25

女の30代は一筋縄ではいかない。

仕事でもプライベートでも変化を経験し、肉体的にも精神的にも20代とは違ってきます。

一方で、年齢を重ねることで、ベターな自分との向き合い方が分かってくるという一面もあります。

私も30代も残すところわずかになりましたが、充実した30代にするためには、食事・運動・メンタルのケアなど、自分に合った土台を持っておくことが大事だと実感しています。 

30代をより充実させるライフスタイル

食事編

20代の頃と比べて、仕事でもプライベートでもストレスを感じたり、ホルモンバランスの崩れを実感することも多い30代。

イライラや集中力低下を予防する食事法は過去記事(集中力低下やイライラに効く食べ物)ご紹介しましたが、これに加えて必要なのが
抗炎症や腎臓をサポートする作用のるブルーベリー、アサイー、ゴジベリーなどのベリー系も積極的に摂取したいところです。さらに葉酸が豊富はブロッコリー、アスパラガス、ほうれん草、モロヘイヤなどは、特に妊娠を希望している人は摂取したい食材です。
運動

仕事や育児で20代の時ほど運動する時間が取れなくなる人も多いのが30代。しかし、ここで運動を続けられるか否が大きな鍵になると個人的には思います。

30代はまだ体も丈夫ですから、20代の時にできて30代で出来ないことはありません。HIITも続けるべき( ニューヨークで大人気のワークアウトHIITに関しては過去記事”NYで大ブームのHIIT・そのすごい効果”で紹介しています)ですが、時間を短くして回数を少なくすることで、無理なく行えます。通常30代のクライアントには30分の全身運動を週に3回行うようにアドバイスします。

Well and Good より

30代になると、なんとなく体を動かすだけでは体は変わりません。長時間の運動よりも、効果的に全身を使って適度にインパクトがある運動をすることが、筋肉を維持する鍵のようです。

メンタルケア

20代のように気合とカフェインだけでは乗り切れないのが30代。体に加えて心のコンディションを整えることなしに、充実した毎日は送れません。

ニューヨークでも30代頃からメディテーションを取り入れる人が多いのもその理由から。また良質な睡眠も欠かせません。

以前こちらの連載コラム(完璧なニューヨーカーの泣きどころ。睡眠不足の対処法)でも書きましたが、睡眠を中心に1日のスケジュールを組み直す人も多いです。



年齢を重ねることで変化が起こるのは避けられませんが、その時々にあったライフスタイルに進化させていくことで、自分で自分をコントロールできている実感と自信が持てるように思います。



Instagramでは、ニューヨークからのおすすめや美容グッズなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・トレンドリサーチやコンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。