ziip-nano-current-beauty-device

エイジングが進むにつれて、体の筋肉を運動によって鍛える必要があるように、若々しい肌と表情をキープするには、顔の筋肉も鍛える必要があります。

肌は、体の中、特に腸の状態と直結しているので、食事や生活習慣を改善することが、美肌への一番の近道であることは言うまでもありませんが、それにしても、どれだけ食事に気を使っても、年齢を重ねると気になってくるのが、肌のたるみです。

初のナノカレント美顔器ZIIP BEAUTY

個人的にも、顔全体のたるみやほうれい線が気になってきたので、何か良い方法はないか...と色々とリサーチしてみつけたのが、ZIIP BEAUTY

ZIIP BEAUTYはこれまではサロンでしか受けられなかったナノカレントを使った初の自宅用美顔器です

専用のアプリを使って、ナノカレントに加えてマイクロカレントを使用した、リフトアップ、美肌、シミ、ニキビ、目の周りなど2分から12分間の7つのメニューを使用できます。



これまで、アメリカでリフトアップのための美顔器というと真っ先に名前が上がっていたのがNu Faceで、こちらはマイクロカレントを使用しています。

スクリーンショット 2019-03-14 16.22.17

私も、ZIIPとNu Face、どちらにするか悩んだのですが、Youtubeで両者を比較すると、ZIIPのほうがリフトアップ効果が優れていたのと、ナノカレントとマイクロカレントを両方使用できるのでZIIPにしました。

このZIIPはキム・カーダシアンも愛用していて、自身のSNSで2016年と2018年に二度紹介しています。

スクリーンショット 2019-03-13 12.27.08


アナ・ウィンターが『世界でも最も影響力のあるメイクアップアーティス』と呼ぶパット・マグラスは、ZIIPを『顔のためのピラティスクラス』と評しているほど。

ZIIPのお値段は500ドル(約55,000円)で、使用する際には専用のジェル(アンチエイジング用130ドルと保湿用50ドル)を使う必要があります。

決して安くはないですが、一回1万円から2万円でフェイシャルを受けると思えば、自宅で継続的に使用すれば納得できる値段だと思います。

私は誕生日のプレゼントとして購入しました。

1月の下旬から1ヶ月半ほど、すすめられている使用回数である週に3回使用していますが、特に翌日は肌がふっくら、かつリフトアップします。

ナノカレントとマイクロカレント

ZIIPによると、ナノカレントによるトリートメントは累積できるため、使えば使うほど効果がでるとのこと。このため、週に3回のトリートメントを3〜4週間続けるとリフトアップなどの効果を実感できるこそう。

一方でマイクロカレントの効果はより即効性があり、その効果は48~72時間続きます。


このためZIIPでは、ナノカレントを使用したトリートメントで持続的な効果を積み重ねながら、マイクロカレントを使用して即効性の効果を実感できます。

ある年齢をすぎると、美容に最も大切なのは、日々の積み重ね。

正直、お風呂のあとに週3回のトリートメントをするのは面倒だと思うこともありますが、新しい習慣としてしばらく続けてみます。

これでほうれい線が目立たなくなったらまたご報告しますね。

*******************
★週に一度、ニューヨークより無料のメールレターをお届けしています。ブログの更新もお知らせしていますので、ご登録はこちらのページからお願いします。

NYで大人気のヘルスコーチの資格が日本からも取れます。


ミランダ・カーも学んだNYベースの栄養学校『IIN・Institute for Integrative Nutrition』。
世界中の100以上の最新の栄養学がオンラインで学べて、卒業後は米国代替医療協会認定ヘルスコーチの資格が取得できます。興味がある方はこちらから、カリキュラムをチェックしてみて下さい。紹介制度による大幅な割引特典もあります。コースや割引特典に関するご質問もnewyorkdetox@gmail.comにてお受けしています。
 

BE WELL NYCではNY発のウェルネスビジネスコンサルティング・ホリスティックヘルスコーチングを提供しています。NYでのビジネスアテンドも行っておりますので、詳しくはnewyorkdetox@gmail.comまでお問い合わせ下さい

★著書『自分を知るプラクティス』Kindle版も発売になりました🙏



自分を知るプラクティス
白石里美
大和書房
2017-11-17


お酒を飲み煙草を吸って不平ばかり言っていた20代を東京で過ごした後、ニューヨークに移り住み、自分探しに迷走をしながら、誰もが振り返る美貌を持つのに男運が全くないイタリア人美女、華やかな生活の陰で毎日不幸を嘆く弁護士、失恋してからずっと摂食障害に苦しむテレビ局勤務のヨギーニなど、様々な人と出会いました。

そんなニューヨーカーとの触れ合いや、数え切れない失敗を通して自分を見つめ直し、ようやく自分を受け入れて、自分の人生を生きる覚悟をした時に分かった「誰とも交換したくない人生」を手に入れる方法。

第一部は東京とニューヨークでの赤裸々な話、第ニ部のは自分を知って自分の人生を生きるための30のプラクティスと、一冊でニ度楽しめる本になっています。

印税の20%は、世界で教育を受けることができず貧しいまま生活せざるをえない環境に身を置く子供達に本を届ける活動をしているNPOであるRoom to Readに寄付させて頂きます。

★Instagramでは、ニューヨークの最新美容情報やレストランなどを毎日更新しています。
Instagram

Facebookでも更新情報が受け取れます。