NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

カテゴリ: Career

57
Instagram/ @ satomishiraishi_nydetox

私のメンターの一人であり、経済的にも精神的にも自立して生きる女性のお手本にしているメアリに、仕事のアドバイスをもらうため、先日お茶をしてきました。

今年の4月に長年役員をしていた化粧品会社を退職した彼女とは、2ヶ月くらい前にも、娘と3人で美術館に行ったのですが、その時から、またさらにリラックスしたとても良い顔になっていました。

メアリのことを書いた過去記事・女性が自由に生きるために欠かせないもの は多くの方に読んで頂きました。

前職よりもさらに大きいポジションでスカウトも来ているそうですが、もう大きな企業では働かない、という意志は固く、今後は恵まれない環境にある女性を助けるというミッションを遂行していくそう。

そんなメアリとの会話に出てきたのが、共通の友人である弁護士のスザンヌ。私より少し年下の彼女は、2年前に念願の出産をし、育児と仕事の両立をさせています。

スザンヌは、企業の国際税を専門にしているのですが、出産前までは、毎日深夜まで仕事をして、朝は6時前にはジムにきて1時間半運動をしてから出社していました。

激務と仕事のプレッシャーで、精神のバランスを崩して半年ほど休業したこともある彼女は、朝顔を合わせるといつも疲れていて、大丈夫?と聞かずにはいられないほど。

出産後は、夜7時頃帰宅して、息子さんを寝かしてから、自宅で深夜まで仕事をしているそう。

また、別の友人ローレンも弁護士なのですが、彼女は結婚を機に仕事をやめて、今は仕事をせずに双子ちゃんの育児をしていて

「また弁護士としてフルタイムで仕事をするくらいなら、窓から飛び降りる」

と言っています。

ひどいストレスとプレッシャーでで、毎日オフィスで泣き、その頃悪化した摂食障害は、今も治っていません。

きっとハッピーな弁護士さんもたくさんいると思うのですが、私の周囲の弁護士はみなそんな感じなんです。。

先日のニューヨークタイムズでは、激務やプレッシャーから、弁護士の間でアルコールの依存、さらには、ドラッグ中毒になる人も多いのは、一般に知られざるタブーであると紹介されていました。



スザンヌは、お父様もお兄様もご主人も弁護士で、それ以外の仕事をするなんて考えられない....という環境で育ったようで、それならせめて、もう少しゆとりのある仕事に変えられないの?

と聞くと

「宝くじが当たったらね」

と冗談を言います。

二人でバリバリと仕事をして、きっと銀行にはどんどんお金が溜まっていくのでしょうが、精神のバランスを崩したり、アルコールやドラッグに頼らざる得なくなったり(スザンヌはそんなことはありませんが)、窓から飛び降りたくなるような毎日を過ごして、たくさんお金をもらうことが幸せだとは、私には思えません。

明日の生活も困るほどでは、安心して暮らすことはできませんが、朝が来る度に憂鬱な思いをしたり、一緒にいたい人との時間を削るよりも、自分がやりたいことで誰かに喜んでもらえる仕事をして、大好きな人との時間を大切にして、朝が来て今日もありがたいなあ、と思える暮らしの方がどれほど良いか。


今の仕事をすぐに辞めるのは難しいです。

けれど、自分にとって何が一番大切なのか?という優先順位をはっきりさせて、そのために、今できることをしながら、少しずつ方向転換していくことはできるはず。

心から幸せだと思える暮らしは、自分が思っているよりも、お金をかけずにできるような気が最近はしています。

メアリのように、お金の不安を解消しながらも、お金に囚われすぎない人生を送る、というのは、女性の人生において、とても大切なこと。

そのためにはまず、自分がどのように生きたいかを決めること。そして、少しずつでも行動していけば、数年後には、大きな変化が起こせるはずです。



キャリアチェンジのために、興味のあることを勉強して、資格を取るというも、有効なステップの一つです。

NYで大人気のヘルスコーチの資格日本からも取れます。

私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュースも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。





10
Photo/ blueapron.com

アメリカでここ4.5年加熱しているのが、ミールキットデリバリービジネス。

写真付きのオシャレなレシピとともに、必要な材料が全て計量されてデリバリーされるサービスです。

このブームの先駆けであるニューヨーク発のBlue Apron(ブルーエプロン)が、先日IPOをして話題になりました。

ニューヨーク発のミールキットデリバリーカンパニーBlue Apron

ニューヨークでBlue Apronの名前を頻繁に耳にするようになったのが2013年頃。私が最初に同サービスを利用したのもこの年です。

きっかけは、出産後、遊びに来てくれた友人が、その数ヶ月前からBlue Apronを利用し始めて気に入っていると教えてくれて、無料で一週間試すクーポンをくれたこと。

