NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ホリスティックヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

カテゴリ: Culture

blacklivesmatter-and-japanese-woman-raising-her-son-as-black

海外で暮らしていると国際結婚をして子供を育てている日本人女性と知り合う機会が多いです。

異なった文化や環境で育った相手と夫婦になり子供を産み育てるという大変さは、日本人同士で結婚して渡米した私の想像を絶するものがあるのだと思います。

自分の子供を黒人として育てるということ

その中でも、黒人の男性と結婚して、自分の子供を黒人として育てていく...ということの本当の意味を、Black Lives Matterが起こるまできちんと考えたことがなかったように思います。

娘の学校を通じてこれまでもいろいろなファミリーと付き合ってきて、娘が幼稚園の時の先生は黒人のとっても良い先生でこんな先生に出会えて本当に幸運だと思っていたし、自分が肌の色で差別することはないと思ってました。

私の周囲にも黒人と結婚した日本人女性は何人もいて、ご主人の人柄や仕事や育児への貢献などを知っているので、肌の色に関係なくその人柄をみていると思っていました。

でも、個人的に人種差別をしていないと思っていても、肌の色だけで警察に不当に扱われたり差別の対象となる恐怖について、アメリカという国のシステムが抱えている問題について、歴史について、Black Lives Matter以前にどれほど真剣に考えていただろうと思うんです。

アメリカの根深い人種差別とBlack Lives Matter

今アメリカでは人種差別に関する本がよく売れていますが、それを読んでいる白人たちは子供に『その発言人種差別だよ』と言われて読むことが多いそうです。

差別の問題は、差別されている側から話を聞きその痛みを知ろうとしない限り、外から語るとこはできない。差別の有無は差別されている側からでしか判断できない。

BLMのプロテストが起こる中、いろいろなPodcastを聴き記事を読みました。

中でも心に残ったのが、今回のPodcastのゲストで、NYのハーレムでシングルマザーとして黒人のパパとの間の男の子を育てていらっしゃる中村あきつさんの書かれたものです。

あきつさんは、子供の頃から黒人の文化に興味を持っていたそうで、大学卒業後、黒人音楽のレコード会社でデザインの仕事をするようになり、黒人音楽に魅了されます。

その後キューバとブラジルを旅して黒人コミュニティに心地よさを感じ、ニューヨークへ。

不法滞在でハーレムに住みレストランで働きながら、ハーレム出身の男性と結婚。息子さんを出産されます。

その後シングルマザーとして息子さんを育ててこられた大変さは想像するに難しくありません。

黒人として生きることの不安と日頃感じる恐怖

あきつさんが息子さんを黒人として育てることに感じる不安。黒人の人たちが肌の色だけで疑われ、不当に扱われることに対して日頃感じている恐怖。

彼女の話を聞いていると、小さい頃から黒人文化にひかれ、世界の黒人コミュニティを旅してそこで心地よさを感じ、黒人の文化に対する造詣を深めて、歴史を学ばれ、黒人男性との間に子供を授かり...と縁の深さを感じずにはいられません。

黒人の文化やそのコミュニティについて、そして彼らが感じていることを日本語で語られることはあきつさんが持って生まれた役割の一つのような気さえします。

たくさんの人に彼女の言葉を聞いてもらいたいです。

日本人女性の体験を知ることで差別をより身近なこととして考えられると思います。

Apple Podcastはこちらからサブスクライブしていただくと毎週火曜日に最新エピソードがアップされます。

Spotifyはこちら↓から



あきつさんはnoteでも発信されているのでぜひこちらから読んでみてください。

**************
★Podcastの更新やNY発ウェスネスの最新情報はメールレターでもお届けしています。サインアップはこちらから

★Instagramでもニューヨークの簡単なレシピ・最新美容・ウェルネス情報などを紹介してます。ストーリーでも簡単な夕飯なレシピなどもアップしているのでチェックしてみてください。
Instagram

podcast-be-well-from-ny

世界中の女性たちと、人生のこと・体のこと・仕事・パートナーシップ・エイジング・美容・家族のことまでいろいろなことを語り合うPodcast始めました。

第一回目のゲストはモロッコのサハラ砂漠から星読みをしている福ざき明美(あきみ)さん。

明美さんとの出会いは2016年。

その頃の数年間、私はNYでのビジネスに必死の時で、でも必死になればなるほど空回りして問題がでたり人とぶつかったり... どうしてうまくいかないのだろう...そう悩んでいた時、星読みをしてもらいました。

そこで私が進みたい方向と真逆のアドバイスをされて、正直ふに落ちなかった。

あれから数年。二人目の子を出産し、その間も仕事をしていたけど、どうにも思ったようににいかなくて。

チャイルドケアにたくさんお金を払って仕事をしているのだから、それなりに稼がないといけないというプレッシャーもあったし、お金になりそうな仕事をしてはみても満たされなかったり、人とぶつかったり...

