IMG_5904

NYで大人気のヘルスコーチの資格が取れるオンラインベースの栄養学校 Institute for Integrative Nutrition、略してIINに関する質問でよく頂くのが

・日本ではヘルスコーチとしてどのような仕事ができるのか? 

・ヘルスコーチとして収入を得ることはできるのか?メインの仕事としてやっていけるのか?


といった卒業後のキャリアや仕事への活かし方です。

ヘルスコーチをキャリアにする方法

 先日、2月4日の土曜日に、NYでIINのイベントがあったので行ってきたのですが、ここでもメインのトピックは、ヘルスコーチとしてどのように成功するか、というものでした。

集まった人たちも、ヘルスコーチとしてバリバリ仕事をしている人から、資格は取得したものの、自信がなくてクライアントを取っていないという人まで様々。

私の周囲を見ると、ヨガのインストラクターやアロマセラピストの資格と合わせてサービスを提供したり、副業として始める人も多いです。

例えば、2015年にIINを卒業したサラ は、もともと映画のプロダクション事務所にいたのですが、激務で8年間、一度も長期休暇が取れなかったそうです。ストレスが極限にあった時に、あるイベントの今のメンターであるヘルスコーチに出会って、自らもIINで学び、その後ヨガとメディテーションのインストラクターの資格もとりました。

当初、映画プロダクションの関係者相手に副業でヘルスコーチをはじめたのですが、その数がどんどん増えていき、今では映画の仕事をやめて、ヘルスコーチを本業にし、スタジオでヨガを教えたり、企業でメディテーションのワークショップをしたりしています。

キャリアチェンジのおかげで、今年は10年ぶりにバケーションに行けると喜んでいました。

サラのように、全く違う分野からのキャリアチェンジをするをする人も少なくありません。特定のエリアにコネクションあるのは強いですし、自らもストレスフルな環境を経験したことがあると、クライアントの気持ちも理解しやすくなります。

ヘルスコーチとして食べていくために必要なこと

ヘルスコーチの資格は、取得したからといってすぐに収入に結びつくものではなく、集客も大切なポイントです。

先日のイベントでも話がでましたが、ヘルスコーチとしてメインでやっていくとしたら、どれだけの収入を得たいのか?

そして、その収入を得るためには、例えば1時間のセッションを1万円にするとして、1ヶ月にクライアントを何名取る必要があるのか?それは現実的な数字なのか?などを考える必要があります。

イベントでは、そのためには、まず無料で『ヘルスヒストリー』と呼ばれる、クライアント候補の健康やライフスタイルの状況をチェックするコンサルテーションをたくさん行うこと。そして、そこから有料のプログラムに持っていくための交渉術を紹介していました。

ブログやSNSを通じて発信していくことも重要です。

ワークショップなどを開催して、多くの人に自分のサービスを知ってもらうのも良いですし、法人のクライアントを獲得できれば、メインの仕事としてやっていける可能性が高まります。

これまで多くの方からご質問を頂き、実際に入学された方も沢山いらっしゃいますが、会社勤めをしながら、以前からの夢であったヘルス分野でのキャリアチェンジを目指して勉強されている方、出産後の育休を利用して、育児と両立しながら勉強されている方、すでにウェルネスの分野でキャリアをお持ちで、英語は不得意だけれど視野を広げるために勉強されている方などみなさん多種多様です。

英語でのコースということで躊躇される方も多いですが、その分、挑戦すればキャリアにもプラスになります。

ご興味がある方はこちらからコースの内容がみられますので、クリックしてみてください。




次のコースは3月からです。紹介制度による大幅な割引特典もありますので、コースや割引特典に関するご質問はnewyorkdetox@gmail.comまでお送りください。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・コンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。