most-read-beauty-wellness-articles-1-2019

あっという間に2019年も残りわずかになりましたね。

食べ過ぎ飲み過ぎが続く時期ですが、体調崩されてませんか?

年末は少しくらいはめをはずしても、新年ぴしっとメリハリをつければ大丈夫です。楽しめるときに楽しむのも大切ですよね。

今年も多くの方にウェルネス・美容に関する記事を読んで頂きました。本当にありがとうございます。

2019年に最も読まれた記事15をご紹介します。

15位 肌が10歳若くなって痴呆ない習慣

肌が10歳若返ってボケる確率も90%減る...
例えばそんな化粧品や薬があるとしたらいくら出しますか?
体も心も若々しく元気に暮らせるのであれば値段はつけられませんよね。
そんな状態がある習慣で手に入るんです。

肌と体と脳の特効薬となる習慣とは...続きを読む


14位 NYの皮膚科医が教える美肌に最も効果的な一つのこと

無数にある『肌に良い』と言われることの中で、最も効果があることを一つ選ぶとしたら何ですか?という質問に皮膚科医からセレブリティフェイシャリストまで各美容の専門家の答えをご紹介しました。

NYとLAの人気ドクターが教える美肌になるための秘訣...続きを読む


13位 大好きな食べ物が肌荒れや不調の原因に?簡単な見分け方

あるものを食べると肌や体に特定の症状が出ることがあります。
例えば、グルテンを食べると眠くなる、乳製品を食べると肌が荒れる、砂糖を食べ出すと精神不安定になる...などです。この時、自分がどの食べ物に反応しているか分かっていれば良いのですが、毎日当たり前のように食べていると、症状と原因が結びつきにくいかもしれません。

不調の原因を見分けるにはエリミネーションダイエットが有効ですが、他にも簡単なヒントがあります...続きを読む


12位 ミランダ・カーの手軽に艶髪になる習慣

髪って女性の外見のイメージを大きく左右しますよね。
アラフォーにもなると、白髪が増えるし、パサついてきたり、薄くなったり...とさまざまな変化があり、これが自分で思う以上に老けた印象を与えていることも😱

ミランダ・カーが紹介していた、簡単で誰でもできてお金もかからない美髪の秘訣とは...続きを読む


11位 妊娠で女性の脳が縮む?思いもよらない疲れの原因

昨年の5月に息子を出産して早1年半。体も順調に回復したのですが、『脳』の調子が出ない時期が続きました。睡眠不足になりがちだったことも原因だと思いますが、集中力の低下、イライラ、気分のムラ、疲労感、エネルギー不足、気力の低下.... など、精神面で安定しないことがありました。

そんな時に、これか...!?とふにおちたのが、10歳若返るプログラム『Younger(ヤンガー)』の著書でもあるSara Gottfried(サラ・ゴットフリード)医師の新書『Brain Body Diet(ブレインボディダイエット)』です....続きを読む


10位 NYでCBDが規制に

ニューヨークで2017年頃から目にする機会が増えたCBD・キャナビスカンナビジオール
CBD・カンナビジオールとはCannabis・キャナビス、大麻・マリファナ、ヘンプから抽出されるもので、ハイになるTHC(テトラヒドロカンナビノイド)と呼ばれる物質は入っていません。リラックス効果があるとされ、サプリメント、化粧品、そしてチョコレート、クッキー、ドリンクといった食べ物に加えられ、その商品数は増える一方です。

このCBDのNYでの規制やFDAの対応をご紹介しました...  続きを読む


9位 シワ・毛穴・ほうれい線!ワインフェイスとその対策

腸にダメージを与え肌の老化につながる4つの食材・グルテン・デイリー・ワイン・シュガー。
その中でもショックを受ける女性が多いのが『ワインフェイス』です。

グルテンや砂糖が体に悪いことは知っていても、ワインはポリフェノールらの抗酸化作用があり、体に良いはずでは...!?と思う方も少なくないのでは?

この『ワインフェイス』はアルコール全般を指しますが、二グマ・タリブ(Nigma Talib)医師いわく、彼女の患者でこの症状を持つ人の大多数が飲んでいるのがワインだそう...続きを読む


8.運動と美肌の驚くべき関係

健康と美容のために最も大切なことの一つ...それは運動です。
そう聞いて驚く人は少ないと思いますが、運動することで、若々しく美しい肌にもつながると聞くと興味がわきませんか?

ロンドンとLAにクリニックをかまえ、べネロペ・クルス、ロージー・ハンティントン・ホワイトリー、ケイト・ボスワースらをクライアントに持つナチュロパスドクターである二グマ・タリブ(Nigma Talib)医師は、運動することによる効果を著書『Younger skin stars in the gut』の中で次のように説明しています....続きを読む

次回は7位から1位をご紹介します✨


番外編

★昨年に続き今年も最もアクセスが多かったのは日本からも取れるNYで大人気のヘルスコーチの資格でした。今年も多くのかたをご紹介させて頂きましたが、日本でもその人気と需要は高まる一方です。

現在ホリデーでさらにお得な特別キャンペーン中ですので、詳細はお気軽にお問い合わせください。

ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

BE WELL NYCではNY発のビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。以下のサービスもご提供しておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。

・商品輸入・輸出交渉サポート
化粧品・サプリメント・食品・雑貨などの輸出入に関する取引先の選定から交渉・お手続きまでトータルでサポートいたします。
 
・ビジネス視察・アテンド
ウェルネス・ホリスティックヘルス・フードビジネス・美容・ヘルステック関連まで、クライアント様のニーズに合わせて、視察先をアレンジいたします。

・トレンドリサーチ
ウェルネス・ヘルス・ビューティに関する最新のトレンドと今後の傾向をレポートいたします。

・通訳・翻訳
NYの翻訳事務所で10年間ビジネス契約書・特許書類の翻訳に携わった経験を生かし、商談の通訳や商品に関する翻訳まで広くご提供しております。

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。