思い悩んでいるうちにNYは3ヶ月間のロックダウンに。

ロックダウン中にあらゆる制限がかかって、自分と向き合わざるを得なかったことで自分の中で大きな変化がありました。

これまで2歳と6歳の育児と家事がしめる割合が大きい生活にあせる気持ちがあったけど、ロックダウンで制限のある日々の中で、家族と毎日一緒に過ごして、ご飯を作って、食べて、寝て、起きて。

私にとっては普段の生活とそれほど変わらないけど、特別なことをしなくては...!というプレッシャーがなくてむしろ楽だった。

楽になったら、いろいろなことが見えてきて。

制限下で家族のことを一番に考えて、残りの時間で自分ができることをするしかないし、それで幸せだなあって思ったんです。

それを受け入れたら吹っ切れて4年前に明美さんに言われた言葉を思いだしました。

明美さんもちょうど同じころ移動人生の過程でサハラ砂漠でロックダウンを迎え、強制的に自分と向き合ったことでようやく自分の人生を受け入れられたと言います。

2020年は数億年に一度の大変容の時。

これからの時代は、本来の自分に戻ること...社会のルールや固定観念にとらわれず生まれもった資質を生かして自分らしく生きることが大切。

人はホロスコープで決めてきたゴールの真逆からスタートして、いろいろな経験をへてそこに戻っていくのですって。

私のこれまでの人生も本当にそうだったな。

明美さんにポストコロナに自分らしく生きるヒントをもらいました。 

Spotifyで聴けるのでぜひチェックしてみてください。



Apple Podcastはこちらから聴けます。

Podcastアプリをダウンロードしてサブスクライブしていただくと更新がアップされます。

毎週火曜にさまざまなゲストの方との対談をアップする予定なのでフォローしていただけると励みになります。

メールレターでも更新をお知らせしますのでここからサインアップしていただけると嬉しいです。

明美さんのインスタググラムではサハラ砂漠の写真とともに心に響く星からのメッセージを毎日更新してくださってます。

Zoomで星読みしてくださるので、興味がある方はインスタからDMを送られてみてくださいね✨

この投稿をInstagramで見る

【6月22日 星読み】 月は蟹座 日蝕の余韻を残しながら 夕方5時過ぎに 逆行水星と合💫 新しい始まりの時って すんなり移行できたら いいけど これまでの中にも ヒントはたくさん あるもの。 それを受け取って 錬金術師のように 全く違うモノへ変化 させることも これからの時代はあり なのでございます✨ 逆行水星から まずは受け取って 翌日の冥王星との コンタクトに備え ましょ😉 この数日間は 蟹座ー山羊座ラインが 強調されてて これまでの時代から 新しい時代への 移行を感じるのに いい数日間かも +++++++++++++++ 今朝(21日)は サハラ砂漠で日蝕を 迎えました。 モロッコでは7:31分 だったのでとても静か 早めに行って日の出を 見てからの日蝕🎇 あー時代は変わっていく のだと感じたのと 同時に、私の星読みの 仕方も変えていかないと そう感じました🧚 うん、そのための コロナという変容 ウイルスが全世界に 蔓延して、その時期に 私はサハラにいて 星読みを楽しみ ながらやる事が 大切だったのだと 府に落ちました。 過去を見るリーディング から、進化のための リーディングをする事 そんなメッセージが 日蝕でやってきたの。 そしてすでに その兆候は昨年末から 始まっていて 唯一モロッコに持って きた本は進化占星術 の本 本来の自分がやりたい ことを読み解いていく リーディング いい気持ちでいると ワンブロック先に住む スペイン人から連絡が きて 「家の電気きてる??」 なんと砂漠村一帯が 大停電中 その後お家に帰り 午後2時過ぎにまで 電気なし生活 大いにリセット気分を さらに味わい😄 新しい始まりを感じた 日蝕でした🎉 #今日の星読み #サハラ砂漠で星読み #占星術 #モロッコ🇲🇦 #ノマド生活 #海外生活 #メルズーガ #日蝕 #夏至 #morocco🇲🇦 #sahara #desert #dune #travel #voyage #hassilabiedlovers #africa #astrologie

