NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ホリスティックヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

タグ:ホルモン

hormones-health-tests
@ everly_well

アメリカでここ数年関心が高まっているのがホルモンです。体内のホルモンの状態が、睡眠からメンタルの状態、不妊まで様々な症状に影響しているという認識が広まっています。

自宅でできるホルモン検査薬

それを受けて、認知が広がっているのが自宅で使えるホルモン検査薬なんです。

自宅検査キットのパイオニアであるEverlyWellは食べ物への反応から、代謝、睡眠・ストレスレベルのチェック、不妊検査に至るまで多岐に渡る自宅検査キットを提供しています。

検査の流れとしては、自宅に送付された検査キットを使い、指先から採取した血液や唾液がラボに送られます。

医師がその検査結果をみて、その数値が意味する状態や、体への影響などを分析。食事・生活習慣・サプリメントなどで、どのように改善・維持できるかのアドバイスも合わせて提供されます。

これらの結果は自身のデバイスからいつでもアクセスでき、かかりつけの医師らにも見せることができます。

価格は50ドルから400ドルほど。

EverlyWellが提供する30種類以上の検査の中で、最も需要が高いのがWoman's Health Test。12種のホルモンの数値とバランスをチェックし、疲労感、体重増加、生理の不規則などに与える影響を調べるものです。価格は同社のサービスで最も高額な399ドルです。

EverlyWellの他にも、 妊娠を希望している女性や、将来子供を望む女性向けのホルモン検査を提供するModern FertilityMiraといったサービスも登場しています。

NYでは、無料で不妊チェックができるポップアップも登場して話題になりました。

過去記事・NYに登場した無料の不妊検査ポップアップ・Kindbody

アメリカの医療保険の現状

これらの自宅検査薬やポップアップが広がる背景には、アメリカの医療保険の問題もあります。

ご存知の通り、アメリカの、国民全てが公的な医療保険に加入しているわけではなく、会社や個人で加入する民間の保険を使用している人が多いです。

これらの保険は、掛け金によって条件は千差万別ですが、現在アメリカで保険に加入している人の約半数は、月々の高額な掛け金に加えて、診察時にも1000ドル(約11万円)の自己負担額が課されており、保険がカバーされるのは、この額を自分で払ってからなんです。

このため、気軽に病院で検査を受けることができず、何か症状がでるとグーグルでチェックして、必要と思われる検査を自己判断し、それを受けて何か異常な数値が出てから、病院に行く人も増えているとのこと。

自身の抱える症状や悩みに対して、どの検査が合っているのかを的確に判断できるとは限らず、かえって余計な支出と時間がかかることもありえます。

何か症状が出ている場合は、できるだけ早く専門の医師にみてもらう必要があるのは言うまでもありませんが、目安として自身の数値を知っておくのはマイナスにならないと思いますし、これまで病院でしかアクセスできなかった検査がより身近になるのは個人的には好ましいことだと思います。


*******************
★週に一度、ニューヨークより無料のウェルネスメールレターをお届けしています。ブログの更新情報もお知らせしていますので、ご登録はこちらのページからお願いします。

BE WELL NYCではNY発のウェルネスビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。NYでのビジネスアテンドも行っておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。


NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。


ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 


★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



IMG_3568

35歳を過ぎた頃から感じ始めるホルモンの変化。

生理の変化、不眠、肌荒れ、体重の増加、精神の不安定など様々な症状の原因になることは先日の記事でお伝えしましたが、専門家によると、一定の食事や生活習慣を維持することで、ホルモンバランスをある程度コントロールすることは可能だそうです。

ジョーンズホプキンス大学でホルモンを研究したという専門家Alisa Vitti (アリサ・ヴィッティ)によるとその食事法とは以下のようなもの。

十分なタンパク質と脂肪

これらの栄養素を適切な量摂取することは、十分なホルモンを生成する助けになります。ダイエットでリバウンドしている時ではありません!若々しくあるためのホルモンを生成するために食べるのです。
健康と美容のために欠かせない良質なタンパク質と脂肪。タンパク質は、体質によって吸収しやすいものが異なります。アリサが特にすすめるのが卵。卵は人体で吸収されやすい最も有効なタンパク質源です

