NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

カテゴリ: Culture

29

セックス・アンド・ザ・シティ(SATC)が終了して以来初めて、サラ・ジェシカ・パーカーが主演するテレビドラマシリーズ『ディボース・Divorce』。

SATCと同じケーブル局のHBOで、サラ・ジェシカ自らエグゼクティブ・ブロデューサーを務めるということで、放送開始前から大きな注目を集めていました。

そんなディボースのプレミアが先日9日の日曜日に放送されました。

サラ・ジェシカ・パーカー主演の新ドラマ、ディボース・Divorceとは



あらすじ:

サラ・ジェシカ演じるフランシスは、夫のロバートと10代子供2人と共にニューヨーク郊外のウェストチェスターに暮らしている。フランシスはアートギャラリーを経営したいという夢を持ちつつ、リクルーターとして毎日電車で一時間かけてマンハッタンに通勤し、不動産デベロッパーであるロバートは、仕事が傾き経済的に厳しい状況に置かれている。

そんなある日、夫婦の共通の友人宅で誕生日パーティが開かれるが、そこで起こった事件をきっかけに、フランシスはロバートに離婚したい胸を打ち明ける。実はフランシスには愛人がいて、夫への愛情は冷め切っていたのだった。



サラ・ジェシカは、どうしてもSATCのキャリーのイメージが強く、シリーズ終了後も数々の映画に主演しましたが、これという代表作には恵まれていません。

Divorceのフランシスは、キャリーとは、対極にあるともいえるキャラクターなのですが、視聴者からすると、どうしても、サラ・ジェシカ=キャリーのイメージが拭えないんですよね。

フランシスもオシャレなキャラではないはずなのですが、どうしても、ちょっと崩れた体型で時代遅れのアウトフィットを身につけた郊外に住む女性のイメージとはかけ離れてしまいます。

エピソードを重ねるうちに、これを払拭できるのかは興味深いところ。

個人的には第一話を面白く見ることができました。

コメディということですが、薄くならないように、よく考えられていると思いますし、SATCをリタルタイムに見ていた層には楽しめる内容だと思います。

アラフィフで人生に迷う登場人物たちの滑稽で悲しい姿を、どこまで笑いと共感にできるのか。

日本では11月下旬からHuluで配信開始になるそうなので、SATCファンも、そうでない人もぜひチェックしてみてください。



Instagramでは、ニューヨークでの食事事情や美容グッズなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・トレンドリサーチやコンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。

 

07

アンジェリーナ・ジョリーがとうとう離婚を申請しましたね。

周到な準備を整えてのことだと思いますが、ブラッド・ピットは、

「突然のことで悲しみにくれている」

とコメント。


天才並みのIQを持つと言われる彼女のことですから、かなり念入りに地固しているのでしょう。

アンジェリーナ側の弁護士は、彼女の2度目の離婚の弁護を担当し、他にもジョニー・デップ、ジェニファー・ガードナー、カーダシアンズ、ブリトニー・スピアーズといったそうそうたるハリウッドセレブの離婚を担当する有名弁護士。

アンジェリーナ側の主張

アンジェリーナ側は養育費などの請求は求めていないようで、代わりに6人の子供の単独親権を請求するとのこと。

アンジェリーナ側が発表したステートメントでは、離婚の原因に関して

「irreconcilable differences・和解できない違い」

と発表していますが、メディアでは彼女の側近によるコメントして、

「ブラッド・ピットのマリファナとアルコール中毒、そして、子供たちへの言葉と体の暴力が原因」

と報道しています。

ブラッド・ピットの虐待疑惑

一部のメディアによると、以前、一家がプライベートジェットで旅行中に、酒に酔ったブラッドが子供たちに暴力を振るったとのこと。

追記:その後の報道によると、機内で、アンジェリーナとブラッドが口論になり、それを止めに入った15歳の息子、マドックス君に対して、ブラッドが暴力を振るったとされています。

ブラッド側は、口論になったことは認めたものの、マドックスを殴ったことは否定。その後給油のため、空港に降り立った際、泥酔して叫ぶブラッドの姿が一般人のカメラに映されていたそう。

