remote-work-after-covid19-corona-office-come-back-ny

NYでは今月2日からジムの営業が再開になりました。レストラン・バー・劇場などは未だ室内営業再開の日程は決まっておらず、経済がコロナ前の状態までに戻るには少なくとも数年かかるいう見方が一般的になってきています。

その中でも楽観的な見方をされているのがオフィスの復活です。

ポストコロナの自宅勤務の動向とNYのオフィス街の復活

ロックダウンで一時ゴーストタウン化していたマンハッタンのミッドタウンでは、新たなオフィスビルの建設が続々と進んでおり、ブライアント・パーク・ホテルなど、いくつかのホテルがオフィスに転用されるケースもみられます。

コロナをきっかけに来年半ばまで、もしくは半永久的に自宅勤務を取り入れる企業が増えているとはいえ、あるリサーチによると、全米でアンケートに答えた従業員の88%がコロナ収束後にはフルタイムもしくはパートタイムでオフィスに戻ることを希望していると伝えられています

AmazonやFacebookはコロナ後にNYで新たにリース契約を結んだことが伝えられていますし、エンパイア・ステートビルディングでも、コロナ以降にリースを解約した会社はなく逆にスターバックスなど数社が新たにリースを結んだそうです。

個人的には育児との両立を考えると自宅勤務がベストで100%自宅勤務を選ぶので、88%の人がオフィスに戻りたいというのは意外な数字ですが、若い人や独身の人にとってはオフィスは大切な社交場の一つですし、私の周囲でも家では集中できないためオフィスに行きたいという人も少なくありません。

また別のリサーチでは出世を望む人ほど自宅勤務ではなく、オフィスで他の社員や役員らと顔を合わせることを望む傾向にあるそうです。

それを受けて、コロナ後に、2010年以来最高値となる空室率を記録し家賃が10%下がったと言われるマンハッタンの不動産市場は、オフィスに戻ることを前提に、地下鉄など公共機関を使わずに徒歩か自転車で通勤できる距離にアパートを探す人が少しずつ増えてきているそうです。

オフィスに人が戻りアパートの空室が埋まればレストランの需要も戻っていくでしょう。

NYの飲食業のポストコロナ

とはいえ、問題はそれまでレストラン・バーが持つかどうかです。

先日レストランを経営する知人と話したところ、2件のレストランのうち1件はデリバリーと外の客席でそこそこ回っているとのこと。

店内営業ができない分、市が道路に客席を作ることを特別に許可しているため、普段は路駐に使われている道路の端に各レストランやバーの客席ができています。

夏の間は良いにしても、外で飲食ができなくなる冬が厳しいと話していました。

また2件のうち1件はリースを解約する前提で貸主と話しているものの、NYの商業物件は10年単位でリースを結ぶのが一般的なため、貸主が解約に応じず賃料が未払いのままになっているそうです。

こういったビジネスオーナーたちが経済が回復し需要が戻るまで持ちこたえられのか?まずはこの冬が大きな試練となりそうです。

また今後自宅勤務という選択肢を得た人たちがどのような働き方を選び、どのようにオフィス事情が変化していくのか気になるところです。

みなさんはポストコロナどんな働き方が理想ですか?

毎週末アメリカの時事を含む今週の出来事をメールレターをお送りしています。ご希望の方はこちらからサインアップできます。

********************** 
Youtubeインスタグラムでは老けない体・脳・肌をつくる健康・美容ティップや簡単ヘルシーレシピを紹介しています。