もやる気も落ちる時間。事務的な仕事など簡単な作業をするのが無難。

夜になると創造性が高まります。

これらは良く知られていますし、実体験で感じている方も多いでしょう。

私自身も朝はそこそこ仕事がはかどるものの、午後は集中力にかけるというのは悩みの一つ。

2歳の息子が昼寝する午後の2時間の間に集中して仕事を終わらせたいのに、思うようにはかどらないんです💦

午後の集中力と生産性を高めるナプチーノ

ダニエル・ピンクが1日の能率を高める最大の秘訣と言っていたのが昼食後カフェインを摂取して15〜20分昼寝をする通称ナプチーノ

昼食後の短い昼寝はパワーナップと呼ばれ、脳や体の疲れが取れて集中力やパフォーマンスが高まるということは知られていますよね。

カフェインの作用が出るのに30分ほどかかるので、ちょうど昼寝から目覚めた頃にカフェインとの相乗効果で脳も体も元気になっているそう。

カフェインを摂取したら20分か25分のタイマーをかけると、寝るまでに5分かかったとして15分から20分のパワーナップになります。

ただこれまで昼寝する習慣がなかったので、効率よく寝るのも簡単ではないんですよね。

というわけでナプチーノはまだ活用しきれていませんが、朝は書く話すといったアウトプットの仕事、午後は情報のインプットやコンテンツの編集....といったように時間帯に合わせてやるべきことを決めると、だらだらと仕事をした日と比べて1日の生産性が上がります。

アメリカではロックダウン生活も2ヶ月になり、自粛中に新しいスキルをつけたり、ずっとやりたくてできなかったことに挑戦する人が増えています。

育児や仕事に追われる毎日の中で、1日30分でも自分のための時間を作ると気持ちも充実しますし、達成感が爽快です。これを一ヶ月、三ヶ月... と積み重なると何もしなかった場合と比べて大きな差になります。

キャリアにプラスになることはもちろん、パン作りや手芸の趣味、美容を頑張る...なんでも良いんです。

ちなみに私の自粛中の目標は、ずっとやろうと思っててつかずになっていた動画作成。へたな動画ですがIGTVFBで配信していますので良かったらみてみて下さい。

****************
★美容を強化するのも立派なテーマ。肌の集中ケアにはアメリカで大人気のLED美顔器マスクが一番です。日本から購入できる美顔器の効果とおすすめはこちらから。15%オフキャンペーン中です。

★運動を習慣化したくても実現できない... という方には自宅で豊富なクラスが受講できるオンラインフィットネスがおすすめ。月980円から

自宅で過ごす時間が増える今だからこそ新しいキャリアに備えるチャンスです。日本からも取れるNYで大人気のヘルスコーチの資格紹介による大幅な割引もあります。

ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

ny-restaurants-coronavirus

今週火曜よりNYのレストラン・バー・カフェ全てに対して、持ち帰りとデリバリー以外の営業が禁止されました。

閉店と解雇が加速するNYのビジネス

NYで20店舗を運営するユニオンスクエア・ホスピタリティー・グループは全店舗の一時閉鎖を発表し、従業員の80%に渡る2000人を解雇しました。多くの飲食店がこれに続くことが予想されています。

外食・サービス・観光産業は今回のコロナショックで最も打撃を受ける産業です。

私の周囲でもレストラン・カフェ・サロンなどを経営する人が多いのですが、営業停止の命令が出てから状況が様変わりして、止むを得ず従業員を解雇したり、フルタイムをパートタイムに変更して時間をカットせざるを得ない状況です。

それでも高い家賃は支払わなければならず、この状況が数ヶ月続けばクローズに追い込まれるビジネスは少なくないのは明白です。

NYで店舗を借りる際は、3年から5年の契約で個人でも何らかの保証を求められるのが一般的です。レストランやカフェを閉鎖して家賃が払えなくなれば、自宅や個人財産まで失うオーナーも少なくないでしょう。

