yogurt-sales-in-us-declines-as-options-proliferate

アメリカ人の朝食の定番といえばヨーグルト。

特に、ここ10年で人気が高まったのが、グリークヨーグルトやアイスランドヨーグルトのように、濃厚でタンパク質が多く含まれたタイプです。

さらに、ここ数年では、砂糖の量を減らしたタイプが人気で、ハイプロテイン・ローシュガーヨーグルトが定着してきてました。

ヨーグルトブランドやフレーバーも増え続け、現在アメリカのスーパーには、平均して306種類のヨーグルトが並んでいると言われています。

アメリカのヨーグルトの売り上げに変化が

10年間右肩上がりだったヨーグルトの売り上げですが、この一年で6%下がりました。

トレンドを牽引してきたグリークヨーグルトも11%下がっていますが、これはアイスランドヨーグルトやオーストラリアヨーグルトなど競合が増えていることが原因でしょう。

様々なブランド・タイプ・フレーバーが乱立しすぎて、消費者が混乱し、ヨーグルト離れが起こっています。
IMG_4284
さらに、ココナッツ、アーモンド、カシューらで作られたノンデイリーのヨーグルトは急激に売り上げを伸ばしていることから、デイリー離れをする消費者が増えていることも考えられます。

・過去記事: 進化したNYの植物性ヨーグルトとその裏事情

個人的にも、ノンデイリータイプのヨーグルトは毎日食べていますが、デイリーヨーグルトはほとんど購入しません。

ノンデイリーのプレーンタイプに、果物、はちみつ、甘酒などをかけて食べるのが定番です。

娘がフレーバー付きのものを食べたがるので、以前は時々購入していましたが、種類が多すぎて、娘に選ばせると時間がかかるので、素通りすることが多いです。

ヨーグルトブームが加速していた2016年には、『ヨーグルト産業がアメリカでまだ成長するワケ』という過去記事でご紹介したように、ヨーロッパと比べてアメリカではまだまだヨーグルトの消費量が低く、成長の余地が高いとして、以降、3年間で新しいブランドが次々と登場しました

前述のアイスランドヨーグルトや、ガラス瓶に入ったフレンチスタイルのヨーグルトなどは売り上げを伸ばしており、飽和状態の中でも、勝敗が別れてきています。

これを受けて各社は消費者の新しい志向に合わせた、新しいタイプのヨーグルトの販売に力を入れており、これまでヨーグルト全体に『ヘルシー』なイメージを持っていた消費者が、より吟味して、その原材料や砂糖の量をみて選ぶようになってきています。

結果、企業がそれに合わせて変化せざるを得なくなっていると言えるでしょう。

*******************
BE WELL NYCではNY発のウェルネスビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。NYでのビジネスアテンドも行っておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい。


NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。現在さらにお得なキャンペーン中です。


ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。

ご登録はこちらのページからお願いします。

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。