akimi(@petit_socco)がシェアした投稿 -




four-tips-for-good-night-sleep
最近目覚ましがなくても5時前に目がさめます。

このブログも早朝に書くことが多いです。

それは良いのですが、ここ1,2週間朝頭が重くて集中力がイマイチなんです。

思い当たるのは、お風呂の中や美顔器を使っているときにドラマを観ていること。

これまではAudibleで小説かPodcastを聴いていたのですが、ついNetflixやShowtimeのドラマに手を出してしまいここ1,2週間連日観ているのが原因かと😱

睡眠の大切さは私が声を大にする必要はないほどよく知られていますが、健康・免疫・脳・メンタル・美容にまで大きな影響があります。

睡眠の質を上げる4つの習慣

1.携帯を寝室に持ち込まない❗️

私はいつもリビングルームに置いていきますが、仕事などでどうしても気になることがあってベットの横に置いておくと必ず夜中に気になって何度か目が覚めます。

これが一番の睡眠妨害で次の日にもあきらかな悪影響がでます。

携帯以外も寝室の電源類を抜いて真っ暗にして寝ます。

2. 寝る3時間前までには食事を終えておく❗️

人間は深い眠りにある状態の時に、脳内の毒素が排出されます。この深い眠りとは、 睡眠の最初のステージで、REM睡眠(夢をみたり、起きている間に学んだことを脳内で整理する眠り)の前の眠りです。

そして、毒素の排出を促すためには、脳への血流が必要になります。

そのためにも寝るまでに食べ物の消化を終えていることがベスト

食べてからすぐに寝ると、消化のために血流が腸へと流れ、脳の毒素排出までエネルギーが回らないためです。

身体や肌を修復する成長ホルモンが分泌されるのもこの時間帯です。

成長ホルモンも空腹時の方がたくさん分泌されます。

寝る3時間前までには食事を終えているのが理想です。それが難しい場合は消化に負担がかからない軽い食事にしましょう。

3. 寝る1時間前にはテクノロジーの使用をやめる❗️

ご存知の通り寝る前にメラトニンというホルモンが分泌されます。これにより副交感神経が優位になり体温が下がって身体が寝る体制になります。

そのため、寝る30分から1時間前には携帯やラップトップの使用をやめて、部屋を少し暗くしてメラトニンの分泌を促進させた方が寝つきが良くなります。

私に必要なのはまさにこれ😱

寝る前にAudibleで本を聴いてリラックスするのと、Netflixでドラマを観ているのでは、睡眠の質と朝の状態に影響が出ることを実感してます。


4.ぬるめのお風呂にはいる❗️

40度を越えないぬるめのお湯に入ることで副交感神経が優位な状態にきりかわります。個人的には熱いお湯に死海の塩を入れて汗をかくのが好きなのですが睡眠のためにはぬるめがベターなんです。

こう考えると熱いお湯につかってドラマを観ていた日には寝つきが悪くなるのは明白...💦

せっかく朝5時に目覚めても、頭が重いと集中力がなく、生産性のない時間になってしまいもったいないんですよね。

とはいえ海外ドラマを観るのはロックダウン中の楽しみの一つなので、オーディブルと組み合わせて週末だけ観るなどうまく調整しなくては...