週のメニューが予めオンラインで公開されるので、それを見て、数種類の選択肢の中から選べる仕組みになっており、2人前〜からオーダーできます。

2人前を週に3食分頼んで、約60ドル弱。つまり1人前1食10ドル(約1100円)ほどです。

個人的にこの値段は割高だと感じたのですが、紹介してくれた友人いわく

シタレラ(NYの高級スーパーマーケット)で魚を2人前買うだけでも20ドル以上するんだから、買い物に行かずに済んでその値段は安い

そうで、その時一緒にいた別の友人も

「タイのテイクアウトでもそれくらいするのだから、よりヘルシーなメニューでその値段は妥当だ」

とのこと。

ちまみに、紹介してくれた友人は、ご主人共に弁護士で、早く仕事が終わることの多いご主人が、ワインを飲みながらゆっくり料理をしていてくれる、と当時嬉しそうに言っていました。

日本で、自宅で料理をする際の一食の予算で一人1000円というのはかなり割高ですよね。感覚的に、NYの食費は日本の倍はすると思います。



2013年には新鮮に感じたBlue Apronのサービスですが、その後、似たようなサービスがいくつも登場し、ディスカウント合戦や様々なマーケティングで顧客の奪い合いとなり、廃業に追い込まれる会社も出てきました。

そして迎えたBlue ApronのIPOですが、投資家が同サービスが抱える問題を懸念し、当初、Blue Apronが予想したよりも30%低い値がつく結果となりました。

ミールキットデリバリーサービスが抱える問題


1. 顧客のローヤルティが低い

Blue Apronの開示によると、90パーセントの顧客がサービスを開始後1年以内に解約している

2. 利益率が低い

研究開発費等の費用を差し引く前の対顧客の利益率はわずか5%である

3. マーケティングコストが高い

顧客一人を獲得するのに約175ドルを費やしている。これに対して、顧客一人に対する収益は600ドルで、そのうちの総利益はわずか190ドルである


実際、私もBlue Apronを使ったのは2,3ヶ月のみで、すぐに解約してしまいました。

その理由としては、自宅のすぐ近くにヘルスフードストアのWhole Foodsがオープンしたことや、個人的に食料品の買い出しや献立を考えるのが苦にならないこと、平日の夜にレシピを見ながらじっくり料理する余裕がないこと....などなど。

逆に言うと、継続する理由がなかったという感じです。

それから、材料が全て個別にパッケージされていて過剰包装なのも気になりました。

紹介してくれた友人も1年経たないうちにサービスを解約したそうで、その後、別のサービスをいくつか試した後、息子さんが生まれたため、今ではナニーさんが食料品の買い出しから料理まで担当しているため、必要なくなったそう。

私の周囲を見ても、同じサービスをずっと使い続けている人はいません。一人、比較的長くBlue Apronを使っている人は、NY郊外に住んでいて、周囲に良いスーパーマーケットがないため、ご主人と息子さんのために色々とメニューを考えることなくバラエティのある夕食が用意できるのが気に入っていると言っていました。

しかし、選択肢の多いマンハッタンやブルックリンで、移り気な顧客をコミットさせ続けるのは至難の技です。

加えて、大手食品メーカーやスーパーマーケットも、同ビジネスに乗り出しており、さらに、先日発表された、AmazonのWhole Foods買収もあり、フードデリバリーサービスの競争が激戦化することは避けられません


Blue Apronは、上場した初のミールキットデリバリーカンパニーとなりますが、今後どのように推移していくのか。個人的には、売り上げは伸び悩み、1,2年後にWall-Mart(ウォールマート)あたりに買収されそうな気がします。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュースも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。


02

早いものでニューヨーク生活も丸11年になりました。

その間に、目標にしたいメンター的な女性達との出会いに恵まれたのは、私のニューヨーク生活の何よりの財産です。

そのうちの一人が、某化粧品会社の役員をするメアリー。

彼女が先日会社を退職してのんびりしているというので、先日ランチをしました。


60歳を過ぎたメアリーは、かつてバーニーズのビューティ部門の責任者も勤めたことがある美容のエキスパート。その後転職して10年以上勤めた化粧品会社を退職後、1年間休みを取って、お母様との時間や、自分のための時間を優先させた後、これまで、自分が恵まれた環境であったことに感謝し、その恩返しとして、厳しい環境にある若い女性達の自立をサポートするNPOを手伝いをするそうです。

