日本も同様だと思いますが、アメリカで生活していると最近ほぼ使用する機会がないのが現金。

スーパーマーケットからコーヒーショップまで2,3ドルでもクレジットカードで支払うのは当然ですが、例えば学校での先生へのプレゼントなどママ同士で必要なお金のやりとりや、レストランなどでの清算もVenmoやPaypalで支払います。

クレジット社会アメリカと進むキャッシュレス

アメリカは日本とは比較にならないほどクレジットカード社会で、未だにクレジットカードのスコアが人生に大きく影響しますので、クレジットカードを定期的に使って毎月きっちり支払うことが、経済的な信用を得るために何よりも大切であることは10代の頃から教え込まれます。

とはいえ、アメリカの全人口の7%の家庭は銀行口座を持っておらず、また、20%は口座は持っているもの銀行口座からのクレジットカードを持たず、代わりに現金やプリペイドカードなどで生活していると言われています

そうなるとクレジットスコアを形成できず、賃貸アパートを探すのにも苦労したり、ローンを組めなかったりと大きな弊害となり、ますます経済格差が広がる原因となります。

Amazonではこの層をターゲットにAmazon cashと呼ばれるクレジットカードを持たずともオンラインで買い物ができるサービスを開始しています。

これは、Amazonから送られてくるバーコードをCVS Pharmacyなどのパートナー店に持っていき現金を渡すとその分のバランスをカードに加えてくれるというものです。これによりクレジットカードを持っていなくても、オンラインで買い物できるようになります。


同時にアメリカで進んでいたのが店舗での『キャッシュレス』の動きです。特にチェーン店のレストランや食料品店で現金での支払いを受付ず、クレジットカードや電子マネーのみの支払いに限定する店が増えていました。

店側とすれば、現金を扱わないことで毎日手作業で集計する手間が省けますし、店に現金を置かないことで、強盗や従業員による盗みなどのリスクを回避できるという利点があります。

ところが、これに歯止めをかけたのが各州の議会です。

この『キャッシュレス』がクレジットカードを持てない人たちへの差別になるとして、現金を受け入れることを法律付ける州がでてきたんです。

ニューヨークもその一つで、フィラデルフィア、ニュージャージー、サンフランシスコについで4州目です。

レストランでは代わりに現金で店専用のカードを購入できる機械を置くことができるようになりますが、このカードに使用期限や手数料を定めることは禁じられます。

個人的には店側がキャッシュレスにしたがる事情は理解できますが、議会の言い分もわかります。

私もチップ以外ではほぼ現金を使わない生活ですが、先日何かの機会に50ドルほどの現金が手元にきたので、取っておくよりも使っておこうと思い、日用品を購入する際に現金を出したんです。

すると店からキャッシュレスだと言われ、複雑な気持ちになりました。

現金が手元にあるのに欲しいものが購入できない。ましてやクレジットカードを作ることができない人にとってそれがどれほど不便で差別的なものであるかは想像に難しくありません。

今後キャッシュレスの動きはますます進んでいくのは間違いありませんが、経済の大きな不均衡が解決されないうちは、全ての層に配慮して妥協案を取っていく必要があるのは言うまでもないでしょう。


********************
BE WELL NYCではNY発のビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。以下のサービスもご提供しておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。

・商品輸入・輸出交渉サポート
化粧品・サプリメント・食品・雑貨などの輸出入に関する取引先の選定から交渉・お手続きまでトータルでサポートいたします。
 
・ビジネス視察・アテンド
ウェルネス・ホリスティックヘルス・フードビジネス・美容・ヘルステック関連まで、クライアント様のニーズに合わせて、視察先をアレンジいたします。

・トレンドリサーチ
ウェルネス・ヘルス・ビューティに関する最新のトレンドと今後の傾向をレポートいたします。

・通訳・翻訳
NYの翻訳事務所で10年間ビジネス契約書・特許書類の翻訳に携わった経験を生かし、商談の通訳や商品に関する翻訳まで広くご提供しております。

NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。

ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★肌のアンチエイジングにはアメリカで大人気のLED美顔器マスク。日本から購入できる美顔器の効果とおすすめはこちらから。

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。