NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ホリスティックヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

タグ:美容

30

ハリウッドセレブに大人気のLEDマスク

ジェシカ・アルバ、ナオミ・キャンベル、ケイティ・ペリー..

多くのセレブに今大人気なのが韓国製のLED(発光ダイオード)マスク。

エマ・ストーン、ジェニファー・アニストンを始めとするハリウッド女優、リンダ・エヴァンジェリスタ、クリスティ・ターリントンなどのスーパーモデル、アナ・ウィンター、トリー・バーチなどのファッション関係者まで...

名だたるセレブリティをクライアントに持ち、フェイシャル一回650ドルという、ニューヨークベースのカリスマフェイシャリスとジョージア・ルイス(Georgia Louise )がサロンで取り入れたのが最初で、その後ホームケア用に買い求めるセレブ続出中だそうです。

コラーゲンの生成に働きかけシワやたるみに効果的なアンチエイジング用のレッドライトと、ニキビ肌の改善や炎症を抑えるブルーライトが併用できて、何と言ってもマスク型なのでより効果的にライトを取り込めるのだそうです。


ジョージア曰く、人生を変えるほど効果がある!そうで

施述の最後のこのマシーンを使うと、マッサージの効果も長続きするそうです。

当然

「え!ほ、ほしい....!!」

と思ったものの、お値段は3000ドル(約36万円)。

 ニューヨークのサロンで同じマシーンを使った施述を受けると、20〜30分で100ドル〜150ドル程度なので、そう考えると30回使えば元が取れるのかもしれませんが、今それだけの額を費やすつもりはないので、代替できるマシーンを探してみました。

手頃な価格帯でアメリカで人気の高いのがDr. Dennis Grossのマスク。

アンチエイジングに効果がある赤色LED100個とニキビに効果がある青色LED62個ついてお値段は435ドル。

レビューも高く、小じわやほうれい線が改善し、肌の弾力が戻ったといった効果を実感する人も多いようです。

日本で購入できるLED美顔器

日本で購入できるおすすめがAduroLEDマスク

adura-led-mask-red-antiaging

こちらは赤色と青色に加えて、細胞の修復を促進する紫など計7色。さらにこれらのLEDライトを肌の奥深くに浸透し、効果をより強く拡大させる効果のある赤外線LEDもついています。

赤外線も合わせると使用可能なLEDの数は218個。技術的な話では、ダイオードが増えれば効果が増しますので、アメリカで人気のDr. Dennis Grossのマスクよりも効果が高いと言えます

お値段も7色+赤外線タイプで35,800円。かつ15%オフのクーポンを使用するとさらにお得になります。

LED美顔器ならAduroLEDマスク

アンチエイジングやニキビケアに加えて以下の効果も期待できるそう。

・肌トーンの統一
・赤み・炎症・日焼け・酒さを和らげる
・活性化
・肌をなめらかに(浮き出た毛細血管を減らすサポート)
・細胞の若返り(肌自身による自然な癒し効果を高める)
・コラーゲンの生成を促進

各種メニューも設定されているので選びやすいです。
aduro-led-mask-menue

Dr Deniss GrossのLEDマスクはアンチエイジングの赤、ニキビの青、ミックスの3メニューのみなので、AduroのLEDマスクで目的別のケアができるのは魅力的です。




ある実験では顔のしわが気になる76人に対して週2回、4週間にわたってLED照射。

その結果しわの減少(最大36%)と皮膚弾力の増加(最大19%)を示したそう。

また、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などの繊維芽細胞が活性化されることが示されたのです。
(Aduroウェブサイトより)

使用し続けることによって確実な効果を得られるのがLED美顔器。マスク型であれば、スマフォを見たり家事をしながら使えるので、面倒にならずに使えそうです。

そう考えると費用対効果がとっても高いアンチエイジングケアだと思います。

AduroLEDマスクウェブサイト

********************
NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。

ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

BE WELL NYCではNY発のビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。以下のサービスもご提供しておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。

・商品輸入・輸出交渉サポート
化粧品・サプリメント・食品・雑貨などの輸出入に関する取引先の選定から交渉・お手続きまでトータルでサポートいたします。
 
・ビジネス視察・アテンド
ウェルネス・ホリスティックヘルス・フードビジネス・美容・ヘルステック関連まで、クライアント様のニーズに合わせて、視察先をアレンジいたします。

・トレンドリサーチ
ウェルネス・ヘルス・ビューティに関する最新のトレンドと今後の傾向をレポートいたします。

・通訳・翻訳
NYの翻訳事務所で10年間ビジネス契約書・特許書類の翻訳に携わった経験を生かし、商談の通訳や商品に関する翻訳まで広くご提供しております。

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



IMG_2334

美容代年間約240万円

その内訳は

ヘアカラー $300 x 12 a year = $3,600

ヘアカット $250 x 4 a year = $1,000

フェイシャル $550 x 4 a year = $2,200

眉剃り $80 x 6 a year = $480

ブロードライ(ヘアセット) $60 x 45 a year = $2,700

ビタミン注射 $200 x 12 a year = $2,400

髪のビタミン注入 $250 a year = $250

Ultherapy(超音波フェイシャルリフト)= Starts at $3,500

付けまつ毛 $120 x 12 a year = $1,440

トレーシーアンダーソン ライブストリーム $90 for 3 months = $360

オリベ シャンプー&コンディショナー $100 x 5 a year = $500

マニキュア&ペディキィア $80 a month = $960

トータル $19,390(約240万円)

これって多いですか少ないですか...?




