NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ホリスティックヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

タグ:ジュース

36
Instagram/organicavenue

昨年11月に破産申請をし、全店舗閉店に追い込まれたニューヨークのジュース店『Organic Avenue(オーガニックアベニュー)』。

数年前にベンチャーキャピタルに売却され、急速な拡大路線を取っていた同店の破産には驚きましたが、このたび、創設者のDenis Mari(デニス・マリ)が再び加わって、ニューヨークで新しい店舗がオープンしたそうです。

Well and Goodによると、負債を買い取った投資家が彼女にコンタクトを取ったことで、Organic Avenueの復活が実現したのだとか。

 


数年前に同店の経営から退いて以来、ニューヨークの高級避暑地であるハンプトンズで、育児をしながら ベッド&ブレックファーストを営んでいたというデニスですが、自らパートナーと共にチャイナタウンのロフトでスタートさせたジュースとローフードビジネスに再び戻ることになりました。

ちなみに、パートナーであったDoug Evans(ドグ・エバンス)氏はシリコンバレーで、こんな新しいジュースビジネスを立ち上げています。

新 Organic Avenueでは、ジュースやスムージーはもちろんのこと、”オーガニックエスプレッソバー”として、ヴィーガン&グルテンフリーのペイストリーも売られるそう

近いうちに、チェルシーのお店を覗いてこようと思っています。




その様子はInstagramにアップしようと思っていますので、よかったらこちらからフォローしてください。私もみなさんのアカウントをのぞかせていただくのが最近の楽しみです☆



noteでもコラムを書いてます。火・木更新です。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。

Instagramでは、ニューヨークでの食事事情や美容グッズなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・トレンドリサーチやコンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

 

01

Paleta instagram

コールドプレスジュースがすっかり定着したアメリカでは、新しいジュースバーができても、以前ほど注目を浴びなくなりました。

ジュースのカスタマイズ

そんな中、これまでにないコンセプトで登場したのが、地域によって含まれる栄養素が異なるジュースを販売するというPleta。

フードデリバリーを手がける同社は、スウェーデンのヘルストラッキングアプリLifesum と組んでLAに住むユーザー120,000人とNYに住むユーザー100,000 を対象に、6ヶ月間に渡って食事やサプリメントを分析してデータを集めたそう。

それによると、両地域には、炎症性の食べ物や加工品、ピザ、パスタ、パンなどの炭水化物、赤身の肉、揚げ物などを摂取しすぎているという共通点があるものの、いくつかの違いがあるとのこと。

例えば、LAはNYと比べて抗炎症性の栄養が足りない傾向があるため、ターメリックや抹茶などを多く使用したジュースを提供し、一方、NYはストレスレベルが高い傾向にあるため、ココナッツ、パイナップル、ライム、レモンを使用して、抗酸化や高血圧を抑えるメニューになっているそう。

カスタマイズはビックトレンド

地域別というのは、かなりざっくりした分け方ですが、サプリメントやヘルスフードでカスタイズは大きなトレンドの一つです。

血液検査やアプリを使用して、個々の状態に合わせてサプリを提供する、というサービスはこれまでもありましたが、ジュースやスムージーを使用したクレンズでは新しいコンセプト。

今後、同様のサービスがどこまで伸びるのか注目したいと思います。

*************

ニューヨークからの執筆・トレンドリサーチやコンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。



noteでも毎日コラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。


Facebookでも更新情報が受け取れます。



Instagramでは、毎日の食事やニューヨーク生活の様子をアップしています。
Instagram


10
Juicero

ニューヨークのジュース事情

今はなき、コールドプレスジュースの先駆けであるOrganic Avenueが、2006年にニューヨークのローワーイーストサイドに初の店舗をオープンしてから10年。

数年前から、ジュースビジネスにプライベートエクイティから大量の資金が流入して、単なるヘルストレンドから、ウォールストリートを巻き込んだ一大ビジネスに成長しました。

それでも、ニューヨークの高いレントや廃棄率の高さは経営を圧迫し、急激な拡大を測る各店舗も勝ち負けがはっきりしてきました。


残念ながら負け組の筆頭が、2015年に破産の申し立てをしたOrganic  Avenueだったわけですが、最近Organic Avenueの共同経営者だった人物が新たに立ち上げたジュースビジネスに注目が集まっています、

Doug Evans(ドグ・エバンズ)氏は、Denise Mari(デニス・マリ)氏と出会って、自宅でコールドプレスやローフードの製造販売を開始。自身も厳格なヴィーガン&ジュースラバーだそうで、Organic Avenueを売却後は西海岸に移り、新たなジュースビジネスを立ち上げていました。

画期的なジューサー『Juicero』とは

数年の研究開発を経て、市場にお目見えしたのは、700ドル(約8万円)のジューサー『Juicero』。

まるで”Appleの製品のよう”と評される、シンプルながらも洗練されたデザインのジューサーは、これまでのジューサーの固定観念を覆す画期的な製品だと言います。

まず、このジューサーは、同社が供給する、カットした野菜果物が詰められて袋詰にされた”ジュースの元”専用ジューサー。

全て袋内で処理されるため、ジューサーを洗わなくて良い、という点が一番のアドバンテージのようです。

さらに性能は、ジュース店が使用するコールドプレスの技術にひけをとらないそうで、自宅で面倒な手間なしで、本格的なコールドプレスジュースが楽しめる、というのが 売り。