ビジネスオーナーらは、なんらかの形での家賃面の援助、今月に納期を迎える税金の期限延長などを求めています。

またレストランのギフトカードなどを購入することで必要な現金が少しでも流れるようにサポートを呼びかけています。

コロナショックの前のアメリカ経済がピークの時でさえ、家賃の高騰でスモールビジネスがどんどんクローズして、マンハッタンやブルックリンの一頭地でさえ空き店舗が目立っていましたが、今後それが加速するのは間違いありません。

実は私も昨年貸店舗を探したのですが、 マンハッタンはもとよりブルックリンのあまりの賃料の高さにとても採算が合わないと計画を変更した経緯がありました。

もしもあの時不安に目をつぶって契約していたら今頃どうなっていたか... と考えると恐ろしいですが、その後計画を変更して今年4月から別の形で新しいビジネスを始める予定でしたが、2月初旬から手続きが滞っていて、それが幸いして最小限のダメージですみました。

数週間前までは史上最低の失業率が続いていたアメリカですが、状況が一気に変わりました。

大手の航空会社らだけでなく、個人経営の店舗やスモールビジネス、そして失業した人やパートタイムで収入が大幅に減った人たちへの政府からの補助が十分与えられることがなによりも大切です。

その後は、ファイナンシャルクライシスの後がそうであったように、痛みと経験から新しいビジネスや価値観が生まれていくはずです。

私も今回のことから、自分の優先順位を再確認しました。

コロナ前に計画していたビジネスは一度白紙に戻して、新しい時代に必要とされるサービスや価値を生み出し提供する時期だと感じています。

ニューヨーカーはタフで立ち直りが早いので、新しい流れが出てくるのもそう遠くないと思います。

またブログでも経過をご報告しますね。

********************
★日本からも取れるNYで大人気のヘルスコーチの資格も自宅で過ごす時間が増える今だからこそ新しいキャリアに備えるチャンスです。紹介による大幅な割引もあります。

ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★肌のアンチエイジングにはアメリカで大人気のLED美顔器マスク。日本から購入できる美顔器の効果とおすすめはこちらから。

BE WELL NYCではNY発のビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。以下のサービスもご提供しておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。

・商品輸入・輸出交渉サポート
化粧品・サプリメント・食品・雑貨などの輸出入に関する取引先の選定から交渉・お手続きまでトータルでサポートいたします。
 
・ビジネス視察・アテンド
ウェルネス・ホリスティックヘルス・フードビジネス・美容・ヘルステック関連まで、クライアント様のニーズに合わせて、視察先をアレンジいたします。

・トレンドリサーチ
ウェルネス・ヘルス・ビューティに関する最新のトレンドと今後の傾向をレポートいたします。

・通訳・翻訳
NYの翻訳事務所で10年間ビジネス契約書・特許書類の翻訳に携わった経験を生かし、商談の通訳や商品に関する翻訳まで広くご提供しております。



★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



日本も同様だと思いますが、アメリカで生活していると最近ほぼ使用する機会がないのが現金。

スーパーマーケットからコーヒーショップまで2,3ドルでもクレジットカードで支払うのは当然ですが、例えば学校での先生へのプレゼントなどママ同士で必要なお金のやりとりや、レストランなどでの清算もVenmoやPaypalで支払います。

クレジット社会アメリカと進むキャッシュレス

アメリカは日本とは比較にならないほどクレジットカード社会で、未だにクレジットカードのスコアが人生に大きく影響しますので、クレジットカードを定期的に使って毎月きっちり支払うことが、経済的な信用を得るために何よりも大切であることは10代の頃から教え込まれます。

とはいえ、アメリカの全人口の7%の家庭は銀行口座を持っておらず、また、20%は口座は持っているもの銀行口座からのクレジットカードを持たず、代わりに現金やプリペイドカードなどで生活していると言われています

そうなるとクレジットスコアを形成できず、賃貸アパートを探すのにも苦労したり、ローンを組めなかったりと大きな弊害となり、ますます経済格差が広がる原因となります。

Amazonではこの層をターゲットにAmazon cashと呼ばれるクレジットカードを持たずともオンラインで買い物ができるサービスを開始しています。

これは、Amazonから送られてくるバーコードをCVS Pharmacyなどのパートナー店に持っていき現金を渡すとその分のバランスをカードに加えてくれるというものです。これによりクレジットカードを持っていなくても、オンラインで買い物できるようになります。


