スクリーンショット 2019-06-10 13.15.46@ renttherunway

アメリカの特に20代から30代前半のミレニアル世代では、洋服、家具、電化製品まで、できるだけものを所有しないライフスタイルを選ぶ人が増えています。

洋服は、Rent the Runwayなどのレンタルサービスに月会費を払い、好きなアイテムを好きな期間だけ使い、ソファーや掃除機も月数十ドルを払って借ります。

引っ越しの際に、どれだけ少ないアイテムだけで移動できるか...というのが洗練されたライフスタイルの象徴にさえなりつつあります。

ミレニアル世代の消費特徴

これらの世代は、40代、50代がステータスとしてきた高級ブランドに興味を示さず、体験にお金を使うことは以前から言われてきましたが、その流れが加速しています。

日本でも、20代は服やバックにお金をかけない代わりに、旅行やインスタ映えするレストランでの食事などにお金をかける傾向がありますよね。

アメリカでも同様ですが、加えて、ミレニアルが好んで消費するのが、ワークアウト・ヘルシーな食事・マッサージ・フェイシャル・髪のブローアウトといったウェルビーイングやセルフインプルーブメントです。

必要のない服を買って罪悪感を感じるよりも、自己投資にお金を使ったほうが、気分が良いし幸せという価値観です。

彼らより上の世代は、高級品を購入してさらに、自己メンテナンスにもお金をかけられる人も多いですが、特にアメリカでは、学費のローンやクレジットカードのローンを抱え、高いレントや生活費に圧迫されて、自由に使えるお金が少ないという事情もあります。

加えてミレニアル世代は、上の世代に比べて、サステナビリティや環境問題にも敏感だと言われており、きらびやかなハイブランドよりも、サステナブルなスタートアップの商品を好む傾向もあります。

私も5年前にマンハッタンからミレニアル世代の多いブルックリンに越してきたのですが、以来消費にたいする価値観が変わったように思います。

布バックやスニーカーが日常となると、良くも悪くもファッションに対する貪欲さがなくなるんですよね。

一番お金を使うのは、自分と家族の良質な食事と健康で、あとはそのお金を使うことでどれほどのリターンがあるのか?

着るものよりも自分自身に、外見の美しさのために体の内側から変える、内面や将来の充実のために経験や学びを優先する。

このように考えると無駄遣いという意識がなくなり、お金を使うことに罪悪感がなくなるように思います。

とはいえ、最近のセールでいろいろ購入したりもしていますが、あとは自分なりのバランスですね。


*******************

BE WELL NYCではNY発のウェルネスビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。NYでのビジネスアテンドも行っておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。

NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。


ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。