一方で、ディスアドアンテージは、その価格。

ジューサー自体を700ドルで購入することに加えて、袋ずめされたカット野菜を購入する必要があるのですが、約240ml分のジュースの原料の価格は4ドルから10ドル。

通常のコールドプレスジュースは500mlで10ドル前後ですので、それと比較しても割高に感じます。

確かに、私自身、自宅でのジューシングをやめたのは、後片付けが面倒だったという理由も大きいのですが、それにしても、近くのジュースバーでなく、あえてこのジューサーと袋詰の製品を使用するメリットが感じられない、というのが正直なところです。

しかし、彼は、これまでシリコンバレーの投資家たちから100ミリオン以上集めたのだそうです。

おそらく、シリコンバレーの財布がゆるかった数年前だったから可能だったのだと思いますが、それにしてもこのアイデアでそれだけの資金が集まったというのはびっくりです。

そもそも、Evans氏はかなりのジュースラバーのようで、自身のこだわりを形にした商品なんでしょうね。それが、もはや成熟したジュース市場でどのように受け入れられるのか。

現在はカリフォルニア限定のサービスだそうですが、100ミリオンの投資のリターンが得られる日がくるのか、興味深いところでもあります。

*****
ニューヨークのフード・ウェルネストレンドのトレンドレポートやコンサルティング業も行っています。ご相談・お問い合わせは、お気軽にnewyorkdetoxあっとgmail.comまでお願いします。



 noteでも毎日コラムを書いてます。

こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。


Facebookでも更新情報が受け取れます。



Instagramでは、毎日の食事やニューヨーク生活の様子をアップしています。
Instagram

ニューヨークからの執筆・トレンドリサーチやコンサルティングサービスも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

lsc-6pack_1
Photo: BluePrint

ジュースクレンズの弊害

日本で流行中のジュースクレンズ

私も数年前にさんざん試して得た結論は

ジュースは糖分が多すぎて血糖値が上がりすぎる


ということでした。


飲んだ瞬間は一気に血糖値が上がって元気になるのですが、30分もすると一気に下がってどっと疲れたり、落ち込んだりします。

ニューヨークのジュース事情

そう思ったのは私だけではないようで、最近、ニューヨークでは、ジュースだけのファスティングよりも、スープやミールとミックスして糖分を抑え、繊維やたんぱく質も摂取するものが主流になっています。

今では、ジュースはファスティングのためでなく、朝食やスナックに飲んでいる人が多いです。

そんな中、今、ニューヨークで再注目されているのが、果物を一切使用しないジュース。

コールドプレスジュースの老舗Blue Print では、新たに果糖を加えないグリーンジュース2種をメニューに加えました。

・Dandelion Drive (タンポポの葉, ロメインレタス,キュウ, ベルペッパー, セロ, レッドオニオン, レモン、シーソルト)

・Watercress Warrior (ウォータークレス, ケール, ほうれん草, キュウリ, セロリ, レモン)

これらのジュースを含めた6本がセットになったInspirational Cleanseも新たに加わりました。


正直、Blue Printのジュースはその製法からしてファンではないのですが、この果糖なしのジュースは良いですね。

飲みにくければステビアを足してもいいと思います。ステビアはハーブなので、血糖値にも影響しません。私は最近スムージーを作るときにも使用して、果物を入れすぎないようにしています。


ジュースに隠された糖分

甘くて飲みやすい、と感じるジュースには驚くほど多くの糖分が含まれています。

例えばBlue Cleanseのリンゴ入りのグリーンジュースの糖分は25g、小さじ6杯分です。

これを1日に5本飲むクレンズだとしたら、大変な量ですよね。

普段ファーストフードばかり食べて、体重が100キロ、150キロを超えているようなオーバーウェイトのアメリカ人であれば、このようなジュースクレンズを短期的に行うメリットもあると思うのですが、健康な日本の女性があえて行う必要はないのでは?と私は今思ってます。

こんな無理なクレンズをするくらいならば、お味噌汁と漬物で腹八分にして食べた方がよほど良いです

なお、夜遅い時間に重たい食事をする人は、朝はジュースだけにするのも良いと思います。その場合、果物はリンゴ半分くらいでしょうか。

何事も自分で試してみないと分からないところも多いですが、糖分ばかりを摂取するようなクレンズはメリットよりもデメリットの方が多いというのが個人的な意見です。


私はここ数年すっかりスムージー派です。スムージーであれば繊維も一緒に取れるので、もう少し果物多めでも良いと思います。やっぱりVitamixは便利ですね。









noteで新しい記事更新しました。

占いに何十万円もかけるニューヨーカー。恋愛が上手くいかないのは星回りのせいじゃないと思う件、noteでアップしました。

占いと恋愛偏差値

noteでアカウントを開いてフォローして頂くと更新通知が届きます。

Facebookでも更新情報が受け取れます。




noteでも色々と書いてます。

Instagram始めました。毎日の食事やニューヨーク生活の様子をアップしています。
Instagram

ニューヨークからの執筆サービス
ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

↑このページのトップヘ