IMG_3440

35歳

女性にとって体の変化が気になり始める頃です。


ホルモンバランスの変化が起こり始めるのも、この頃だそうですが、私自身、娘を出産したのが35歳の時だったのですが、その後、体調、体型、精神面でも様々な変化がありました。

一方で、最近では、より早い段階でホルモンの変化が起こる女性も少なくないようで、これが生理不順や不妊の原因になることもあります。

女性の人生と切り離せない関係にあるホルモン。加齢による変化は自然なことですが、Well and Goodによると、食生活や生活週間である程度コントロールすることができるようです。

生理に変化があったら要注意

ジョーンズホプキンス大学でホルモンを研究したという専門家Alisa Vitti (アリサ・ヴィッティ)によると、ホルモンバランスが乱れると、まずこのような症状がでるそう。

最初の赤信号は生理の変化です。生理が重くなったり、長くなったり、生理痛や生理前症候群など、20代の頃と違いが出てきます。

また、不眠、のぼせ、気分の不安定、吹き出もの、寝汗、体重の増加などがある場合もあります。


これらの症状は当然人それぞれなわけですが、特に食事や生活習慣によって、ホルモンバランスの変化に大きな差が生まれるそう。

個人的には、生理の周期や量には変化はないのですが、熟睡できない、疲れやすい、時期によって気分が不安定になりやすい、などの症状は30代前半の頃と比べて感じるようになりました。

化粧品や日用品の原材料に注意

さらに、化粧品や日常品に使用されるケミカル、極端なダイエットや運動、過剰なカフェインの摂取、ピルなどによっても、バランスが崩れるとのこと。

では、できるだけホルモンバランスを保つにはどうしたら良いのでしょう?

専門家が提案する生理周期に合わせた食材のプランも含めて、次回ご紹介したいと思います。



ストレスもホルモンへの影響大。太陽の下でリラックスするだけでも違いますよね。休日もInstagramは毎日更新しています。よかったらフォローお願いします。

Instagramなどで、素敵なファッションやインテリアを見ているだけでも良いホルモンが出そうな気がします。ちなみに、先日は、寝室の素敵な写真がたくさんのこのサイトを眺めて、寝室のリフォームを妄想して癒されてました。



noteでもコラムを書いてます。火・木更新です。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・トレンドリサーチやコンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。