睡眠の質が人生の質を決める❗️といっても言いすぎでないくらい大切だと個人的には思っています。

日本では緊急事態宣言も解除されて元の生活リズムに戻りつつある頃ですよね。

睡眠のリズムをもう一度整えて朝すっきり目覚めるよう一緒にがんばりましょう💪

**************
時間がないと言いながらも月に2冊は洋書を読んでいる(聴いている)のはオーディブル
のおかげです。テレビと違って目を閉じながらでも楽しめるのでリラックスできます。

子供向けの無料の英語の本も充実しているので日中は子供に聴かせて、夜はお風呂に入りながら自分の本を聴いてます。今なら無料体験できるのでこちらからチェックしてみてください。

オーディブルの良いところは、本が自分にあっていないと感じた場合は、返品・交換もできるところ。英語の勉強もかねて気になっていた洋書を聴いてみるのもおすすめです。

広告

uber-eats-food-delovery-ghost-kitchens-usa
日本でもUber Eatsによるフードデリバリーもすっかり定着しましたよね。

アメリカではここ数年デリバリー激戦状態が続き、Uber Eats以外にもSeamless, Postmate, Grubhub, Doordashといったデリバリーサービスがシノギを削り、各レストランもますますデリバリーに力を入れています。

そうなってくると、各レストランを悩ますのが、店内の顧客の対応に加えて、急増するデリバリーオーダーへの対応です。

以前もご紹介しましたが、大手サラダチェーン店のSweetgreenでは、ピックアップ&デリバリー専用の棚を設け、ランチ時には大量のサラダが並んでいますが、このようにデリバリー専用の棚を設けるレストランは珍しくなくなりました。

過去記事: Sweetgreenにみるフードデリバリーの未来

この流れからデリバリー専門のスペースを確保するレストランも増えてきています。

アメリカで爆発的に拡大するゴーストキッチン

『ゴーストキッチン』『バーチャルレストラン』など呼ばれるこのスペースは、デリバリー専用に作られたシェアキッチンです。

Uberのファウンダーで、2017年に同社をCEOを退いたトラビス・カラニック(Travis Kalanick)が立ち上げたCloudKitchens、同じくカリフォルニアをベースにし、今後数年で全米にゴーストキッチンを開く計画をしているKithen Unitedなどスタートアップが次々と登場しています。

過去記事: Uberファウンダーによる新フードデリバリービジネス

これらのカリフォルニアベースのスタートアップに加えて、ニューヨークにも今年ゴーストキッチンJuulがオープンし注目を集めました。

これらのゴーストキッチンと、過去に存在したシェアキッチンとの違いは、ゴーストキッチンがデリバリー専門であると同時に、ターゲットを既に数店舗を持つ人気店でデリバリー需要の多いレストランのみに絞っていることです。

私も日本のクライアントさんのためにKitchen UnitedとJuulにコンタクトしたことがあるのですが、どちらもアメリカで最低2,3店舗持ち、既にデリバリーの需要が高い店のみを入居させるそう。

これまで存在したシェアキッチンはスタートアップが入居することが多かったのですが、ビジネスが続かず突然キッチンがクローズすることもありました。

過去記事: NYのフードビジネス・突然の破綻の裏側

一方で、LAのCloudKitchensは前述のSweetgreanのデリバリー専用スペースとして使用されていますし、同じくサラダチェーン店であるJust SaladもフードデリバリースタートアップのGrubhubとパートナーシップを組みデリバリー専門のバーチャルキッチンをオープンすることを発表しました。

レストランにとって、デリバリー専門のバーチャルレストランを設けるメリットとして、店舗ほど立地にこだわる必要がないこと、客席スペースを設ける必要がないことに加えて、営業時間もデリバリーの需要が高い時間のみにするなど柔軟に対応できます。

さらにデリバリースタートアップとパートナーシップを組む大きなメリットとして、デリバリースタートアップが持つ情報です。

例えばカリフォルニアのあるピザ店では、UberEatsのデータから同エリアで深夜のハンバーガーとアイスクリームの需要が高いことが分かり、それをメニューに加えたところ打ち上げが大幅に伸びたそう

さらにこれまで夜9時までの営業だったものを、深夜の需要が高いというデータから深夜2時まで営業しているそうですが、毎晩大忙しとのこと。

前述のKithen Unitedは今後数年で400のゴーストキッチンのオープンを計画していると言われますし、Cloud Kithensもサウジアラビアのファンドから400ミリオンの出資を受けたことが伝えられており、2020年以降爆発的に拡大していくことが予想されます。

photo@sweetgreen

********************
BE WELL NYCではNY発のビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。以下のサービスもご提供しておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。

・商品輸入・輸出交渉サポート
化粧品・サプリメント・食品・雑貨などの輸出入に関する取引先の選定から交渉・お手続きまでトータルでサポートいたします。
 
・ビジネス視察・アテンド
ウェルネス・ホリスティックヘルス・フードビジネス・美容・ヘルステック関連まで、クライアント様のニーズに合わせて、視察先をアレンジいたします。