この件を受けて、FBIが幼児虐待でブラッドを調査する予定.....なんて報道もありましたが、ここら辺りの真意が個人的には一番気になります。

そもそもブラッド・ピットは、ハリウッドでもそのマリファナ好きは有名。かつアンガーコントロールに問題があることも、以前から報道されていました。

一方で、アルコールやドラッグは20代で卒業し、今や慈善事業のために世界中を飛び回るアンジェリーナとの温度差が開いていったのは理解できます。 

アメリカメディアの見解

アメリカの弁護士によると、10年近く育児を共にしてきたパートナーに対して、単独親権を求めるというのは極めて異例とのことで、よほどアンジー側に確信があるのだろうとのこと

ブラッドが親として責任を果たせない、という動かぬ証拠を抑えていることが考えられます。

その頃ジェニファー・アニストンは..
これを受けて、当然メディアで名前が上がっているのが、ブラッドの前妻、ジェニファー・アニストン。

もともとブラッドとジェニファーが結婚していた時に、アンジーとの関係が始まったと言われ、ハリウッドでも最も有名な三角関係にあった三人ですが、数年前にようやくジェニファーが再婚を果たして以来、

「世界で最も美しい夫を世界で最も美しい女に奪われた可哀想なジェニファー」 

という国民的悲劇のヒロインを脱却した彼女が最後に勝った.....なんて伝えるメディアもありますが、少なくとも、ブラッドに対しては同情的な見方をしているかもしれませんね。

ニューヨークポストでは、以前ブラッドが共演したフランス人女優、マリオン・コルティアーと不倫関係にあったと報道されていましたが、こちらはマリオン・コルティアーが自身のSNSで否定しており、デマの可能性が高そう。

新たな三角関係を作って、より大きな火種にしたいのでしょうが、第三者の存在よりも、二人のあり方の違いが大きくなりすぎた、というのが実情なんでしょうね。

ブランジェリーナの終焉ということで、アメリカでも大きな話題になっている二人の離婚。 

子供の養育権がからむだけに今後どうなるか気になるところですが、結局は、弁護士同士が納めるところに納めるというのが予想される筋書きと言えるでしょう。



noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。

Instagramでは、ニューヨークからのお勧めや美容グッズなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・コンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

10

ミランダ・カーとSnapchatの創設者エヴァン・シュピーゲルが婚約しましたね。

2015年から交際が伝えられていましたが、このニュースを聞いたアメリカの女性の反応は、「さすがミランダ」というところでしょう。

というのも、今アメリカで一番ホットで人気があるのが、シリコンバレーのテック創業者たち。


かつて、ハーバードやスタンフォードをトップで卒業した学生達は皆ヘッジファンドやインベストバンクなどのファイナンスの職につきましたが、今彼らが向かうのがシリコンバレー。それゆえ、ゴールドマンサックスなどのトップバンクでも、優秀な学生を確保するのに躍起になっていると伝えられるほど。

Forbsはエヴァン・シュピーゲルの総資産を21ビリオン・2100億円以上と伝えていますが、成功すれば桁違いの資産と名声を手に入れることができるのが、今のテックビジネス。

Snapchatは今最も勢いがありますし、エヴァン・シュピーゲル、イケメンですしね。

それにしても、ミランダも一時、どんどん化粧が濃くなり、露出も増えて、同じオーストラリア出身ののビリオネア(47)と付き合い始めた時は、余計なお世話ながら、このままいって大丈夫?なんて思ったものですが、さすが。

ちなみにそのオーストラリア人ビリオネアと代わりに婚約したのがあのマライア・キャリー。

ミランダもモデルとしては旬を過ぎて、よりフレッシュな20代のモデルたちに人気を奪われていましたし、再婚相手は彼女の今後の立ち位置を決める重要な決断。

47歳のビリオネアと結婚しても驚きませんが、今一番勢いのある26歳のテックビリオネアに結婚を決めさせたとなると話は別。

というわけで、今後、女性たちが、今以上に目の色を変えて、ミランダが語るスムージーのレシピやスキンケアティップをありがたがることでしょう。



その他のセレブリティのゴシップはここから読めます。

noteでもコラムを書いてます。火・木・日更新です。
最新コラムはトランプの茶番に毒舌を吐いた『適材適所』。フォローして頂くと更新通知が届きます。



Instagram
では、ニューヨークのおすすめスポットや美容グッズを紹介しています。毎日更新していますので、良かったらフォローお願いします☆

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・コンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

