NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

カテゴリ: English

52


新しいnoteのマガジン『女友達を作るための英会話術』が人気です。今週読まれたnoteのコラム3つ。

1. まずはつかみから #女友達を作る英会話術

2. 使える英文法を習得する方法 #女友達を作るための英会話術

3. 鬱とチョコレート 

まだの方はぜひ読んでみて下さい。

英会話シリーズ、まだまだ続きます。noteでアカウントを開いてフォローして頂くと、更新通知が届きます。




Facebookでも更新情報が受け取れます。



Instagramでは、毎日の食事やニューヨーク生活の様子をアップしています。
Instagram

ニューヨークからの執筆・トレンドリサーチやコンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。



 

IMG_1417

褒められたらとりあえず「Thank you」と言う

というのはアメリカ生活の基本ルール。

私も最初の頃は慣れず、褒められると照れてしまって、「いやいや、でも実はああでこうで...」なんてやってました。

でも、それをすると褒めてくれた人を戸惑わせてしまうんですよね。そんな経験を通して、褒められたらまず『ありがとう』が礼儀なんだなって学びました。

英語で上手に謙遜するには

そんなアメリカ人にも「いやいや、そんなことないです」って謙遜したい場面もあります。

いわゆる日本の『謙遜』の響きには、相手の言葉を否定する響きもあったりしますが

英語の場合はその逆

「Thank you. You are so kind.」

というと、感じよく、さらに相手の気分を害することなく「いやいや、そんなことないんですよ」感が出せます。

ニュアンス的には、「そんなこと言って下さるなんて、あなたってとても良い人ですね」といった感じです。

これは、「綺麗な髪ですね」など外見を褒められたり、ちょっと照れくさい時に使うもので、靴やバックを褒められた、なんて時はわざわざ言いません。


アメリカ人というのは、褒め上手な人が多くて、「それ素敵ですね」が挨拶代わりなところもありますが、それでも的外れなことで褒めまくるのは歓迎されません。

会話が上手い人というのは、総じて相手を褒めるポイントをみつけるのが上手です。

英語での外れない褒め言葉

無難に褒めるには、洋服、靴、髪型あたりが基本です。

女性でも男性でも、身なりに気を使っている人には

「Nice shoes!」

と言っておくとほとんど外れません。特に女性の場合は、ここから会話が弾むことも多々あるので便利。

今日はまたしっかり洒落こんでるなって時には「You look great!」でOKです。

実際会話で使うのって、こんなシンプルなセンテンスが多いんですよね。

英語で会話したいけど、話すのはまだ自信がない...という人は、まずこんな風に上手に褒めて、相手に気持ちよく話させるのが良いと思います。

Facebookでも更新情報が受け取れます。



お気に召しましたらクリックして頂けると嬉しいです。


noteでニューヨーク発・超本気のアンチエイジングマガジン発行しています。

Instagram始めました。毎日の食事やニューヨーク生活の様子をアップしています。
Instagram

ニューヨークからの執筆サービス
ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

 

↑このページのトップヘ