彼女は全く日本語が話せませんが、お母様は日本人。イタリア系アメリカ人のお父様が米軍として日本に滞在中に二人は出会い、お母様は英語もほとんど話せない状態でアメリカに移住したそうです。

その後二人はメアリーを筆頭に三人の子供に恵まれますが、メアリーが8歳の時にお父様が事故でなくなり、その後、彼女は二人の弟の母親代わりもしながら、お母様をサポートしてきました。

そんな大変な子供時代を過ごした彼女ですが、美容の世界でキャリアを築いて、マンハッタンにアパートを所有し、良い友人達に囲まれて、後輩たちに慕われながら、シングルライフを満喫しています。

彼女は、なんといっても会話の達人。

セールスを経て、人材育成などもやってきた経験もあると思いますが、人の気分をよくして、モチベーションを上げる絶妙な会話術で、彼女と話すと皆元気になります。

さらに、経済的に恵まれたバックグラウンドではなかったにも関わらず、自立し、快適な生活と老後のための、若い頃からしっかり資産形成してきました。

30歳の時に、会計士さんに

「物置でもなんでも良いからとにかくアパートを買うように」

とアドバイスされ、30歳前半で小さなワンルームを購入し、その後二度買い換えて、今はアッパーウェウストの瀟洒なアパートに暮らしています。

日本とアメリカでは事情は違いますが、アメリカでは、ローンの支払いで節税ができるのと、基本的にインフで物価が上がっていくこと、特にニューヨークは世界中から人が集まる世界的都市であり常に高い需要があるので、不動産の価格は時間と共に上がっていくため、不動産の購入は資産形成の大事な一歩です。

さらに、メアリーは20代の頃から、毎月投資信託と個人年金の401Kに積み立てをし、着実に運用してきたそうです。

お恥ずかしいことに、私は30代の半ばまで、無計画で、漠然とした不安を抱えていたのですが、メアリーのような自立した人生を目標に、手数料の安いインデックスファンドと個人年金に毎月自動積み立てするようになりました。

それまで、投資は分からない・怖い、という不安もあったのですが、個別の銘柄を選んだり、高い手数料を払ってアクティブファンドを使用する代わりに、手数料の安いインデックスファンドを毎月購入することで、リスクも分散でき、余計な不安や心配もなく運用できます。

メアリーを見ていると、経済的に自立し、蓄えを持つことは、人生の選択の幅を広げ、望む人生を歩むために大切なものだとつくづく思います。

手数料の安いインデックスファンドと個人年金への積み立ては、日本の若い女性達にもぜひ取り入れてもらいたい資産運用です。私ももっと早くはじめておけば良かった....と常々思うので、20代や30代前半の若い方にこそオススメしたいです。

もちろん、年代に関わらず、始めるのに遅すぎることはない、ということは言うまでもありません。




NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュースも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。



27
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

今日はちょっと辛口記事です。

仕事でもプライベートでも、自分の思うように物事を進めたいと思うのが人の常ですが、どんな場面でも、相手の側に立って物事を考えることは、スムーズに交渉を進めるためには欠かせません。

相手の側に立つ、とは、相手がどんなことを望み、利益と考えているのか。自分が何を提供すれば、相手のニーズが満たせるのかということです。

それを無視して、自分側の『これが欲しい』『こう進めたい』』『こうして欲しい』という要望ばかり伝えても、相手からは『どうしてあなたにそんなことをしなくちゃならいの?』と思われてしまいます。

周囲を見ていても、ビジネスで成功している人は、交渉がとても上手く、結局はお互いに同じくらいの利益があるWinWinの関係でなければ、何事も長続きしないことをよく理解しています。

例えば、ブログなどをしていますと、コンタクトを頂くことも多いのですが、その中でも、話を聞きたい、情報交換したい、といった内容でご連絡を頂くことも少なくありません。

先日も、一度もお目にかかったことがなく、SNSでも交流のない女性の方から、「今度NYに行くのでウェルネス関係の話を直接聞きたい」というご連絡を頂きましたので、コンサルティング/情報提供にかかるフィーをお伝えしたところ

