52

イライラする、疲れやすい、集中力に欠ける....

そんな状態が続く時は、特定の栄養が不足しているかもしれません。

私も、数年前、ジュースとローフードにはまって野菜・果物・ナッツばかりの極端な食事をしていた頃、体力が落ちて疲れやすくなり、検査を受けたことがありました。

その結果、たんぱく質、亜鉛、鉄分が不足していることが分かったのです。

極端なダイエットや、忙しさから手軽に摂取できる炭水化物中心の食事をしていると、栄養不足になりがちです。

上記のような症状がある方は、以下の栄養素を積極的に取ってみてください。

イライラや集中力の低下に効果的な食品

たんぱく質

筋肉を始め体の組織を作るのに欠かせないのがたんぱく質の成分であるアミノ酸。ビバリーヒルズで多くのセレブをクライアントに持つEhsan Ali医師によると、アミノ酸の中でも、トリプトファンは脳の神経伝達成分を生成する助けをするため、気分を安定させて集中力を高める効果があるそう。

アメリカ人はたんぱく質命ですが、特に日本人は不足しがちな方も多いかもしれません。毎食適量のたんぱく質が摂取できているか、意識してみてください。

亜鉛

やるべきことに集中したいのに、思考が定まらない.... そんな症状を緩和するために摂取したいのが亜鉛。Ehsan Ali医師は、牛肉、エビ、ほうれん草、インゲン豆など亜鉛が豊富な食品の摂取を増やすか、20mgのサプリメントを取ることを奨励しています。

この他にも牡蠣、レバー、卵なども亜鉛が豊富です。私も病院で医師に「たまにステーキでも食べなさい」と言われたのですが、赤身の肉はどうも苦手なので、毎日卵を食べています。

マグネシウム

不眠症の治療に用いられることも多いマグネシウムですが、集中力の低下に悩んでいる人にも大きな効果があります。

マグネシウムはアーモンドやひまわりの種、ゴマ、大豆などに含まれていますので、これらの食品を積極的に摂取するか、サプリメントを試されてみるのも良いかもしれません。

オメガ3

オメガ3が豊富なクルミやチアシードがブレイン(脳)フードと呼ばれるように、オメガ3は脳の健康に作用します。Ehsan Ali医師によると、1日2500mg摂取すると大きな効果を実感できるそう。
Well and Goodより

 口にするもの一つで、驚くほど精神面の安定度が左右されるもの。適度な運動と合わせて、これらの栄養素を意識して摂取して、集中力アップしたいです。



Instagramでは、ニューヨークでのおすすめや美容グッズなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・トレンドリサーチやコンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。