NY で デトックス

ニューヨーク最新のウェルネス・ホリスティックヘルス・ビューティートレンド/フードスタートアップ/ライフスタイル/ニューヨークのカフェ・レストラン/セレブリティ情報

タグ:CBD

cbd-edibles-regulations-ny
ニューヨークで2017年頃から目にする機会が増えたCBD・キャナビスカンナビジオール

CBDとキャナビスとは

CBD・カンナビジオールとはCannabis・キャナビス、大麻・マリファナ、ヘンプから抽出されるもので、ハイになるTHC(テトラヒドロカンナビノイド)と呼ばれる物質は入っていません。

リラックス効果があるとされ、サプリメント、化粧品、そしてチョコレート、クッキー、ドリンクといった食べ物に加えられ、その商品数は増える一方です。

最近では、全米で大人気のヴィーガンカフェBy Chloeでも、CBD入りのクッキーやスコーンを発売すると発表しました。

過去記事
ハリウッドセレブが手放せないCBDオイルコスメ

NYウェルネスの新トレンドはマリファナチョコレート!?

NYのベストヴィーガンレストラン・by Chloe.

アメリカでは、カリフォルニアでマリファナの使用が合法化されて以来、最も注目される産業の一つとして多額の投資が行われています。

ちなみに、現在、カリフォルニアやオレゴン、ワシントンなど26の州でマリファナの医療用及び州によっては娯楽目的での使用が合法化されています。

ニューヨークでのCBD規制

ニューヨークでもCBD入りの商品を売る薬局やレストランが増えていますが、ニューヨークュ市のヘルスデパートメントが、CBD入りの食べ物を販売するレストランを取り締まりはじめたことが伝えられています。

そもそも、新しい分野だけに、きちんとしたルールや規制が定められておらず、どんなクオリティのものがどれだけの量入っているかなどがクリアでないのが現状です。

このため市は『食べるのに安全と認められていないものを食べ物や飲み物に加えてはいけない』という規則により、CBD入りの商品の販売を規制するとのこと。

ニューヨークに限らずメイン州やオハイオ州でもCBD入りの食品の販売が規制されています。

昨年、農家がヘンプをより自由に栽培できるというFarm Lawが通ったことにより、2019年以降マリファナやCBD産業が一気に拡大することが見込まれていましたが、前述の通り明確な基準がないため、その安全性を明確になっていないのが問題です。

今後、FDA・食品医薬品局がどのような規制を打ち出すのか注目されています。


*******************
★週に一度、ニューヨークより無料のウェルネスメールレターをお届けしています。ブログの更新情報もお知らせしていますので、ご登録はこちらのページからお願いします。

BE WELL NYCではNY発のウェルネスビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。NYでのビジネスアテンドも行っておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。

NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。


ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。

IMG_0129
ニューヨークとロサンゼルスと言えば、ウェルネス、美容、ファッションなどであらゆる面で比較されますが、最近、ニューヨークから見て、これまでになく魅力的に見えるのがロサンゼルスを中心としたカリフォルニアなんです。

これまではニューヨーカーから見たLAという街は、単に気候が良くてビーチと山があるリラックスした街...といった存在だったのですが、近年のアスリージャーファッションや、より自然に近いスローなライフスタイル、そしてローカルの新鮮な食材を求めるトレンドなどにより、LAを始めとしたカリフォルニアでの暮らしのアピールが高まっているように感じます。

実際、私の周りでも既に移住した人や移住を検討中の人が増えているのですが、特に、ニューヨークの長くて寒い冬には、冬でも暖かい西に行きたい!熱が高まります。

ウェルネスのトレンドにしても、最近は西から生まれることも多く、今回はそんなカリフォルニアのウェエルネストレンドとライフスタイルをチェックしに来てます。

そんな中、カリフォルニアのヘルスコンシャスぶりが見られて面白かったのが、高級ナチュラルスーパーのErewhon.