同時にアメリカで進んでいたのが店舗での『キャッシュレス』の動きです。特にチェーン店のレストランや食料品店で現金での支払いを受付ず、クレジットカードや電子マネーのみの支払いに限定する店が増えていました。

店側とすれば、現金を扱わないことで毎日手作業で集計する手間が省けますし、店に現金を置かないことで、強盗や従業員による盗みなどのリスクを回避できるという利点があります。

ところが、これに歯止めをかけたのが各州の議会です。

この『キャッシュレス』がクレジットカードを持てない人たちへの差別になるとして、現金を受け入れることを法律付ける州がでてきたんです。

ニューヨークもその一つで、フィラデルフィア、ニュージャージー、サンフランシスコについで4州目です。

レストランでは代わりに現金で店専用のカードを購入できる機械を置くことができるようになりますが、このカードに使用期限や手数料を定めることは禁じられます。

個人的には店側がキャッシュレスにしたがる事情は理解できますが、議会の言い分もわかります。

私もチップ以外ではほぼ現金を使わない生活ですが、先日何かの機会に50ドルほどの現金が手元にきたので、取っておくよりも使っておこうと思い、日用品を購入する際に現金を出したんです。

すると店からキャッシュレスだと言われ、複雑な気持ちになりました。

現金が手元にあるのに欲しいものが購入できない。ましてやクレジットカードを作ることができない人にとってそれがどれほど不便で差別的なものであるかは想像に難しくありません。

今後キャッシュレスの動きはますます進んでいくのは間違いありませんが、経済の大きな不均衡が解決されないうちは、全ての層に配慮して妥協案を取っていく必要があるのは言うまでもないでしょう。


********************
BE WELL NYCではNY発のビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。以下のサービスもご提供しておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。

・商品輸入・輸出交渉サポート
化粧品・サプリメント・食品・雑貨などの輸出入に関する取引先の選定から交渉・お手続きまでトータルでサポートいたします。
 
・ビジネス視察・アテンド
ウェルネス・ホリスティックヘルス・フードビジネス・美容・ヘルステック関連まで、クライアント様のニーズに合わせて、視察先をアレンジいたします。

・トレンドリサーチ
ウェルネス・ヘルス・ビューティに関する最新のトレンドと今後の傾向をレポートいたします。

・通訳・翻訳
NYの翻訳事務所で10年間ビジネス契約書・特許書類の翻訳に携わった経験を生かし、商談の通訳や商品に関する翻訳まで広くご提供しております。

NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。

ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★肌のアンチエイジングにはアメリカで大人気のLED美顔器マスク。日本から購入できる美顔器の効果とおすすめはこちらから。

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。

Institute-for-Integrative-Nutrition-health-coach-Career-Change

日本でも副業を認める会社が増えていると聞きますが、年齢に関わらず、キャリアチェンジだけでなく、いくつかの肩書きを持ちパラレルキャリアで活躍する方が増えてますよね。

この傾向は私たち一般人だけでなく、ハリウッドのセレブリティも同様です。

Institute for Integrative Nutritionで学んでキャリアチェンジしたハリウッドセレブ

先日Forbs誌に、私の母校でもあるInstitute for Integrative Nutritionのヘルスコーチのコースで学び新しいビジネスを起こして成功したハリウッドセレブたちが紹介されていました。

Here’s The Major Celebrity Career Change You Can Do Too

スーパーモデルからオーガニックコスメ会社を創設したミランダ・カー。

ハリウッド女優からサプリメント会社を創設したアリシア・シリバーストーン。

世界的なメイクアップアーティストとして自身のブランドを売却したあと、ウェルネスビジネスを立ち上げたボビー・ブラウン。
ボビー・ブラウンも取得中・ホリスティックヘルスコーチの資格

スーパーモデルやハリウッド女優たちが愛用するフードデリバリー会社Sakaraの創設者ダニエル・デュボイス。




昨年2019年9月に行われたリサーチでもヘルスコーチを受けることにより健康に関する人生の質が向上するという結果が明らかになり、今年1月にもNYTimesでも医師からみたヘルスコーチングによる患者のメリットが紹介されるなど2020年はヘルスコーチの需要がますます高まることが予想されています。