って明らかに多いでしょ!


ちなみに、もちろん私の内訳ではなく、先日のWSJに紹介されていたNYC在住のジュエリーデザイナー(40台前半)の美容代です。

他に紹介されていた2名(ファッション関係者&女優、ともに40代)も同様に年間約2万ドルの出費だそうです。

髪で経済状態が分かる

私の周囲はどうだったかしらん、と考えてみると

確かに皆ヘアにはお金をかけていて、一流のヘアカラー&カットにブローバーで自慢の髪をキープしてます。

特にブロンドの人って、ともかく髪に命かけるんですよね。同じブロンドでも暗めよりも明る目がベター、ハイライト命、などなどこだわりがあるみたいです。

どうやらブロンドであるというだけで周囲の扱いが違うようで、この髪がなかったら人生変わってたわ!ということらしいです。やっぱりブロンドってそれだけで目をひくんですよね。

だから、ジゼルやブレイク・ライブラリーのような髪があれば怖いものナシなわけです。そんな宝を大切にケアしたくなる気持ちもわかります。


生まれつきブロンドの人のみならず、ブラウンをブロンドにしている人も大勢います。

私の友人もその一人で、口癖は

「I may be blond but I have a root.」

確かに私はブロンドかもしれないけど、地毛じゃないから(根元に茶色いの見えてるでしょ?)

私にも脳みそあるのよ!って時に使います。

”ブロンド=おばか”みたいなイメージを持つ人もいるみたいですが、ニューヨークではそんな意識ありません。代わりに”ナチュラルブロンド=特権階級の女性達”という意識は少なからずあります。

いずれにせよ、カラーに関わらず、髪の状態を見ればその人の生活・経済状態が分かると言って過言ではないでしょう。

顔はどれほどいじっているのか

記事に登場した女性達は、皆お抱えの皮膚科やフェイシャリスに定期的に通っています。

お抱えの皮膚科がいるか否か、というのはその女性のスタンスに大きな影響を与える部分でもあります。

ボトックス、フィラー、ピーリング、超音波セラピー、レザー...

シワ、たるみ、シミ、尽きない悩みに対して提案される最新美容技術の数々。一回数千ドルの技術をどれほど駆使するか、というのは懐事情に加えて、個々の信念にも関わってくる部分です。

ニューヨークでは、明らかに色々やってます的な顔は受けず、あれ?今日ちょっと調子良い?というくらいのマイルドな効果を求める人が多いと思います。

最新の美容技術に頼らず、”健康的な食事をして定期的に運動しているだけです”的なスタンスを好む人も多いです。

し・か・し

ある程度の年齢になると、どれだけ食事に気をつけて、かつ8時間寝ても

あれ?なんか今日疲れてる?張りがない?なんか下がってる?

という日が多くなり、そしていつの間にかそんな状態が定着します。

そんな時、ちょっとレーザーでもあててみるか...という気になるのも理解できます(今の私です)

それだけ美容に命をかけるワケ

金銭的にももちろんですが、なんといっても、それだけの時間がかけられるのがすごいです。

ちなみにこの女性はお子さんが二人いるそうで、いったいどうやって毎月のカラーリング、ビタミン注射、マニ&ペディ、付けまつげ、さらに2ヶ月おきの眉剃り、3ヶ月おきのフェイシャルとヘアカット...ってな時間が捻出できるの...?

とはいえ、これだけのエネルギーを費やしている人はニューヨークでも少数派だとは思います。

結局一番大きいのは意識の差なんですよね。

彼女達は仕事柄メディアへの露出やイベントも多く、また外見がイメージに繋がるわけですから、その外見をキープするのはイメージ管理の一つでもあるわけです。

常に自分を客観的にみなくてはいけない、ということも美容への意識が高まる要因の一つでしょう。

今日も家でラップトップに向かうだけだからまあいっか、という毎日を続けて、ある日自分の写真や動画で自分の姿を見て愕然とする、というのは避けたいところ。

ということで

金銭的・時間的なリミットがありながらも美容に最善を尽くす

ニューイヤーズ・レゾリューションの一つに加えたいと思います。




Facebookでも更新情報が受け取れます。



お気に召しましたらクリックして頂けると嬉しいです。


Instagram始めました。毎日の食事やニューヨーク生活の様子をアップしています。
Instagram

ニューヨークからの執筆サービス
ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。


↑このページのトップヘ