全卵二つのオムレツやスクランブルエッグを週に数回食べるの良いそう。タンパク質の過剰摂取は消化の負担にもなるので、あくまでも適量を摂取すること。

アメリカ人は大のタンパク質好きで、極端に摂取しすぎている人も多いのですが、一方で、日本人は炭水化物や糖分に偏った食生活で、タンパク質不足の人も少なくありません。

卵は安価で摂取しやすい良質のタンパク質源。数日分まとめてゆで卵を作っておくのもおすすめです。ただし、ホルモン剤が使用された鳥の卵では本末転倒ですので、オーガニックの卵を選ぶことが大切でしょう。

ビタミンD3とマツヨイグサのオイル・生理周期に合わせた食事


ビタミンD3とマツヨイグサのオイルは若年更年期時のホルモンバランスを整えるのに有効だというリサーチ結果があります。


生理の周期に合わせて食事をすることで、エストロゲンやプロゲステロンのバランスを整えて、若年更年期を防ぐことができるのです。

Well and Good より

アリサのCycle Syncingと名付けられた4週間のプログラムは、生理周期に合わせて4つのサイクルに分けて、サイクルによって異なる野菜や穀物を摂取するというもの。

このような食事法は、私も今まで耳にしたことがありませんでした。どんな野菜と穀物をいつ食べるべきなのか?こちらは次回に続きます。



アメリカは独立記念日のホリデーです。これからいよいよ夏本番ですね。ニューヨークの夏の様子もInstagramでアップしています。よかったらフォローしてお願いします☆ 



noteでもコラムを書いてます。火・木更新です。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・トレンドリサーチやコンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。
 

IMG_3440

35歳

女性にとって体の変化が気になり始める頃です。


ホルモンバランスの変化が起こり始めるのも、この頃だそうですが、私自身、娘を出産したのが35歳の時だったのですが、その後、体調、体型、精神面でも様々な変化がありました。

一方で、最近では、より早い段階でホルモンの変化が起こる女性も少なくないようで、これが生理不順や不妊の原因になることもあります。

女性の人生と切り離せない関係にあるホルモン。加齢による変化は自然なことですが、Well and Goodによると、食生活や生活週間である程度コントロールすることができるようです。

生理に変化があったら要注意

ジョーンズホプキンス大学でホルモンを研究したという専門家Alisa Vitti (アリサ・ヴィッティ)によると、ホルモンバランスが乱れると、まずこのような症状がでるそう。

最初の赤信号は生理の変化です。生理が重くなったり、長くなったり、生理痛や生理前症候群など、20代の頃と違いが出てきます。

また、不眠、のぼせ、気分の不安定、吹き出もの、寝汗、体重の増加などがある場合もあります。


これらの症状は当然人それぞれなわけですが、特に食事や生活習慣によって、ホルモンバランスの変化に大きな差が生まれるそう。

個人的には、生理の周期や量には変化はないのですが、熟睡できない、疲れやすい、時期によって気分が不安定になりやすい、などの症状は30代前半の頃と比べて感じるようになりました。

化粧品や日用品の原材料に注意

さらに、化粧品や日常品に使用されるケミカル、極端なダイエットや運動、過剰なカフェインの摂取、ピルなどによっても、バランスが崩れるとのこと。

では、できるだけホルモンバランスを保つにはどうしたら良いのでしょう?

専門家が提案する生理周期に合わせた食材のプランも含めて、次回ご紹介したいと思います。



ストレスもホルモンへの影響大。太陽の下でリラックスするだけでも違いますよね。休日もInstagramは毎日更新しています。よかったらフォローお願いします。

Instagramなどで、素敵なファッションやインテリアを見ているだけでも良いホルモンが出そうな気がします。ちなみに、先日は、寝室の素敵な写真がたくさんのこのサイトを眺めて、寝室のリフォームを妄想して癒されてました。



noteでもコラムを書いてます。火・木更新です。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・トレンドリサーチやコンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

 

↑このページのトップヘ