お金を払う余裕はないけれど、私に興味があるので30分でも良いので話せないか

というお返事を頂きました。


ここで、とても不思議に思うのが、このご提案は私にとっていったいどんなメリットがあるのだろう?ということです。

もちろん友人や、信頼できる方から紹介頂いた方であれば、損得なしに楽しい時間を過ごさせて頂きますが、全く面識がない相手対し、「(相手が仕事として生計を立てていることに)興味があるので、自分は何も提供しないけれど、時間を割いて教えて欲しい」といった言い方をしても、躊躇されるケースがほとんどではないでしょうか。

つい先日も、 NYでイメージコンサルタントとして活躍している友人が、同業者の方から「ちょっと教えて欲しいんですけど....」と言って、彼女が何年もかけて積み上げたメソッドの情報を欲しいと言われることが少なくないと嘆いていました。

逆に、最初からこちらの立場を尊重してコンタクトを下さる方は、その後も信頼関係が出来て、良い関係を築かせて頂くことがほとんどです。このため、こちらとしても、損得よりも、役に立てることに喜びを感じられるようになります。

ですので、損を取って得を取るではないですが、まず相手のことを考えるのは、とても有利な交渉術だと思います。




また、時折、採用のお問い合わせを頂くこともあります。

その時に多いのが、「以前から美容・健康に関心があり、また海外に住むきっかけが欲しいので、採用の余地があるのならば検討して欲しい」といったお問い合わせなのですが、その方の関心を満たしたり、きっかけを作るために採用する会社はほとんどないと思います。

一方的な希望を伝えるよりも、自分には何ができて、どう会社のメリットになるのか、ということをアピールされた方が、可能性ははるかにアップするはず。このようにコンタクトをされていてはとても損です。

仕事でもプライベートでも、常に相手の利益も考える、お互いにとってWin Winな落とし所で自分の要望を叶えるというのは、とても大事なことだと思います。

そんなことを言っている私自身がまだまだ未熟者ですが、周囲の素晴らしい先輩方から学んで精進していきたいです。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。

5月29日までメモリアルデーの特別割引中です。一年を通しても最大の割引キャンペーンですので、ご興味がある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュースも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。



IMG_6969

先日、IIN(Institute for Integrative Nutrition)を卒業して日本で活躍されている方々とお会いしてきました。

世界最大の栄養学校IIN(Institute for Integrative Nutrition)とは

IINは今や世界最大規模になったオンラインベースの栄養学校です。(日本からも取れる・NYで人気IINのヘルスコーチ資格の過去記事はこちらから読めます

卒業すると米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格を取得できます。

ニューヨークでは、ヘルスやウェルネス関係に従事する人は、みなと言って良いほど持っている人気の資格です。

IINに関して、ブログを通じて頂くご質問で多いのが、必要な英語力に関するご質問。

英語力に関しては、数年前から全ての講義に英語のキャプションがつくようになったので、聞き取りにそれほど自信がなくても、キャプションを訳すガッツがあればクリアできると思います。

今回お会いした卒業生の方々は、みな海外に数年間お住まいだったそうですが、これまで申し込みされた方の中には、英語力にそれほど自信がなくても、アメリカの栄養学を学びたいと受講されている方もいらっしゃいます。

ヘルスコーチとしてのキャリア

卒業後の日本でのキャリアもよく頂くご質問の一つ。

ヘルスコーチの資格は、取得すれば自動的に仕事に結びつくわけではなく、自分で仕事を作っていく必要があります。

今回お会いした皆さまも、それぞれの個性を生かしてご活躍されています。

☆二宮香里(写真左奥)さんは、ホリスティックヘルスだけでなく、コーチング、育児、禅、心理学に精通されていて、都内でワークショップやイベントを開催されています。

香里さんのブログ 『ナチュラルシフト

 
☆太田さわかさん(写真右手前)は、海外での生活を経て東京に戻られて、都内でヘルスカウンセリングをされています。

さわかさんのブログ 『Life in Balance

 
☆野中あさこさん(写真右奥)は、Asakology Healthy Japanese Cooking というお名前で、外国人向けのお料理教室や、日本人向けの手打ちそ蕎麦や魚料理の教室など、ユニークなクラスを提供されています。


IINで世界の栄養学のベースを学び、ヘルスコーチの資格を取得し後は、ご自身の好きなことや興味のあることに合わせて、キャリアを作っていけるのが一番の魅力かもしれません。


ご興味のある方はまずこちらをクリックして、スクールの詳細をご覧下さい。



世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebook でも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・コンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

↑このページのトップヘ