37
Instagram/ @satomishiraishi_nydetox

ニューヨークに多いのが、オンオフベジタリアン。しばらくベジタリアンになり、その後、少しチキンやサーモンを食べてみたり、と、数年・数ヶ月単位で変わる人は珍しくありません。

私の周囲にも、昔数年間ベジタリアンをしており、その後体調に不調をきたしたり、エネルギー不足を感じて今は肉も魚も食べる、という人も多いですし、逆に、クレンズの為に一定期間動物性の食品をカットする人もいます。

また、意外な人がベジタリアンやヴィーガンだったりして、驚くこともあります。

NYのベジタリアン一家

先日、娘の友達の誕生パーティに行った時も、そこにいた6組の家族のうち、3家族がベジタリアンもしくはヴィーガン。

中でもストイックなヴィーガンなのは、写真家のご主人とギャラリー経営の奥様というアーティストカップルです。

お嬢さんは、母乳を卒業してからは豆乳を飲み、たんぱく質は、レンティル豆などの豆類、テンペイ、大豆のナゲットなどから摂取させているそうです。

この3家族、みるからにベジタリアン・ヴィーガンといった風でなく、どちらかというと、バーガーとフライを豪快に食べていそうなタイプに見えるんです。

ゲイのカップルの友人家族は、イギリス出身の彼女がベジタリアンで、そのパートナーの女性は、自宅でのみベジタリアンだそう。3歳のお嬢さんは、主に卵とチーズからたんぱく質を取っているそうです。

このカップル、かなり恰幅が良く、好物はピザとチップスとビール。二人とも似た体型で仲むつましい大好きなカップルなのですが、まさかベジタリアンだとは思わなかったので驚きました。

私も、一人でいると動物性のものはほとんど口にしない”なんちゃってベジタリアン”なのですが、ベジタリアン的な食生活をすると、どうしても炭水化物や甘いものの摂取が増えがち。

もちろん、長年ベジタリアンやヴィーガンで健康な体を保っている人も多いですが、食品のバラエティが減ると、どうしても食べるものが限られてきてしまい、よほど気をつけていないと、たんぱく質やビタミン12など、不足しがちな栄養素が出てきてしまいます。

アメリカでは宗教上の理由や動物保護の理由などから、動物性食品を全く口にしない人も多いですが、そうでない場合は、かたくなに、絶対このダイエット!と決めず、気分に応じて、ベジタリアンになったり、お肉を食べたりして全然問題ありません。NYにはそんな人がたくさんいます。笑

体が望むものを摂取するのが一番の健康法です。



NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。
私も学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。


★NY発の甘酒Ancientics
ニューヨークにお住いの方は出来たてをピックアップして頂くこともできますので、info@ancientics.comまでご連絡ください。

Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。



ニューヨークからの執筆・コンサルティングサービス
ご相談・ご依頼はnewyorkdetox@gmail.comまでお願いします。

noteでもコラムを書いてます。
こちらから読めます。フォローして頂くと更新通知が届きます。