yoga-studios-in-ny-are-going-out-of-business-for-corona

NYではようやく9月半ばから学校の新学期が始まりましたが、予想通り不安だらけのスタートになりました。


我が家は数々の事情から直前に早くても11月まではリモートで様子を見ることにしたのですが、ブレンドプランの週2回の通学の再開は今月29日まで再び延期になりました。

NYのレストランも今月29日から25%のキャパシティで店内での飲食が再開しますが、レストランを経営する友人はせめて50%まで上げてもらわないと厳しい、学校再開で感染率が再びスパイクしないことを祈っていると言っていました。

廃業が増えるNYのヨガスタジオ

またジムも再開しましたが、グループクラスは未だに禁止となっており、クラスを提供できないまま半年が過ぎ、家賃を払えず廃業するヨガスタジオが急増しています。

これまでスタジオで教えていたインストラクターはYouTubeやInstagramで自身のブランドとフォロワーを築き、Zoomなどのバーチャルクラスを教える方向にシフトしていますが、すでに飽和状態で無料のコンテンツが溢れるオンラインヨガ市場でどれほどのインストラクターが生き残っていくのか....不安を感じる人が多いようです。

今後スタジオに通わず自宅でオンラインストリーミングやZoomクラスを取る人は増える一方でしょう。

私の周りでも、これまで週に3,4回スピニング専門のブティックフィットネスSoul Cycleに通っていた友人が、自宅でPelotonのバイクを使うのに慣れて快適になったと言っていますし、ヨガもスタジオに通う代わりにオンラインのオンデマンドでNYの自宅からLAの人気スタジオのクラスを試しているという友人もいます。

過去記事: 時代錯誤と大批判を受けたフィットネス界のApple・PelotonのCM

個人的にも娘を出産する前までは毎日ジムに通っていましたが、出産後はオンラインストリーミングで好きな時に好きなインストラクターのクラスを取るのに慣れてしまって、よほど子供が自立して時間ができた.. など生活がガラッと変わらない限りジムやスタジオに通うことはないと思います。

またオンラインストリーミングも私も含み周囲も好きなワークアウトやインストラクターが固定している人が多く、色々と試すというよりは、一つもしくは二つの決まったオンラインサービスを熱心に使う人が多いように思います。

オンライン市場でどれだけクリエイティブに自分の立ち位置を確立し基盤を築いていけるのか..ヨガだけでなく、多くの職種にとって避けられない課題ですね。

毎週気になったニュースをメールレターでご紹介しています。動画やPodcastの更新も一緒にご案内しています。ご希望の方はこちらからサインアップをお願いします。

***************
YouTubeInstagramでは老けない体・肌・脳を作る健康・美容ティップや簡単ヘルシーレシピを紹介しています。

★世界中の女性たちと人生を語り合うPodcast
Apple Podcastはこちらから

Spotifyはこちらから