私も先月ヘルスコーチとして最新のアンチエイジング方法をテレビで紹介させて頂きました。

動画はこちらからご覧頂けます。


日本でも活躍するヘルスコーチ

日本でもヘルスコーチの認知度が高まってきており、IINの卒業生の方も様々な分野で活躍していますのでご紹介します。

★大手製薬会社に20年以上勤められたあと、IINで学ばれヘルスコーチとして独立された岩谷弘美さん。

中学生の頃からアトピー肌に悩まされ、製薬会社に勤められている間も肌荒れがコンプレックスだったそうですが、化学物質を含む化粧品や日用品の使用をやめるノンケミカルケアと食生活を見直すことによって子供の頃のような肌を取り戻したことがきっかけで、ホリスティックヘルスに興味を持たれたそう。

6ヶ月のホリスティックコーチングやファスティングプログラムを提供されています。体験セッションもあるので興味のある方は連絡されてみてください。

岩谷弘美さんのサイト・Holistic Rebalance


★ご自身の経験を活かして妊活に取り組む方や念願の子どもを授かれたのに産後のメンタルや夫婦関係に悩む方向けのコーチングを提供されている毛利和恵さん。

秘書やアシスタント業務をされたのち、マーケティングに興味を持ち、その後アパレルやIT業界でPRアシスタントとして昨年11月まで勤められていましたが、引っ越しと妊娠と同時期にINを卒業しされたのをきっかけに退職され、ヘルスコーチとして活躍されはじめました。

毛利和恵さんのブログインスタグラム


★東京とシンガポールで小学校教員をされた後NY滞在中にIINで学ばれて活躍の場を広げられている山川みやびさん。

こちらからも精力的に活躍されている卒業生たちをご紹介しています。
日本で活躍するIINの卒業生たち


私は2010年に卒業したのですが、Institute for Integrative Nutritionアンドリュー・ワイル医師、マーク・ハイマン医師、ディーパップ・チョプラ医師など世界中の著名なドクターらによる講義で100以上の栄養学が学べることに加えて、コーチングとビジネスも学べるユニークな学校です。

卒業後は、米国代替医療協会認定のヘルスコーチの資格が取得できるのですが、このヘルスコーチはニューヨークやLAでとても人気があります。。

ヨガスタジオの経営者、栄養士、著名なインストラクターなどが集うネットワークイベントなどに行くと、IINの卒業生が沢山いてネットワークも充実しています。

卒業生の中には、ヘルスコーチとしてクライアントを取っている人はもちろん、ヨガのインストラクターと併用して独自のプログラムを提供したり、ヘルスフードビジネスを始めている人も多いです。

そんなIINですが、今年の3月に授業料が上がることになっていますので、興味がある方は2月中に申し込みされてください。特に今でしたら2000ドル割引という値上げ前最後の割引キャンペーン中です。

詳細はメールでお問い合わせください。

カリキュラムはこちら↓からダウンロードできます。

 


*******************
★肌のアンチエイジングにはアメリカで大人気のLED美顔器マスク。日本から購入できる美顔器の効果とおすすめはこちらから。

BE WELL NYCではNY発のビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。以下のサービスもご提供しておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。

・商品輸入・輸出交渉サポート
化粧品・サプリメント・食品・雑貨などの輸出入に関する取引先の選定から交渉・お手続きまでトータルでサポートいたします。
 
・ビジネス視察・アテンド
ウェルネス・ホリスティックヘルス・フードビジネス・美容・ヘルステック関連まで、クライアント様のニーズに合わせて、視察先をアレンジいたします。

・トレンドリサーチ
ウェルネス・ヘルス・ビューティに関する最新のトレンドと今後の傾向をレポートいたします。

・通訳・翻訳
NYの翻訳事務所で10年間ビジネス契約書・特許書類の翻訳に携わった経験を生かし、商談の通訳や商品に関する翻訳まで広くご提供しております。

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



↑このページのトップヘ