Erewhonさん(@erewhonmarket)がシェアした投稿 -


LA、Venice、Santa Monicaなどにある同店は、グルメな超ヘルスコンシャスストアといった感じで、品揃えもレアながら、価格も大手スーパーマーケットWhole Foodsの1.5倍といった感じ。

IMG_0314

一瓶20ドル以上もする噂のココナッツヨーグルト。カルト的なファンがいるそう。

IMG_0119

ブロスも種類が豊富。

IMG_0123

CBD入りドリンク。カリフォルニアで合法になったマリファナは、フードビジネスの中でも、今最も注目される分野です。


スイーツのコーナーも、グルテンフリー、シュガーフリー、ヴィーガン、Rawとニューヨークのどのスーパーよりも、ヘルシースイーツの種類が豊富で、女性たちが真剣に品定めしてました。

Venice店の店内は20代から40代前半といった比較的若い層が多かったですが、駐車場には、テスラ、ポルシェ、アストンマーティンといった高級車がずらり。

健康と美容のためならお金に糸目をつけないカリフォルニアのリッチ層の食生活が垣間見られて面白かったです。

LAレポートまだまだ続きます。

インスグラムも毎日アップしてますので、良かったらフォローお願いします♡


★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

40
Photo/refinery29

今年に入ってから、NYのウェルネスワールドで耳にする機会が増えたのがCannabis(キャナビス)、日本で言うところの麻です。

麻というと大麻・マリファナのイメージが強いですが、現在、カリフォルニアやオレゴン、ワシントンなど26のアメリカの州で医療用及び州によっては娯楽目的での使用が合法されています(参照サイト/www.governing.com

ハリウッドセレブ御用達・SakaraのCBDチョコレート

ビクトリアズシークレットのモデルやケイト・ハドソンらハリウッドセレブもクライアントに持つ、NYのオーガニックフードデリバリーサービスSakaraもキャナビス入りのチョコレートを発売しました。

このSakaraの商品に使用されているキャナビスはCBD(カンナビジオール)と呼ばれる物質で、THC(テトラヒドロカンナビノイド)と呼ばれるハイになる物質は入っておらず、代わりにリラックス効果があるとされています。

ちなみに、こちらは小さな30粒のチョコレート入りで39ドル+送料で、一日一粒食べることが推奨されています。

一粒には2mgのCBDが使用されています。

ただし、現在ではSakaraのウェブサイトから購入することができなくなっているようです。

私自身スーパーフードとしてブームになっているヘンプ(麻の実)プロテインをほぼ毎日飲んでいるのですが、cannabisと聞くと大麻やマリファナを思い浮かべてしまうため、当初、このブームを、さすがに日本に紹介するのはいかがなものか...と思っていたのですが、先日知人からきたメールで、キャナビスがこんなに身近なものになっていたのかと驚いたんです。

そのメールというのは、私のNYの知人の友人がカリフォルニアで新しい栄養バービジネスを始めたというもの。

そのバーの消費期限を伸ばすために色々とリサーチしていたとこと、醗酵させることによって、長期保存できるだけでなく、栄養面でもプラスになるということが分かった。そこで、(弊社商品の)Ancienticsの甘酒バーのことを思い出したんだけど、フォーミュレーションのコンサルティングに興味ない?と書いてありました。

その最後に、”そのバーっていうのが、マリファナを使ったものなの!今後のあなたの新しいビジネスのアイデアにもなるかもしれないし!”と書いてあって、仰け反りました。

こちらの話はお断りしましたが、チョコレートに栄養バーなど身近な商品として、今後多くの商品が市場に出てくるのは間違いなさそうです。


★初の著書『自分を知るプラクティス』9月14日発売。
Amazon・楽天ブックス等で予約受付中です。

自分を知るプラクティス

お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。



ヘルスフード・コスメ・サプリメントのプロデュース・コンサルティングも行っています。
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。




↑このページのトップヘ