how-to-have-good-immunity-to-coronavirus
NYで行われた調査によると、3000人を対象にコロナウィルスへの対抗を調べたところ7人に1人が過去に感染していたとのこと。

コロナウィルスは感染しても症状が出ない人も一定数いることは知られていますが、同じウィルスに対してこれほど反応が異なるのは年齢や持病の有無など様々な要因が関係していると言われます。

これらに加えて大きな役割を持つのが免疫力です。

最近は免疫力をアップするためにティップスなどもよく目にしますが、免疫力とは高ければ良いというわけではなくバランスです。

体内の免疫が高すぎると、結果として自身の組織も攻撃してしまう自己免疫障害となりますし、免疫が低いとウィルスの影響を受けやすい『サセプティブル』な体になってしまいます。

ではバランスの良い免疫力をつけるにはどうしたら良いのでしょう。

ウィルスに抵抗する免疫力をつける生活習慣4つ

最近私がよくPodcastを聞いている長寿の研究を専門にする医師の説明が分かりやすかったのでご紹介します。

免疫力をつけるためには主に4つの柱があります。

睡眠
免疫力のために最も大切なのが睡眠。睡眠不足が脳、精神面、がん・心臓疾患の要因になり得ることは多くの研究が証明しており、免疫の機能にも大きな影響を与える。安定した睡眠を確保することが免疫力をつけることには欠かせない。

ストレスマネージメント
ストレスによって体内で抗ストレスホルモンであるコルチゾールが増えると免疫力が大きく下がる。またコルチゾールの増加により睡眠にも影響がでる。マインドフルメディテーションやジャーナリング(日記をつけること)などによりストレス値を下げることが重要。

運動
Zone 2と呼ばれる運動中に話ができる程度の心拍数を保つ運動が最も体内のミトコンドリアを活発にして免疫力がつく。
キト・FGF21レベル

食事
ホールフード中心の食事で、寝る3時間前は食べないことが理想的。
参照

コロナに関しては、この先何年も人間と共存することになるという説が有力になっていますよね。

コロナだけでなく、インフルエンザや他のウィルスに対しても同様ですが、ウィルスの影響を受けにくい体を作るには、日々の生活習慣から免疫力をつけていくのが一番です。

今後経済へも大きな影響が出ることは避けられませんし、その時最も大切なのは心身の健康。

不安から大きなストレスを抱えている人も多いと思いますが、自宅で過ごす時間が長い今こそ新しい習慣を確立する良い機会です。

この投稿をInstagramで見る

最近よく耳にする免疫。免疫とはご存知の通り体が持つ防衛システムのことです。 最近は免疫を上げるためにティップスなどもよく目にしますが、免疫力はどうすれば高まるのでしょう? ウィルスに抵抗する免疫力をつける生活習慣4つをご紹介します。 ・ ・ ・ #免疫 #免疫力 #健康 #ウェルネス #ヘルス #ヘルスコーチ #コロナ負けない #健康情報 #アメリカ #ニューヨーク #コロナウイルスが早く終息しますように #コロナ #免疫力アップ #子供 #ママ #ワーママ #朝活 #早起き #朝 #休校中の過ごし方 #ブログ更新

白石 里美/Satomi Shiraishi(@satomishiraishi_nydetox)がシェアした投稿 -

インスタグラムで動画も配信しているので良かったらフォローお願いします✨
・最低でも7時間の睡眠を確保することを毎日優先する
・瞑想・深呼吸・散歩など少しでもリラックスできる方法をみつける
・適度な運動を朝の習慣にする
・加工品を控えた健康的な食事と早めの夕食
といったことを意識してみてくださいね。

****************
自宅で過ごす時間が増える今だからこそ新しいキャリアに備えるチャンスです。日本からも取れるNYで大人気のヘルスコーチの資格紹介による大幅な割引もあります。

ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★生活習慣の見直しと共に力をいれたいアメリカで大人気のLED美顔器マスクによる肌の集中ケア。日本から購入できる美顔器の効果とおすすめはこちらから。GW中の特別割引キャンペーン中です。