・トレンドリサーチ
ウェルネス・ヘルス・ビューティに関する最新のトレンドと今後の傾向をレポートいたします。

・通訳・翻訳
NYの翻訳事務所で10年間ビジネス契約書・特許書類の翻訳に携わった経験を生かし、商談の通訳や商品に関する翻訳まで広くご提供しております。

NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。

ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。


スクリーンショット 2019-09-24 11.05.47
@ jvn

ネットフィリックスの人気番組『クィア・アイ』のジョナサン・ヴァン・ネスが、今月発売される自叙伝『Over the Top』で、HIVポジティブであることを告白しました。

『クィア・アイ』はアメリカで大人気のリアリティ番組で、スタイリスト、ヘアスタイリスト、インテリアデザイナー、料理家などゲイのメインキャラクター5人が、冴えない男性を外見から自宅まで大変身させるというもの。

ジョナサンは、ヘアメイク担当で、明るく茶目っ気のあるキャラクターで、特に人気のある一人です。



クィア・アイ』ジョナサン・ヴァン・ネスのHIVカミングアウト

自叙伝によれば、現在32歳の彼は、イリノイで、メディアカンパニーを経営する裕福な家庭に生まれ、両親は幼い頃に離婚しているものの、母親とは『一生のベストフレンド』と呼ぶほど関係は良好だそう。

しかし、幼い頃に教会で性的暴行を受けたそうで、そのトラウマにより、10代からオンラインチャットを使い年上の男性と関係を持っていたとのこと。

大学に入学したあとは、コカインにはまり、その資金のために売春をして、大学も中退。

その後、美容師の資格を取り、LAの有名美容院で働いていた25歳の時に、サロンで倒れ、HIVに感染していることが発覚したそう。

HIVは先進国では今や死の病ではなくなったとはいえ、まだまだ偏見が多く、カミングアウトするのは大変な勇気がいったはず。

彼は裕福な家に生まれていて、家庭環境も良かったのにも関わらず、10代の頃から本人曰くドラッグとセックスの中毒になってしまったのは、幼い頃の性的虐待が引き金になっているのは言うまでもないこと。

その後、まだ精神的に幼い10代の頃から、雪だるま式に転がり落ちてしまったことは、本人だけのせいとは責められません。

このように幼い子供や10代の子供たちを大人が私利私欲のために利用するのは本当に許せません。

最近では電子タバコのJuulによる10代の子供たちへの影響が深刻になり、マンゴなどのフレーバー付きのタイプを販売禁止にする動きが出ています。

学生時代に、興味本位でタバコやアルコールを試すことはいつの時代でもありますが、Juulの気化されたニコチンは数秒で体内に吸収されるため、10代の体への影響が著しく、数回の使用で中毒性が高いことが大きな問題です。

マンゴの電子タバコからはじまり、アルコール、マリファナ、ハードドラッグ...と転がり落ちる子供たちが少ないないのは想像に難しくないこと。

過去記事: シリコンバレー発の電子タバコJuulとその弊害

ジョナサンのカミングアウトにより、HIV感染による偏見や、隠し続けることに苦しむ人たちを勇気付けられるとともに、これから成長する子供たちへの教えにもなるはず。

『クィア・アイ』での彼の明るさに元気をもらう人もますます増えるでしょうね。

********************
BE WELL NYCではNY発のビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。以下のサービスもご提供しておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。

・商品輸入・輸出交渉サポート
化粧品・サプリメント・食品・雑貨などの輸出入に関する取引先の選定から交渉・お手続きまでトータルでサポートいたします。
 
・ビジネス視察・アテンド
ウェルネス・ホリスティックヘルス・フードビジネス・美容・ヘルステック関連まで、クライアント様のニーズに合わせて、視察先をアレンジいたします。

・トレンドリサーチ
ウェルネス・ヘルス・ビューティに関する最新のトレンドと今後の傾向をレポートいたします。

・通訳・翻訳
NYの翻訳事務所で10年間ビジネス契約書・特許書類の翻訳に携わった経験を生かし、商談の通訳や商品に関する翻訳まで広くご提供しております。

NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。

ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。

↑このページのトップヘ