 

24
@sarahjessicaparker

今年の初めからサラ・ジェシカ・パーカーがHBOで新ドラマに出演することが伝えられていましたが、先日そのトレイラーが公開されました。

タイトルもそのまま『Divorce』とつけられたこのドラマは、もちろん離婚を題材にしたもので、サラ・ジェシカはプロデューサーとしても参加しています。

『Sex and the City』と同じHBOのオリジナルとあって、早くも期待が高まっていますが、そのトレイラーがこちら。

 

 『Sex and the City』の映画版の続編を作るよりは、よほど現実的で新しい可能性があるドラマだと思いますが、個人的にこのトライラーをみて、絶対みたい!とは思わない、というのが正直な感想。(シーズンを通して展開もセリフもほとんど覚えているほどのSATCファンの私ですが、映画版のひどさにがっかりした話はこちらから

それでも、離婚というのは普遍的なテーマですし、どうやって新鮮さとオリジナリティを出すのかに興味があります。

個人的にはドラマよりも興味があるのが、サラ・ジェシカのプライベートでの結婚生活。俳優である夫マシュー・ブロデリックとの結婚生活が約20年というサラですが、結婚の話はマスコミにもほとんどしません。

二人は数年前には代理母により双子の女の子を授かり、5人でマンハッタンのウェストビレッジに住んで、不動産投資に熱心なことは有名です。

InstagramをはじめとしてSNSを上手く使っているハリウッドセレブの一人であるサラですが、一方で、夫婦関係に関しては徹底して表に出さないようにしているようそうで、それがより皆の好奇心を誘うのかもしれません。

『Divorce』は今年の秋からアメリカで公開予定だそう。公開後に、また感想などをアップしたいと思います。

******

IMG_3461

今、一番の情報収集源となっているのがInstagram。ニューヨークでの食事事情や美容グッズなどを毎日更新しています。

ちなみにサラ・ジェシカの本好きは有名で、彼女が主催するブッククラブで取り上げられるとヒットすると言われており、私も彼女のInstagramで面白そうな本をチェックしています。 

フォローしてくださる方がラッキナンバーになりました。ありがとうございます☆良かったらこちらからぜひフォローお願いします。私もみなさんのアカウントを見せて頂くのが毎日の楽しみです。

Instagram



 

noteでもコラムを書いてます。火・木・更新です。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・トレンドリサーチやコンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。
 

49

私も一時期大ハマりしていたドラマ「Girls」の監督・脚本・主演を努めるレナ・ダナム。

前作のシーズン5はマンネリ化で不評でしたが、次回が2017年に放送予定のシーズン6がファイナルになるようで、どんな結末に持っていくのが楽しみなところでもあります。

個人的にもシーズン5の最初で観るのをやめてしまったのですが、レナが主催するウェブマガジン「Lenny」の書籍コーナーを定期的にチェックしたり、Instagramもフォローしてます。

そんなレナの最近の作品で面白かったのが、Vogueの瞑想ビデオ。

私も毎朝、LED美顔器を使う朝の10分感を瞑想の時間に(一応)しているのですが、そこで駆け巡る思考の全てが絶妙に誇張されて凝縮された世界観はさすが。



最近はビデオコンテンツが一番熱いと言われますが、Vogueはさすがに最先端。どのビデオもクオリティが高くて面白いです。

個人的にも長年の課題である、”無になるため”の瞑想、なかなか取得できずにいますが、レナの「でも、なんだかんだ、美味しいもの食べるのが一番よね〜」という姿勢も笑えます。

何事にも深刻になりすぎる気のある現代社会で、レナのボイスはまだまだ存在感があります。「Girls」終了後の彼女の活躍も楽しみです。




Instagramも毎日更新しています。
Instagram


note
でもコラムを書いてます。火・木更新です。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・トレンドリサーチやコンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。


↑このページのトップヘ